広島神楽定期公演 溝口さん

シルバーウィークが終わり、大いに楽しんだ人、関係なかった人、
それぞれさまざまな思い出を作られたことでしょう。

そんな世間の流れや季節感を、「神楽の絵日記」は



いっさい無視していくのです(笑)

では時計を一ヶ月(以上)巻き戻してみましょう~(≧∇≦)


広島神楽定期公演   2015/08/19

「稲村ヶ崎」「滝夜叉姫」   溝口神楽団



7月の芸北発表大会で「滝夜叉姫」の方は拝見してたんですが、同じ7月末の
芸北共演大会で舞われた「稲村ヶ崎」は時間の都合で観れず(T_T)

新しく創作された演目、



そして観れなかった演目(´Д`)!!

ということでとても興味津々でした(笑)


溝口神楽団 稲村ヶ崎1

↑ 新田義貞(右)と足利義詮(左)

時は鎌倉末期。執権北条氏の横暴に対し、新田義貞を総大将とした討幕軍が 
後醍醐天皇の勅により編成されます。




溝口神楽団 稲村ヶ崎2

こちらは迎え討つ敵方、幕府側ですね~~

左から…北条時行 北条高時 長崎高重



しかし鎌倉は山と海に囲まれた天然の要害。
攻めあぐねていた新田は、「稲村ヶ崎へ向かえ」という井の頭弁財天の神託のままに軍を進めますが
案の定、荒れる海に行く手を阻まれてしまいます。


そこで新田は伝家の宝刀を龍神に捧げ、祈ります。
するとなんと!海がみるみる沖へ引いていくじゃあありませんか!



その時の龍神さんの模様


溝口神楽団 稲村ヶ崎3


溝口神楽団 稲村ヶ崎4

ここは前半の見どころの一つでしょう^^

現れた龍神に宝剣を差し出す新田。
龍神はそれをゆっくりとくわえて退場する…
龍「神」なので神様じゃああるんですが、舞台上の姿かたちは
鬼パターンのキャラクターではなく蛇胴、八岐大蛇そのまんまで舞われました。
(私は知らないんですが、龍神が登場する演目で蛇胴で舞われるところってあるのかな?
ちょっと興味ある…

で、そこ、ちょっと不思議な感覚で見てました。
「八岐大蛇」では素戔嗚という神様に成敗されるのに、
その姿で今度は願いを聞き届ける「神様」を舞う…

舞い方も、大蛇の「ガルルル…」じゃなくゆったりと威厳のある動き。
キッチリ舞い分けていたので、ソコさすがだなぁ、と
一人感心しておりました(←なんか私、こだわるところが細かくねーかw?)
視覚的インパクト大でした


それに・・・新田が宝剣を出すのを待ってる間・・・



小首かしげてワンコみたいでかわいかったんだわ(・∀・)


まあとにかく、波は引いたぜ\(^o^)/

討幕軍は一気に鎌倉へ攻め入り、高時らと戦うことになります。


溝口神楽団 稲村ヶ崎5

ここでの、新田側(いわゆる神)と北条側(いわゆる賊)との攻防が良かった!!

溝口神楽団 稲村ヶ崎10


↑の賊、長崎高重はこのシーンの前に、北条家の嫡子である時行を逃がし
自分は新田らと戦い、討たれてしまいます。


横暴の限りを尽くした北条が悪で、それを討つのは正義・・・

…と思うのは楽チンでいい。

新田も討幕をかけて必死。
しかし同じように、北条もまた幕府を守るために必死なのです。
どちら側が話の舞台になるかによって、脚本はきっと180度違ってくるのでしょう。


神話の世界ならまだしも、こうやって時代が下ってリアルに歴史上の人物が
モデルになったりすると、その人物の胸中を推し量ってしまいますね。
(物語というのはそうやって生まれてくるんだろうなあ…)


いかん、脱線

そして!ツナ缶が釘付けだったのは敵の大将 北条高時!!!



溝口神楽団 稲村ヶ崎6


この存在感、なんだよぉお~~!!

新田らにめった刺しにされてもなおも暴れ、剣を手でガッシと受け…
必死で抵抗するもついには力尽きます。



溝口神楽団 稲村ヶ崎8


溝口神楽団 稲村ヶ崎9

最後には敵に討たれることを良しとせず、自ら命を絶ってしまうという…
観る者を圧倒する、強烈なキャラクターに作られていました。

すごかった~~~(゜Д゜;)フエー


さて幕間。
ここで予想外のサプライズが!



「折敷舞」の短縮版が披露されました~~っ!!


トイレ行かなくてよかった
トイレ行かなくてよかった
トイレ行かなくてよかったーー(笑)



溝口神楽団 折敷舞(幕間)1


溝口神楽団 折敷舞(幕間)2

むちゃくちゃ 得した気分だったわぁあ(∩∀`)



そんな素敵な折敷舞の後は「滝夜叉姫」

なのですが、また一話目の解説で根性尽きますた・・・(笑)

ストーリー省略するし、画像が滝夜叉さんに偏ってしまいましたが・・・どぞ^^;



溝口神楽団 滝夜叉姫8

溝口神楽団 滝夜叉姫9

溝口神楽団 滝夜叉姫10


溝口神楽団 滝夜叉姫11

血がブシャー! 今度は撮れた(≧∇≦)!?

そしてついに・・・


溝口神楽団 滝夜叉姫13


溝口神楽団 滝夜叉姫14

滝夜叉姫は最期を迎えるのです。


やっぱり力いっぱいの滝夜叉さんでした!
迫る演技力!
お疲れ様でした~~(-人-)



あ、最後にひとつ哀しい情報があります。
私が苦労(←ではないがw)して貯めた定期公演のスタンプカード。
やっとの思いで10個貯めて、次回の神楽に使おうと思っていたのに・・・



失くしました・・・(゜-゜)

家探ししたけど出てきません・・・(゜-゜)



最終公演までに出てきてくれたらうれしいな・・・
落としてたらもうアウトだな・・・ははは


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR