厳島神社 桃花祭御神能2017(3日目) その3  

さあやっと、その3です(*´_ゝ`)


桃花祭御神能2017 3日目


四番目物の「小鍛冶」


ある日のこと、勅使が刀匠である三条小鍛冶宗近のもとを訪れます。
天皇より、剣を討つようにとの命令。




IMG_9443_convert_20170505225045.jpg

↑ 三条小鍛冶宗近さん

勅命が下ったものの…

宗 「有能な相槌を打つ者がいないんで、ちょっと無理かもー(>_<)」

勅 「うーん、事情は分かるんだけどもね、なんたって御上の御命令だしね。
そこは承ってちょうだいよ~(^_^;)」

進退窮まった宗近、
 やっぱりここは神頼み  なのですよ!!

稲荷明神にお詣りしますと。




IMG_9447_convert_20170505225143.jpg

そこへ現れた一人の童子。

彼は宗近に対し、古来よりの名剣の故事をつらつらと語り始めます。
神楽でもおなじみの日本武尊の東夷征伐の話も~(´∀`)
草薙の剣のくだりはちょっと嬉しかったりする(笑)

そして宗近に、

相槌やったげるから、準備しといてね~
と言って姿を消します。



IMG_9463_convert_20170505225345.jpg


帰宅した宗近はさっそく身支度を整え、鍛冶壇の準備

そこへ現れたのは…




IMG_9470_convert_20170505225428.jpg


狐の精霊
(稲荷明神、つまりさっきの童子だな^^)



冠、注目~~(゜-゜)ジー


そして見事宗近の相槌を務め、立派な剣を打ち出すのです!




IMG_9472_convert_20170505225535.jpg

↑この辺のノリがすごくいい!!
 囃子や謡もむっちゃ盛り上がります!
 

ワタシ、これ好きかもしれん(笑)(笑)




冠かわいいし・・・(≧∀≦)



打ち上がった剣は「子狐丸」との銘がつけられ、無事に勅使の手へ。

それを見届けた狐さん、とっとと雲に乗って帰っていくのでした。



働き者ですね(笑)




狂言「千鳥」

これも去年見て笑ったヤツ!
棒縛りもそうだけど、能楽師によって少しずつ印象が違ってくるんだなぁ^^



IMG_9488_convert_20170505225708.jpg



IMG_9494_convert_20170505225758.jpg




ラスト「猩々」


IMG_9505_convert_20170505230106.jpg


IMG_9528_convert_20170505230329.jpg


ひたすらお目出度い舞です。

お酒大好き怪物、猩々がええ気分で舞うのであります

みなさまお疲れ様でした。


あ、来年桃花祭の御神能を見に行かれる方、
長丁場にチャレンジする方、
座布団と食べ物飲み物を持って行かれることをおススメします。

観能のセンパイから上記のことをアドバイスしてもらいまして^^
去年今年と、食べ物飲み物は準備して行ってます(笑)

客席の一角でお弁当とコーヒー甘酒を販売してますが(今年は)
ちょーっとお高めだし、バリエーションが少ないので(^_^;)



来年もなるべく都合つけて観に行きたい、と、企んでいるツナ缶でした


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR