第7回泥落とし 神楽の祭典 後半

すかさず後半へ…


「神武」  河津原神楽団




河津原神楽団 神武1

言わずと知れた、有名な神武東征のお話ですね。

河津原さんは本来十二神祇を舞われる団体さんですが、近年はいろいろと舞われているそうです。

登場シーンから、ああ、浜田系のあのカンジだな~^^
と待ち構えておりましたら、これがトンデモなかった!




河津原神楽団 神武2

あ、いや、浜田系であることはそうなんですが。



河津原神楽団 神武3

何がトンデモなかったのかといえば…




河津原神楽団 神武5


彼らの身体能力がハンパなく
すごかったのですよ!!!





ぶっちゃけ神武は、後半の神倭伊波礼琵古命と長髄彦の立ち合いがメインで
このシーンに観客は盛り上がり、拍手を送るのですが…。

河津原さんの立ち合いはハンパなかったのです(゜ω゜;)




河津原神楽団 神武6

これだけのスピード、どうしたって体が「流れてしまう」と思うんですが。



彼らは驚くほど!確実に!止めます!

しかも美しい!








一瞬間、ピタリと止めて見せるので 観客の目には無意識にその残像が焼きつくわけです。
(その瞬間 脳が集中しちゃうというか…)
それを繰り返しフラッシュのように見せられるうちに




なんだ?
これちょっと凄いもの見てるんじゃね?



という感覚になるわけですよ。



河津原神楽団 神武7


河津原神楽団 神武8

ここの長髄彦たちのやられ方が また独特ですね。



河津原神楽団 神武9


河津原神楽団 神武11


河津原神楽団 神武10


いやいや凄かったです^^



「折敷舞」  溝口神楽団



溝口神楽団 折敷舞7


舞手さんの熟練の技が見どころの儀式舞です

最初は盆舞で!




溝口神楽団 折敷舞9


前転Σ(゜Д゜)



溝口神楽団 折敷舞10

盆から折敷に変えまして。
小皿を1枚から2枚3枚と増やしていき…




溝口神楽団 折敷舞11


最後は片手に5枚、合計10枚を載せて
ひっくり返しますよ~~\(^o^)/




溝口神楽団 折敷舞12

成功した時のこのお顔がいいですよねー






「鍾馗」  三谷神楽社中






三谷神楽社中 鍾馗5



三谷神楽社中 鍾馗6


三谷神楽社中 鍾馗7


この舞手さんの流れるような感じ、好きだな



三谷神楽社中 鍾馗8

三谷神楽社中 鍾馗9


ううっ 鐘馗さんメインになっちまったかー
疫神ごめんよぅ(^_^;)


そしてラストは・・・

「葛城山」  浅原神楽団




浅原神楽団 葛城山8

ちょうど2年ぶりに観た演目です。
この舞手さん迫力も変わらずでした~~(´∇`)




浅原神楽団 葛城山9


この辺…いいんだよなぁ




浅原神楽団 葛城山10



浅原神楽団 葛城山11




浅原神楽団 葛城山12




浅原神楽団 葛城山13

そして個性的な土蜘蛛の面!
特徴のある目の辺りが目を引きます^^

あさひが丘さんちや、あ、たしか高津さんちでも見た面ですね。








浅原神楽団 葛城山14


こちらもスピード感ある舞でした!


胡蝶さんのジャンプもすごいんですよね。
(今回はバッチリ撮ったんですが、角度が妙な具合に…^^;)



以上、今年の廿日市の泥落としは終わりです。


楽しい演目ぞろいで満足な1日でした


みなさんどーもお疲れ様でした<(_ _)>


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR