スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽公演(月一の舞・最終編)

高校時代は 世界史と日本史を選択したんだよね・・・これでも (トホホ・・・)



       上本地神楽団   「関の扉」

       あさひが丘神楽団  「平治の乱」


さて、いよいよ新作神楽のお披露目です。

こんな上演に居合わせることができてうれしいですねえ \(^◇^)/



まずは「関の扉」から。

ザックリ言うと六歌仙のうち5人が 敵味方に別れて戦うお話、で合ってるよね?

大伴黒主・文屋康秀(悪) VS 良岑宗貞・小野小町+在原業平(善) って構図です。

大伴らが謀反を企て、宗貞らがそれを阻止する、という感じでしょうか。


個人的に、子供の頃の「刷り込み」がちょっと残ってたのに驚いた(笑)

ツナ缶、子供の頃のお正月の恒例行事として 祖母宅に親戚が集まって
なぜか百人一首で遊ぶ というのがあったんです。
親戚中で一番年下のツナ缶は 当時負けず嫌いでして、必死で絵札見て
歌を覚えたんですわ(笑)
その時の絵札の印象が邪魔をするんですねえ~~^^;

しかも宗貞なんて、坊さん(僧正遍昭)でしょ?
もう一つの百人一首ゲームの「坊主めくり」では 子供たちから忌み嫌われた存在だった
んだよねえ(笑)

ほら、坊主をめくっちゃうと取り札全部没収という
哀しいルールがあるヤツです。


宗貞くん、気の毒っちゃあ気の毒かな(笑)


でも神楽じゃみんな カッコよくなってるよ
~~(´∀`)


        


kagura_0001_convert_20130724003437.jpg

戦いのシーンで 小野小町と対峙する大伴黒主!!!

kagura-kamihonnji6_convert_20130714235654.jpg


でも 小町ねえさんにやられてるし (´Д`;)

桜の枝で
 ベシッ て!!

kagura-kamihonnji3_convert_20130714234506.jpg


こちらは文屋康秀(手前) VS 良岑宗貞(奥)

kagura-kamihonnji1_convert_20130714234433.jpg

こんなに迫力ある文ちゃん (ちょっとブレてごめんね;; ほら、ツナ缶だから)

kagura-kamihonnji2_convert_20130714203917.jpg



全体的に解り易いお話でした。構成、演出、かなり完成度は高いんじゃないかなあ、と。
(素人観客ですが^^;)
舞もよかったなあ。ポーズがすごくきれい。

雅でしたわ~~ パチパチパチパチ


と 思って油断してたら・・・

上演後、入れ替えのため舞台を整えていると 舞台袖から 「あの方」が!!!



レレレのレ~~


kagura-kamihonnji4_convert_20130714200621.jpg



ひゃあ~~~

この方 エールエールで見たことあるぞおおおお!!!

この幕間の掃除のためだけに 衣装まで!!!
このプロ意識! サービス精神!!



和尚! 参りました m(__)m!! 

 ひょっとしたらお好きでやってらっしゃるかも(笑)?












と、ここまで書いて なぜかこれ以上画像がアップ
できない~~ Σ(゜∀゜;)

む、無念~~っ!!

ちゅうわけで 急きょ 「平治の乱」は次の記事に
書きまする~~ (T_T)

うわーーもう! ツナ缶のバカバカ!

  

    
スポンサーサイト

Trackback

Comment

わぁぁお、つづきだぁ!!^皿^
楽しみにしておりました。
いかがでしょうか?カタキリ・水干・鬼着、一切刺繍の大物衣装の出てこない神楽。
エコロジー fー。ー
しかし、そこは、ストレートプレーの強みです。身軽な分だけ、いろいろな動きがやりやすい!!

満足いただけましたでしょうか?
これから、この演目「関の扉」は、一気に進化しますわよ!!謎



  • 2013-07-24│19:08 |
  • いつくしまる URL│
  • [edit]
はじめまして! 島根の神楽ガールです。
ツナ缶さん はじめまして! いつもツナ缶さんのブログ楽しく読ませてもらっています。
画面にむかって、そうそう!わかる~などとつぶやきながら。
写真も漫画もすっごく楽しみにしています。♪

私は、島根っこですが、広島神楽の大ファンです。
自分を神楽ガールとか、しまねっことか、言ってますが、年齢は・・・嫁に出したい娘がおりますの。
神楽のイケメンくんを密かにねらっておりますが、娘は広島にいるのに神楽に無関心・・残念無念です。

神楽にはまってちょうど2年。島根にも広島神楽を舞う神楽団がありまして、かなり追っかけていますが、
ちょくちょく神楽門前湯治村や広島のあちらこちらに出没!
広島では20神楽団くらい見たところ・・今、八千代神楽団さんを追っかけてまして(二股だあ・・ゆるして!)
先日の安芸高田10周年では、手作り応援うちわ(写真提供はkonishiさん)を持っていきまして、声援送っていました。

このブログを発見したのも、八千代神楽団で検索したら、コムズでの公演にいきあたり、
将門贔屓になっている!とのツナ缶さんのコメントに大きくうなずき、
なんか、八千代のことが褒めてあるんで、自分がほめられてる気分になりましたわ。(笑)

それにしても、まだまだ見てないすばらしい神楽団があるようですから、ツナ缶さんの情報をもとに
鈴張さんや下五原さんもぜひ見たいです。
いつくしまるさん、神楽作家の方の神楽みなくっちゃね。

長々とおじゃましましたね。これからもよろしくお願いしま~す!
Re: わぁぁお、つづきだぁ!!^皿^
いつくしまるさん どもどもども~~(^◇^)

そうか! 大物衣装無かったんだ!

それなのにものすごく豪華に感じた舞台でしたよ。
雅、というか 洗練、というか・・・。
大伴や文屋の所作や立ち回り?も堂々としてカッコよかったです^^

ふふふ、謎の進化、期待してました^^
デビューだけで済むとは私も思っておりません!
これからが楽しみですねえ「平治の乱」にしても^^

  • 2013-07-25│01:37 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re: はじめまして! 島根の神楽ガールです。
きらきらさん 初めまして~~(^◇^)

コメントありがとうございます~~

konishiさんのブログでうちわのコメント見ましたよ~~\(^o^)/
八千代さんのファンでらっしゃるんですね!
私は「滝夜叉姫」と「天慶の乱」をそれぞれ一回ずつ見たところなんですが
あの激しさ・・・いいですよねええええ!!

私はビギナーなので とにかく神楽のライブを観る!という段階です。
まだまだ知らない神楽団や演目がたくさんあるのでとにかく 観る!と。
逆にきらきらさんの方が詳しいですから ぜひいろいろ教えてくださいね(^_^;)ゞ

島根の方の石見神楽もすっごく興味がありますよ。楽や唄のあのグルーブ感とか、
舞のカッコよさも!

いつか会場でお会いできたら よろしくお願いしますね^^

あ、ちなみに私も 軽い文章書いてますけど 結構いい年齢ですww!!
  • 2013-07-25│02:04 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
こんばんは!さっそくの返信うれしいです。
私も、まだ2年なんで、ひよっこですよ。
わからないことも多く、なんかこのブログ上で、一緒に勉強?していきたいです。

島根の神楽も、もちろんすごくいいですが・・・まだ10神楽団くらいしか見てなくて・・・やはり好きなのは広島神楽なんです。
さっそく鈴張さんのホームページ見たら、秋に浜田で公演あるので必ず見るぞ!と予定入れました。

追っかけも忙しいけど、いつくしまるさんの生み出された神楽を見るのも今年の目標にします。

しかし、それぞれ神楽団の舞いは似てるようで違うし、演出も違うしで、同じ演目でも全くあきがきませんね。滝夜叉姫はもうたぶん30回くらいは見てますが・・・最終編滝夜叉姫に今興味深々です。

ツナ缶さん!いつかどこかの会場で、お会いしましょうね。
Re:
神楽の勉強、いいですね(^◇^)

私も素人なりにアレコレ考えて 書いていってみます。
みなさんからおもしろい小ネタや見解とかもらえたらいいなあ。
「へえーっ」みたいな^^


「同じ演目でも全くあきがこない」 同感です!!

神楽団ごとの演出がホントおもしろいですよね^^
同じ団でも 舞人さんが変わるとまた違った味が楽しめて
神楽ファンとしてはキリがない。
また見に行くしかない(笑)!


ぜひ会場でお会いしたいですね!
きらきらさんの猛者っぷり、こちらも元気が出ますよ(´∀`)


おっ 鈴張さん 浜田公演があるんですか!
何を舞われるのかなあ・・こりゃ楽しみですねぇ^^
  • 2013-07-26│09:55 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。