十二神祇神楽大会2017 前半

気付いたら1ヶ月以上の放置!
スポンサーサイトさんがトップにいらっしゃったわ(≧∇≦)


言い訳するとですね(ええ、毎回ですが)
昨年末からドッと連続の仕事が入りまして。
仕事が入るのはありがたいことじゃああるんですが、
年末年始でペースを掴めずなかなか難儀しましてね~^^;




ええい!遊んでましたぁ~(;´・ω・`)



第3回 十二神祇神楽大会

2017/03/19


 天の岩戸  上沼田神楽保存会
 岩戸開き  金山神楽保存会 
 お神楽   松ケ原神楽団  
 猿田彦   浅原神楽団  
 柴鬼神   河津原神楽団  
 二 刀   伊勢神社神楽団 
  関    五日市芸能保存会
 つり舞   石内神楽団   
 四 刀   坂原神楽団  
 天の岩戸  阿刀神楽団   
 旗舞い   小河原火舞保存会
 弓 舞   上矢口郷土芸能保存会

この日は美都で里の神楽、吉田で三矢の里神楽、月一など
あちこちで神楽があり、迷いまくりのツナ缶。
結局は当日の体力気力次第!といういつものパターンになってしまいました。

前日の土曜、かなぎ共演に行ってて体力が目減りした私は
ほぼ寝坊が予測され、美都には間に合わないと踏みまして
ゆるくやさしい十二神祇に癒されようとフジグラン高陽に車を走らせたのでした

到着すると、上記の演目順は大幅に入れ替わっていて、
1演目目に変わった浅原神楽団さんの猿田彦見れず(T_T)




まー、開演時から行っとけってハナシなんですがね(笑)


神楽仲間の保頼さんは遠征の延長ですでに現地入り。
相変わらずのフットワークです笑

某神楽団の団長さんも来てらして、結局最後までガッツリ観られたそうな(笑)


私は3演目目(に変更になった)の金山神楽保存会の「岩戸開き」からラストまで。
舞台裏ではサクサクと手際よく入れ替わりされていたので写真の許可を取る余裕無し(笑)
なので画像は4団体さんだけUPです。

「岩戸開き」  金山神楽保存会

配役やストーリー進行はほぼ見慣れている石見、広島と同じかな?
衣裳はどちらかというと広島かなぁ…
天照も鈿女も薄物(狩衣っぽいヤツ)の重ね着もなくフツーに着物でした。
たしか北広島のどこかでシンプルな着物単体衣裳を見たっけな??

そして天照が舞台上で籠っているのは幕裏ではなく、
1枚の葦簀(よしず)にくるりんと囲まれているのです!

現れた時の手物は提灯。
提灯の正面には赤い日輪と、裏にも赤い月輪のしるしがありました。

解説には
「周防神楽との共通点が多く見られる興味深い神楽で、金山神楽として平成28年に、約55年ぶりに皆様の前で披露…云々」
とありました!




55年ぶりってどうよΣ(゜o゜)!
すごい!
半世紀以上経ってても演目を復活できるんだ!



厳密にいうと「披露できる」って記述ですが、復活ってことと同じでしょうね^^



「柴鬼神」 河津原神楽団



河津原神楽団 柴鬼神1

まず登場は修験者(太夫)


出た!!
歌のめっちゃ上手いひと(゜∇゜)!



去年の「注連口」で朗々と和歌を詠んでた人だと記憶してますが…
今回も歌を詠います




河津原神楽団 柴鬼神2


そこへ荒平がでっかい杖を持って登場。
この後二人は和歌の掛け合いをするのです。

※ 荒平のエピソードとして、
 山の神から言われて柴の守護をしていたところ盗まれてしまい、日本中を探し回っているという。
この出会いはその流れでの出来事なのです。


途中で太夫の持ってた柴を取って?ブチブチちぎっては投げ(笑)


太夫からお前は誰だと尋ねられた荒平、自分は妖しいものではなく須佐之男だと名乗り、杖の説明を。



河津原神楽団 柴鬼神3


このでっかいの、「氏繁盛(死繁昌)の杖」というらしい(解説より)

2月に湯来ロッジで見た阿刀さんの「世鬼」と同じで、石見の道返し、鬼返しの
ストーリーなんですねー(´∀`)



河津原神楽団 柴鬼神4


河津原神楽団 柴鬼神5

そして太夫の剣と取り替えて、荒平は喜びの舞を舞うのでした。



河津原さんは十二神祇が基本ですが、高田系や石見系も保持。
いつぞや神武を見た時なんぞ、舞手さんの身体能力にひっくり返りそうでしたΣ(゜д゜)


「旗舞い」  小河原火舞保存会

世の中の福を集める舞、ということです。
例の、旗?を付けた笹を片手に3本、計6本を持ち、ひらひらと舞うやつですね~

小河原さんは2年前のあさきた発表会で「大鬼小鬼」を観ました。
杵築明神?が出たっけな??
鬼がかわいすぎて退治されるのがかわいそうで(^_^;)
アレもう一度見たいなぁ

あー、ちょっと脱線ですけど。
同じく毎年3月にあるあさきた発表会って新舞がほとんどなんですよね。
安佐北区って十二神祇の団体さんがかなりあって、会場内にも
団体さんの垂れ幕が出されてるのにあまり舞われないんです(>_<)
去年なんか最初の儀式舞だけだったし…年々減ってるのかな?
うーん、団員不足なのでしょうか…?




「天の岩戸」  阿刀神楽団



ちょうど1年前に湯来ロッジでコレを見た時の、
ツナ缶の衝撃と混乱(´∀`;)ワハハ




前回、とにかく配役でめっちゃ混乱しまして。

よくあるよね、ちょっと複雑な映画の設定を初っ端でつかみ損ねて
延々悩みながら観るという…違うか(笑)(笑)




阿刀神楽団 天の岩戸1


今回は解説が詳しい!!カンペキやぁあ~~!!



↑ の画像、右のいかにも天照と言わんばかりの人物は、なんと!
 
天照大神の侍従の姫! 


左の白ガッソの人物は「婆」だそうです!(解説より)
前回みんなで謎解きをして、ウズメさんでは?という説で落ち着いたんですが(笑)



婆とはΣ(゜∀゜;)!!


つまり、天照がすでに岩戸に隠れてしまっている状況から始まるんですね~



阿刀神楽団 天の岩戸2


次に登場は太鼓打ちの鬼、その1とその2

岩戸の前で大騒ぎして気を引こうとします




阿刀神楽団 天の岩戸3


とにかく跳ぶ!!


そして太鼓の取り合いがスタート(笑)



 阿刀神楽団 天の岩戸5

  ↑しばらく気づかないお間抜けさんだぁ(´∀`)


   \無い!無いよぉ!!/ 
阿刀神楽団 天の岩戸6


この後、舞台上から客席まで走り回って…


阿刀神楽団 天の岩戸7

最後は二人仲良く叩いております\(・∀・)



阿刀神楽団 天の岩戸8

次に登場は 「斧子の大臣」

初めて聞く名前なんですが、役割的には手力男ですね^^
今までの経緯を独特の節回しの口上で述べますよ~



阿刀神楽団 天の岩戸9

そしておもむろに斧を研ぐ!!



このあと岩戸を破り、そこから天照が現れるのですが…



阿刀神楽団 天の岩戸10

この、恭しく侍従の二人に差し出されているのが
どうやら「天照大神」ということになるらしいです(消去法で)Σ(゜-゜)


今回解説でやっと分かった~
スッキリしたわぁ~~


阿刀神楽団 天の岩戸11

最後に婆、袖から飴出して撒いてくれました\(^o^)/



阿刀神楽団 天の岩戸4


お疲れ様でした^^


<後半へ続く>



湯来ロッジ公演(阿刀神楽団&上中調子神楽団)

雪が・・・降りますね~~!

瀬戸内海のそばだとほとんどお目にかかれませんが
ちょっと山に入ると辺りがもう白い(^_^;)
今年は何度か圧雪道路を通ることになり
緊張で肩が凝りまくりでした^^;



さて!湯来ロッジ公演!

この日も雪が降ったわぁあ~(´Д`;)

2017/02/12

阿刀神楽団 「なぎなたの舞」「世鬼の舞」
上中調子神楽団 「悪狐伝」


まずは阿刀さんのなぎなたの舞から。




阿刀神楽団 なぎなたの舞1


去年春の十二神祇神楽大会で、阿刀さんの「薙刀」という演目を観たんですが
今回はその中から、五郎王子が薙刀で武者修行をする部分を舞われました。
本来はこれの前に四人のお兄ちゃんたちが舞います。




阿刀神楽団 薙刀3

↑ 去年の十二神祇神楽大会から「薙刀」
こんな感じで先に兄ちゃんたちが舞うのですよ~(*´∀`*)




阿刀神楽団 なぎなたの舞2


次第に早くなる楽に合わせるように、だんだん激しく難しくなっていく
薙刀の取り回し…

頭上で、背面で。
グルングルン回しています。



よく落とさないもんだよ 五郎ちゃん!!



阿刀神楽団 なぎなたの舞3


阿刀神楽団 なぎなたの舞4


お疲れ様でした^^



次は上中調子さんの悪狐伝。

私はほぼ初見なのです。
ほぼ、というのは、去年だったか一昨年だったか?
祇園のイオンに見に行った時にあまりの人出でほとんど舞手さんが見れず、
途中で帰ってしまったということがありまして。

あらためて今回じっくりと拝見することが出来たっちゅうわけです^^;




上中調子神楽団 悪孤伝1


上中調子神楽団 悪孤伝2

こちらの珍斉さんもしゃべる歌う(笑)
でもフットワークよかったなぁ^^


そしてその十念寺を訪ねる玉藻前




\哀れな女にしちゃあええモン着とる/

上中調子神楽団 悪孤伝3


↑やっぱり定番の衣裳あらためはするのね(笑)
 





上中調子神楽団 悪孤伝4

背後から襲いかかる玉藻前!



上中調子神楽団 悪孤伝6

正体を現し、暴れる狐!



上中調子神楽団 悪孤伝7

クライマックスではなんと!
奏楽の後ろの脚立…幕の上から大ジャンプ


かっこいぃい~~~っ(≧∀≦)





けど・・・




上中調子神楽団 マンガ

着地がちょっとばかし、ズレた…(・ω・)



怪我しないでね~~^^;



上中調子神楽団 悪孤伝8




そして最後は今日の目的だった、阿刀さんの世鬼の舞!!



阿刀神楽団 世鬼の舞1

荒平の神


もう、重厚です~~


上演前に団長さんから解説がありまして。

こちらの衣裳は40㎏、面は5㎏もするのだそう!!
昭和40年、団が無形文化財に指定された時に作られたということです。
当時の金額で300万円、今ならどのくらいするんだろうか^^;

修繕するにも使われている金糸がもう無いとかで、難しいのだそうですよ…

舞台で使いながら保存していくって、大変なご苦労なんだろうなぁ。




最後に試着させていただいたけど(・∀・)ムハー



阿刀神楽団 世鬼の舞2


太夫はある時山中で荒ぶる神、荒平と出会います。

お互い問答を繰り返し、杖の効用?由来なども説明する荒平。
この辺なんかはまんま、石見の鬼返し(道返し)なんだよねえ^^ 




阿刀神楽団 世鬼の舞3


阿刀神楽団 世鬼の舞4


最後は荒平の持つ杖(魔力を象徴)と太夫の剣(正義を象徴)を交換し
荒平は良い神になって天下泰平、五穀豊穣を祈り舞うのでした。


団によって「関」「荒平」「世鬼」などありますが、なかなか観るチャンスが
無いんですよね~(>_<)


去年秋の奉納シーズンに阿刀さんのを見に行こうと思い、
神社の場所までグーグルで予習したのに…


今年の奉納は絶対行く!
行って「将軍」見たい!




EAGA夜神楽(左鐙神楽社中)

い、一か月ぶりの更新ですよ…(゜-゜)

EAGA夜神楽

石見神楽左鐙社中  2017/02/04

「恵比須」「日本武尊」



左鐙さんというと。
去年の夏に日脚さんちの物故者慰霊祭で初めて日本武尊を拝見して以来!

もともと活動拠点の左鐙というのが、うち(広島市内)からはハンパに行きにくいとこかな~
という印象があって、なかなか足が向かなかったんですが。
この日は益田駅前のEAGA^^
演目も日本武尊ということで…



 これは見に行かないとね(´∀`)ノ


仕事で半月ほど引きこもってた反動もあってか
道中異常にハイテンションでした(笑)
途中で八幡の雪見てさらにひとり盛り上がる(≧∇≦)

早く着いたので、イキオイ止まらず田万川道の駅まで酒買いに…
長門市で安倍さんとプーさんが飲んだという




東洋美人の赤箱を思い切って買う!!


1486603527780_convert_20170209103510.jpg

東洋美人 壱番纏(いちばんまとい)というらしい。
こりゃもうとっておきのハレの日に飲むぜ


さて、本番!

早くから会場入りしてた益田組さんと合流しまして、最前列に。

最前列って楽しいけどまだ慣れないのデス^^;
体デカいんで壁になってないか気になるし、カメラのレンズも迷うし、
角度も上げないと。←まだ時々舞手さんの頭が切れとるΣ(゜ω゜;)

でも迫力はすごかった~^^

「恵比須」から




石見神楽左鐙社中 恵比須1

この日は初恵比寿の新人舞手さん?と言ってたかな?
なかなかの動きでした。



石見神楽左鐙社中 恵比須2


↑お菓子まきで、恵比寿さんが手にした青いガチャはなんと 当たり!!

※ 夜神楽では、チケット売り場の横にガチャガチャが設置されてます
  蛇頭や般若や、演目の漢字のフダ。一回500円ナリ

開演前に社中員さんがゲットした物なんですが、なんと彩色された般若面!
それを恵比須でまくという大サービスでした!
誰がキャッチしたんでしょうかね
ラッキーなお客さん、おめでと~(´∀`)



さて、必死で鯛を捕まえようとする恵比須さん




鯛\こっちやで~/
石見神楽左鐙社中 恵比須3


石見神楽左鐙社中 恵比須4

大阪的に言うと、「この鯛生きとる」
あ、ボケになっていない…



石見神楽左鐙社中 恵比須5

衝撃の、


恵比須!鯛に食われるΣ(゜∀゜;)!?


ピラニアに見えなくもないぞww



全力投球の恵比須に続いては、十八番の「日本武尊」



石見神楽左鐙社中 日本武尊8

大和姫から天叢雲剣を授かって…

石見神楽左鐙社中 日本武尊9

東国へ向かう武尊さんと武彦さん


石見神楽左鐙社中 日本武尊10

駿河の国でそれを阻むのがご存じ!悪のアイドルユニット兄ぎし弟ぎし!
そして賊首!!

この賊首が被ってる手ぬぐいが左鐙さんのだ~
写真では判りませんけど、めっちゃカワイイんです.゚+.(・∀・)゚+.
今度ゆっくり見せていただきたいなあ^^


このシーンでは兄弟の漫才が見どころですね

ネタは賊首から貰った剣…
なかなか抜けない…




左鐙社中 マンガ

↑ 気合い入れて引っ張った結果、勢いで兄ぎしが舞台から半分落ちてしまうの図(´∀`)ノ


会場は多分、抜いたチビ剣で笑う準備をしてたと思うんですが
すっかりぶっ飛んでしまいました(笑)
直後の兄ぎしのごまかしぶりやら狼狽ぶりがもうおかしくっておかしくって!

ああいう時って同じ舞台に立ってる舞手さんも面の下で笑い堪えてるんだろうなあw



石見神楽左鐙社中 日本武尊11

その後登場した武尊さんと武彦さんをイジリ倒す兄弟



しかしだ!! 

面を取って、4人がいざ戦闘態勢に入るとこれがもう…



異常にカッコよさを発揮するんですなぁ、これが!!


もうね、あとはナニも言いませぬ。
写真をご覧くださいませ(ツナ缶画像だけど^^;)




石見神楽左鐙社中 日本武尊12

石見神楽左鐙社中 日本武尊14

石見神楽左鐙社中 日本武尊15


石見神楽左鐙社中 日本武尊16


石見神楽左鐙社中 日本武尊17


石見神楽左鐙社中 日本武尊18


石見神楽左鐙社中 日本武尊19


はぁ、この爽快なエンディング。
気持ちがよいのですよ~~

お疲れ様でした<(_ _)>


時間が出来る春頃に、左鐙方面をゆっくり回ってルートを調べてこようかと思ってます。
よくよく見ると津和野や吉賀って広島市内からなら吉和回りで行った方が近いんだな。



フジグランナタリー新春公演(三谷神楽社中)

年明けて心機一転です!

リアル鑑賞とブログのタイムラグが無い!!
素晴らしい!!




いえ、ズルです・・・

忙しさにかまけて、Facebookで画像だけ出す
というやっつけをしておりました(゜-゜;)

あまりちゃんと撮れなかった公演はUP出来てませんし…



なので心機一転ね^^;


フジグランナタリー 新春神楽  2017/01/03

午前の部 「恵比須」「道返し」
午後の部 「恵比須」「塵輪」    三谷神楽社中



なんという素敵な演目(・∀・)


1484059261963_convert_20170110235228.jpg


会場となったナタリー、
今まで通過することはあっても入ったことは無く…
三谷社中さんを観ようと初めて入りました。

↑このパームツリーががんばって醸し出すシーサイド感(゜∀゜)オオゥ 

でも目の前は海だし宮島見えるし、
天気がむちゃくちゃよかった!
そういや、このお正月三が日はお天気に恵まれましたねぇ



いやいや、神楽(笑)

ツナ缶はほとんど益田方面で見ている団体さんなので
廿日市のショッピングモールで見るのがなんだか不思議感覚でした(笑)


では午前

「恵比須」



三谷神楽社中 恵比須2


三谷神楽社中 恵比須3

恵比須さんと大黒さん
おんなじ満面の笑顔が重なってるとかわいいなぁ(笑)




\釣れたっ!/  \釣れたっ!!/

三谷神楽社中 恵比須4



「道返し」

三谷社中さんの道返しは初見です



三谷神楽社中 道返し1

武甕槌命


か…っ、かっこいい(//∇//)



三谷神楽社中 道返し2


三谷神楽社中 道返し3

大悪鬼さん

あ! こ~れ~は~!
鈴鹿山で見たお面ではないかぁ~~

益田あたりでよく見る、眉間にしわ寄せた困り顔の面ではなく、
全面赤いボコボコ面\(^o^)/



三谷神楽社中 道返し5

スピード!
腰を落とす深さ!
ええですねえ



あ、まあ、
筋肉プルプルで大変なんだろうけど(^_^;)



三谷神楽社中 道返し6




三谷神楽社中 道返し7

戦い済んで改心し、杖を献上。

団体さんによっては「杖いらないよ~」って、命が鬼に返すパターンもあるんだよねえ
いろいろです^^




三谷神楽社中 道返し8

たくりを回して舞い上げる大悪鬼。

この時の舞手さんの表情を見るの、好きなんです。
ハードな戦いの後のもうひと舞い。
最後のトランス感…




IMG_9974_convert_20170110223831.jpg

そして武甕槌!
戦いのシーンで釘付けになった観客は、この舞上げまでを
ただただ見入ってました



午後の部

「恵比須」



IMG_9990_convert_20170110223926.jpg

午後もキッチリ舞ってくれました^^


\まくぞぉ~~/

IMG_9998_convert_20170110224307.jpg


「塵輪」

三谷神楽社中 塵輪8


三谷神楽社中 塵輪9

良い姿勢だわぁ~(´∀`)

そういえば力紙が黄色って三谷社中さんだけなんだろうか…
乏しい石見神楽鑑賞歴、まだ他で見たことないような気がする^^;




三谷神楽社中 塵輪10


三谷神楽社中 塵輪11

迫る塵輪!!

三谷神楽社中 塵輪13

バッサリ斬る(・∀・)!!



三谷神楽社中 塵輪14


こっちもトドメ(・∀・)ノ


一昨年の丸茂神社で見た「鈴鹿山惨殺事件」
(↑ と、ツナ缶が勝手に命名している 笑)

を、ホウフツとさせる退治劇でした(//∇//)カッコエエ




三谷神楽社中 塵輪15

お疲れ様でした^^

戦いの舞、凄かったなぁ…
圧倒される。


昨年後半、イーガと木部神社で三谷さんを観てたんだけど
なんか上手く撮れなくて、たぶん久しぶりのUPとなりました(^_^;)


湯来ロッジ公演(あさひが丘・鈴張神楽団)

いやどうも。

なんともはや、一か月以上も放置してしまいました。
あらためまして




明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします<(_ _)>




鯉おみくじ


これ書いてるのはまだ7日!
松の内だぁ(´∀`;)


年明け5日必着という仕事を抱えてたんですが、
多分イケるだろうというあま~い予測で正月を遊び倒す。
案の定ギリまで苦しんだツナ缶でした(笑)



年明けしょっぱなからまあ、こんなですよ(笑)


さて、年末の神楽レポです

湯来ロッジ公演


あさひが丘、鈴張神楽団  2016/12/25

戻り橋(ほぼあさひが丘)
土蜘蛛(ほぼ鈴張)
塵倫(合同)

「ほぼ」、と言う通り、3演目とも両団さんが混在して舞われました。



では、「戻り橋」から。



合同戻り橋1


合同戻り橋2


↑ 善兵衛さん、客席のおっちゃんのイジリ?に健気に対応
   がんばれ~~(^_^;)



合同戻り橋3


でも茨木に踏まれるんですがね…(゜-゜)



合同戻り橋5

美女になりすました茨木と綱の探り合い



合同戻り橋6


綱も踏まれるんかい…Σ(゜∀゜)



合同戻り橋7

死闘の末に茨木は左の腕を切り取られてしまいます。




「土蜘蛛」

鈴張さんを拝見するのはお久しぶりかもしれない



合同土蜘蛛1

あ、ほぼ鈴張さんですからね(笑) ほぼ(笑)


合同土蜘蛛2



合同土蜘蛛3


合同土蜘蛛4

この面も雰囲気があります…(゜-゜;)ブルッ



合同土蜘蛛5

息が合った熱演っぷり。
この辺なかなかの見どころでございました!



合同土蜘蛛6


合同土蜘蛛8


合同土蜘蛛9




「塵倫」


合同塵倫1


合同塵倫2


合同塵倫3

鬼は5匹登場~




合同塵倫4


手負いの塵倫、髪を振り乱して暴れております(゜Д゜)彡シャー

久しぶりに塵倫の面を近くで見ると…
 デカいなぁ(笑)




\え、やっぱやるんスか!?/
合同塵倫5


まぁこの日はクリスマス(降誕祭)!
祭バージョン塵倫、ってことで(笑)




裏方さんから舞い終わった舞手さんから、
次々と神の波状攻撃です!

塵倫、なかなか死ねません(笑)




合同塵倫6


このお二人の楽しそうな顔(^_^;)


ちなみにこのお二人は神の第4波ですw



合同塵倫7

ラストは元の神の手でとどめを刺されてしまうのでした。

お疲れ様でした。



あ、塵倫の中の人、

この日がお誕生日だったそうですよ(´∀`)




そして今シーズンの県民文化センターの定期公演ですが。
4月スタートのトップバッターはあさひが丘さん、
その翌週が鈴張さんだそうです。
連続で盛り上げてくれそうですね。


そして…気になるのがあさひが丘さんの上演予定である「日御碕」!


あさひが丘さんの日御碕って…
観たことないんですが、新演目でしょうか!?
保持してらっしゃって単にまだ私が観たことないだけ!?
じ、じゅう…!




これは見るぞぉおお(・∀・)



プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR