スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽公演(万灯みたま祭り)

奉納夜神楽は 美しいですねえ^^


    護国神社 万灯みたま祭り   2013/05/26

         郷之崎神楽団  「天の岩戸」
         広森神楽団   「土蜘蛛」
         佐野神楽社中  「三上山」



郷之崎さんと広森さんは初めてです。

郷之崎さんの岩戸はよかったなあ。舞台がなんたって社殿ですよ!!
神たちが天照を迎えて 二礼二拍手一礼をする場面、客席も気のせいか
シーンとなって、背筋を伸ばして一緒に打ってるような気持になりました。

広森さんは実は初めて見る気がしない(笑)
YouTubeで「伊吹山」をめっちゃ見まくったんだよね
綺麗な舞だなあ~って、かねてから思ってたので生で見れて
うれしかったです


ラストは「三上山」


これはツナ缶にとって本日の目玉でした。
3月に三矢の里で見て衝撃を受けまして、そのド迫力に圧倒されていたのですよ。

俵藤太(たわらのとうた)の百足(むかで)退治が題材。
圧巻なのはやはりラストの戦いのシーンですね。
俵藤太と随身が 4人の妖怪相手に舞台狭しと舞ってくれます!!




しかし妖怪の衣装と面がまたすごい!!!kagura_0003_convert_20130604215041.jpg






↑ごめん! 頑張ったんだけど似てねええええww!!

ツナ缶には表現できませんが 面の造形はすごいです。
さらに衣装が素晴らしい!デザインと色合い、光沢も綺麗すぎる!!!
それがフツーに舞台衣装として使われているなんて・・・

日本の美ってこういう、「使われている道具」としての美が素晴らしいよねえ ため息出る・・・


しかし舞はすごかったなあ~~

奏楽がもう盛り上がって盛り上がって!軽~くトランスっぽくなりますね。
ホントかっこいい。 ワタクシかなりのお気に入りです




妖怪一人がちょっと降りてきてくれました^^
舞台から客席までがなだらかな階段なので ごく自然に、演出の一部のようにスルスルっとね


kagura_0004_convert_20130604215119.jpg

あと、終盤ちょっとした事件がありまして・・・

舞台がクライマックスを迎えている時、ツナ缶の前あたりで
 ムカデが出現!! 

周りのおじさんたちが大慌てで 靴や敷物でバンバン叩いて 退治してました!


舞台上とはまた別に

もう一つの「三上山」が上演されておりました!!!

kagura_0005_convert_20130604215150.jpg



雰囲気は最高でしたねえ^^

月夜に社殿にかがり火に・・・たくさんのたくさんの提灯。

本当に美しい、幻想的な神楽奉納でした。


写真は・・・無いっす・・・ 

湯来ロッジ公演からのハシゴだったんで 
携帯から「充電しろ ボケェ」って怒られました(^◇^;)



スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。