かむくら座定期公演 梶矢さん

以前、某神楽人さんから 「いいよ~!」と勧められていた梶矢さん、
ついに観れましたっ\(^o^)/


かむくら座定期公演  2015/01/25

梶矢神楽団  「鈴鹿山」「坂田峠」





なのにいきなり大遅刻・・・!!
高速使えばよかった・・・


飛び込んだらもう始まっていたですよ~~(´Д`;) 


まずは「鈴鹿山」です


梶矢神楽団 鈴鹿山1

↑ 坂上田村麻呂さん(…でお名前OKですよね^^;)

あらすじや配役表が手元に無く(あったのかな?見落としたかもしれん^^;)
さらに席探しとカメラ準備で“口上”に集中できず…痛恨です(>_<)

というのも、梶矢さんの「鈴鹿山」は、今まで観てきた(といっても3回くらい…)
「鈴鹿山」と違ってたのです!
爺さまもあやめ姫も、夜叉丸も、出ません。
気づいた時は時遅く、もったいない事した~!


梶矢神楽団 鈴鹿山2

こちらの登場人物(役名聞き取れず…痛恨^^;)が 田村麻呂に鈴鹿山の鬼の説明を…
朗々とした口上でした。

そしていよいよ鬼登場です!


梶矢神楽団 鈴鹿山3

梶矢神楽団 鈴鹿山4


これは初めて観るものでした。
赤い紐で鬼との間合いを取りつつ、所々で形をキメながら舞われます。

それが終わると一転、激しい戦いに。


梶矢神楽団 鈴鹿山6

梶矢神楽団 鈴鹿山7


梶矢さんは江戸時代から活動されている、とても伝統ある神楽団だそうです。
現在活動されてるいろんな神楽団さんが、梶矢さんから教わった、と聞きました。

で、安芸高田市観光ナビを見てみると、詳しく紹介されておりましたよ^^



そして午後は「坂田峠」です


梶矢神楽団 坂田峠1

こちらは「人身御供」「女狐退治」「坂田峠」の三部作のうち、最後の演目。

様々な困難と闘った末に親の敵と出逢い、見事これを討つというお話です。
初見なので 例によって配役名等、自信が無いのでお写真メインでどうぞ(^_^)/
(↑ ちゃんと口上聞いとけよ~~ ^^;)


仇敵登場


梶矢神楽団 坂田峠2

梶矢神楽団 坂田峠3


戦いの途中、窮地に立った主人公に天満宮?が力を授けます。

梶矢神楽団 坂田峠4

クライマックスは激しい戦いで!

梶矢神楽団 坂田峠6

お疲れ様でした(^_^)

梶矢さんの他の演目、ますます観たくなりました。
「山伏」とかね~~(´∀`)ワクワク

ちなみにこのあと、舞ロードで宮之庄さんが舞われる!という情報をいただいて
急遽行ってみました!
お写真は撮れませんでしたが、これまたよかったわ~~
あ、舞ロード(道の駅)初めて行きましたわ(≧∀≦)



さて、私は普段自宅で仕事してまして、忙しくなるとひきこもり状態に(´Д`;)
その反動で、少しでも時間ができるとボーッと車で走ることがあります。

湯治村やコムズで午前午後の上演がある時、空き時間にその辺をフラフラと
走ることも…(コワイな おいww)
この日も高宮あたりをぐ~るぐる回っておりました(笑)



最近大昔の写真の整理していて、懐かしいものが…


ホンダくん

ウン十年前、短い期間でしたがバイクに乗ってやっぱり山を走り回ってた
時期がありまして。
↑ 当時の相棒のホンダXL君です(時代がバレる…)

車ではキビシイ林道とかを、泥だらけになって走っておりました。


昔から放浪癖があるっぽい(笑)?





スポンサーサイト

Trackback

Comment

こ無沙汰です(°▽°)
梶矢さんの雰囲気が大好きです(*´-`)
  • 2015-02-05│19:45 |
  • しょう URL│
  • [edit]
いいですよねぇ... (*´ω`*)
梶矢の鍾馗も是非☆ 変わらぬ形の美しさ
が有りますよねぇ~!! ええわぁ~ (*´-`)♪

  • 2015-02-05│21:43 |
  • 高田の婆 URL│
  • [edit]
これは、どこかで見たような、、、、、、


あーーーっ、タスキで綱引き思い出した(゚o゚;;

昨年4月に因原共演に行った時に、因原さんが「鈴鹿山」舞われてました(^^)

まだまだ知らない世界がたっぷりですな^o^



  • 2015-02-05│22:30 |
  • 随身丸 URL│
  • [edit]
鈴鹿山…坂上田村麻呂と鈴鹿御前と鬼が沢山じゃないんですね。

神楽も、本家鈴鹿山伝説に負けず劣らず色んなバリエーションがあるんですねえ。
ワタクシは益田で半分寝ながら見たような。
あの鈴鹿山(鈴が山)では、観客の大半は寝てましたので、ワタクシもその一人←コラ


広島方面は、希少演目より先ずは悪狐を見なければ語れないんじゃないかと思えども、全行程時間に対する鑑賞時間(演目数)比を考えると二の足を踏んでしまい…
でも、2月になりましたが今年は頑張ります。
  • 2015-02-06│06:59 |
  • 喜三保頼 URL│
  • [edit]
Re: こ無沙汰です(°▽°)
しょうさん(^◇^)


「梶矢さんの雰囲気」…感じてきました^^
ああ~コレなんだな~って分かりましたよ♪
  • 2015-02-06│09:32 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re: いいですよねぇ... (*´ω`*)
高田の婆さん(^◇^)


鍾馗もお勧めなんですね^^
梶矢さんの演目、まだまだこれから観たいものが増えそうですよ(笑)
ずっと昔からの舞を続けておられるのはホントすごい!
  • 2015-02-06│09:43 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re
随身丸さん(^◇^)


知らない世界ばっかりです~~(´Д`;)

因原さんの鈴鹿山もタスキを使う舞なんですか。
やっぱり神楽が伝わったエリアに、共通の舞が残っているんですかね^^
知れば知るほどおもしろいです!
  • 2015-02-06│10:07 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re
喜三保頼さん(^◇^)


ほんといろいろですねえ~!鈴鹿御前って人物もいるのかぁ。

神楽鑑賞は…時々眠気との戦いの時がありますよね(笑)
長距離移動の後、暖房の効いた室内で鑑賞、とかになったら
ちょっと落ちるかもしれんです(・・;)

私は逆に益田のEAGAに行きたいんですよね~^^;
広島市の海近くから益田市内まで、に…2時間くらいかなあ?
そこで夜神楽2演目…でも行きたい~!




  • 2015-02-06│10:43 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
時代が変われば……
勿論神楽も変わる、そうしながらいまの神楽の形になり、これからも変わって行くんでしょうね。地域の方々の娯楽がその他大勢の娯楽になったが為に、見栄えを気にしてよその団の楽や所作を取り入れ、伝わってきた大切なものより、ごちゃ混ぜのどこのか解らないものを自分の神楽団の『色』とか言っちゃう。でもそれを何十年も続ければ、それがその神楽団の普通になるんですよね。これからそんな神楽団も増えて行くのでしょう。
流行りに乗らにゃ団員が入らん切実な問題もあるんですがね😥

神楽に正解なんてありませんが、梶矢さんを観て『あ~……これょ❗これなんょ❗』と懐かしさを感じます。
わしの好きな神楽はこれです(^-^)
  • 2015-02-06│11:53 |
  • しょう URL│
  • [edit]
益田←→広島
山口県東では山陽から山陰のアクセスは悪いんですよね。

中国山地の端をかすめているのと、そもそも重要度が低いので仕方なしなんですが、山口県内でいうと国道187号と国道315号接続が使いにくいので、現在仕事の工程で不便な思いをしてます。
広島県西~島根西も国道186号があるとは言え走りにくそう。

広島市内から益田EAGAだと
[1]千代田→浜田道から国道9号
[2]中国道六日市ICから国道187号で日原に抜けて国道9号
[3]国道191号
みたいな感じでしょうか。
高速を使った場合、広島市内を抜ける時間は含まずで2時間弱位?

どのコースも途中に神楽トラップが仕掛けてありそうですが。
広島から島根攻めだと浜田通過時が危険(笑)

ワタクシは、ベースからだと、益田EAGAまで行くのに2時間かかってます。

現況、3月迄は年度末進行で土曜日の仕事が罠f^_^;
明日もどうやって早めに切り上げるか悩んでる所←

切り上げられなかったら腹いせやります(多分)
  • 2015-02-06│19:39 |
  • 喜三保頼 URL│
  • [edit]
Re: 時代が変われば……
悩ましいテーマですね。


こればかりは、部外者かつ新参者の私が口を挟めるものじゃあありませんが…
といいつつコメントしちゃいますが(笑)
広島の神楽が「ホールの舞台に乗る!」と舵を切った時点で
きっといろんな関係者さんは覚悟や期待をされたんだと、想像します。
「神楽を広めること」と、「伝統を守ること」は本当に難しいバランスなんだなぁ~と。

私は欲張りなんで、新旧創作、いろんな神楽を楽しみたいと思うんですが
昔から伝わる舞を観た時は、安心する?気がしますよ^^
ホッとするっていうか(笑)

う~ん、若い新入団員さんはやっぱり流行のものがいいんですか^^;

古くから伝わるものを自分が受け継いでる、というのは、
実はとってもカッコいいこと!!

と、私は勝手に思ってますがねぇ。

この団の、彼にしか舞えないものを、彼は舞ってるんだな~
という思いで観てますわ^^


なーんて、ただの一ファンが長々コメントしちゃいました~(≧∇≦)
「またおばちゃんがなんか言いよるわww」と流してね~~\(^o^)/

  • 2015-02-06│19:54 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re: 益田←→広島
喜三保頼さん(^◇^)


去年の夏にさくらドーム(益田市街一歩手前?)に行った時は
191ルートでした。夏だったので快適快適(笑)
広島市街地から湯来、湯来から戸河内抜けての191だったので2時間、ちょいくらい
だったかなあ。

ただこの季節はちょっと二の足です…夜だと特にね~(^_^;)
(最近の喜三保頼さんの記事読んで「雪こえええ~」って 笑)

[2]の六日市→日原は行ったことないルートなので、ちょっと通ってみたいかも^^

明日もEAGAですか?いいな~^^
楽しんできて~~\(^o^)/

仕事は…チャチャッとやっつけよう(笑)

  • 2015-02-07│00:49 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
雪道は怖い
木曜日は、いつも通ってる道で、此処はどこの雪国かな?と思いましたよ。

芸北の国道は、昼間ならまだ良いんですが、深夜早朝は凍ってる事があるので危険です。
ガスで視界が悪くなってる事もあり。
道の駅で休憩してたら、いきなり吹雪いた事もあり。

昼間でも、ゴツい四駆が横転してたり、雪壁に突き刺さったりしてるのをよく目にするので、行く時は他山の石として無理の無いスピードで走行してますが、やはり八幡洞門を抜けた北広島側の下りは怖いです。

やらかしてる車は、大半が四駆の機動力を過信した、雪の積もらない地域からスキー場にいらした方々な模様。

雪道での自動車のブレーキの制動距離は、四駆でも二駆でも変わりませんのよ(-"-;)わかってないわね!
って、スキー場では教えてくれませんからねえ。


今晩は、所属部署でインフル感染者が複数出てしまい、週明け対応で益田には行けなかったので、拗ねてます。

皆さまも、うがい手洗い励行とともに、ご自愛下さいませ。
  • 2015-02-07│20:55 |
  • 喜三保頼 URL│
  • [edit]
ほんと
難しいですね(;´д`)
それぞれに好きなものを楽しめば良いだけの話なんですがね(*´-`)
時代の流れに沿ってない=廃れるってのが悲しいところです(T-T)

梶矢さんでさえ、勿来は神楽ではない、神楽の楽を借りて舞っているだけだ。と団長さんが話しておられたのが強く印象に残ってます。

各団に伝わってきたものをこれからも見続けて行ければと願うばかりですm(__)m
  • 2015-02-07│23:39 |
  • しょう URL│
  • [edit]
Re: 雪道は怖い
雪壁に突き刺さってる四駆って…すんごいビジュアルでしょうねえ(笑)
楽しいスキーに行って事故って帰るのも気の毒っちゃあ気の毒だけど。

八幡ってまだ行ったことないんですが、ローカル天気予報で
必ず言われる「八幡で積雪〇㎝」…
ああ、私はまだこの季節行けそうにない^^;

あら~、益田は見送りでしたか。
インフル流行ってますからねえ、気を付けて下さいよ~
明日また寒いそうですぞ(・・;)
  • 2015-02-08│20:52 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]
Re: ほんと
しょうさん(^◇^)


同じ思いの団員さんはきっといらっしゃるんでしょうね。

観る側は勝手なもんで、新しい珍しいものにも飛びつくんですが(←私ですよ 笑)
また昔ながらの素朴な、味のあるものもいいなあって観たがるんですよ(ええ、私です 笑)

古くから伝わる舞はいつまでも残ってほしいんですがね

うわー ほんと難しい~~!
しょうさんが言うとおり、答え(正解)は出ませんわ。

勿来は…来月見てきます。
しょうさんの言葉(団長さんのか^^;)をちょっと思いつつ、
でも楽しんできます。



  • 2015-02-08│21:41 |
  • ツナ缶 URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR