速谷神社秋祭り奉納 (河津原・有田神楽団)

10月第2週は常盤山八幡神社!

という予定は早くから決めていたんですが…。

その後、河津原さんと有田さんが廿日市の速谷神社で舞われるという情報が!



まずい・・・
観に行きたい・・・




折しも、ブログにご案内コメントを下さる有田ファンの方もいて。


これはいっちょ行っとけやー(゜∀゜)


…という神様の思し召しだということにした(笑)


さて、速谷が午後6時スタート、常盤山八幡が10時半。

…ハシゴするしかゴザイマセン。


というワケで、廿日市は速谷神社!
前を通過したことが1、2回あるだけで、参拝するのは初めてです!


週末の天気は下り坂ということは把握してましたが、速谷ではおさまっていて小降り状態でした。
まずは拝殿で祭典があり、神官、参拝客が静かに見守る中で有田さんの神降し。

これが実に幻想的で。

外はほとんど雨が上がり、枝から落ちる雨の音が聞こえるほど静か。

祭殿の灯りは素晴らしく厳かで、舞手の白い衣裳を浮かび上がらせていていました。

楽が響き、舞手の四肢が空を切り、回転し、一心に神様を寄らす様は、

いつまでもいつまでも見ていたい気持ちになりました。




だったら写真撮っとけよ!ツナ缶~~!!


って自分で思ったんだけどね、思ったんだけどね、



ファインダー覗いて設定して画角考えてタイミング計って…

そんな時間がもったいないくらい
目を離したくないことってあるじゃんか orz





まあ、要は準備不足という…。
1時間くらい早く行っとけってハナシだ(用があったんで仕方ないんだけどね ^^;)


実はこれ、6月の千代田競演の再現です(笑)

遅刻魔のツナ缶はその時も開演直後に飛び込んでしまい、有田さんの神降しを撮ることが出来ませんでした。
カメラ出すのにうつむくことももったいなくて、やっぱり撮れなかったという前科(笑)があったのです(^_^;)
でも肉眼でガッツリ見てしまった!!


神事舞が終わり、場所を移して奉納神楽です。


人いっぱい^^;

ここで神楽友達とご挨拶、席を見つけて落ち着きますと
河津原さんの「三刀」から




河津原神楽団 三刀1

十二神祇ですねぇ(´∇`)


続いて「塵倫」 有田さん



有田神楽団 塵倫1

このガッソと烏帽子、あまり見ないですよね?多分。
私が知ってるのは一昨年くらいに観た上川戸さんがこんな感じだったかなぁ
(鉢巻きは前結びでしたが…)



有田神楽団 塵倫2

面が古い感じです


立ち合いの合間に客席乱入あり、戻って退治されたと思ったら…



有田神楽団 塵倫3

これ飲んで復活です(笑)


有田神楽団 塵倫4


さて、この頃からツナ缶、隣り合わせた御一行と話が盛り上がっとりまして^^;
神楽話から始まってオジサマの故郷の話とか。
ちょっと撮影の手がお留守になっております。

御一行の中には蕎麦屋さんがおられ、お手製弁当を広げてたのですが
そのおすそ分けをいただきました。めっちゃ美味!!
お酒まで勧められたのですがさすがにダメでして~(笑)



「注連口」 河津原さん


河津原神楽団 注連口6

3月の十二神祇神楽大会以来です!!

河津原神楽団 注連口7

やはり優雅

旗の取り回し、所作。



河津原神楽団 注連口9



そしてこの人の詠む和歌だ!!.゚+.(・∀・)゚+.

すごい!やっぱりいい声なんだよなぁ~~!!
これはぜひ聞いていただきたいのです



「磐戸」 有田さん


有田神楽団 磐戸1

ウズメさん^^
いいねぇ、このお多福面(←私が勝手に呼んでますw)



有田神楽団 磐戸2

田力男さん


有田神楽団 磐戸3



えーと、ご飯とおしゃべりで手がお留守だったんで(笑)、
6月に撮った「磐戸」をここで追加します。

6月当時忙しかったんで、千代田競演の画像はどこにもUPしてなかったので
ここで日の目を見るぞっっ



有田神楽団 磐戸4

千代田競演より
よくこれだけの体勢を…


有田神楽団 磐戸5

千代田競演より
このノリがもうね^^



有田神楽団 磐戸6

千代田競演より
お出まし



さてここでツナ缶 タイムアップ。
大江山も観たかったんですが、9時を回ってこれ以上はキビシイ(>_<)

お隣の御一行さんにお礼を言って、後ろ髪を引かれつつ進路を北へ。


廿日市から湯来へ上り、ロッジ前から41号線で戸河内へ。
戸河内で191に乗り、松原交差点から11号線経由で186へ。
そのまま北上して波佐へと出る予定だったんですが…。




湯来へ行く段階でもはや豪雨Σ(゜∀゜)ギャァアア



>外はほとんど雨が上がり、枝から落ちる雨の音が聞こえるほど静か。



なーんてふざけたことブッこいてる場合じゃない!!
叩きつける雨で前が見えない~(笑)
先行車も後続車も対向車もいねぇえええ(笑)(笑)





さあ、どーなるツナ缶!
どーするツナ缶!

次回へ続く!

(あおったけど記事はたぶん普通… 笑)




スポンサーサイト

川小田大歳神社奉納 (川小田神楽団)

さて、10月は宣言通り芸北を渡り歩くこととなりました(笑)

第一段!!

川小田大歳神社奉納  2016/10/01

川小田神楽団  

この日は日中千代田で行われた芸石に行ってまいりました。
夜に備えて日中は控えるつもりだったんですが、芸北の神楽友達にまたまた呼び出され…

うむむ、呼び出されたら仕方ないよねえ、うん、仕方ない仕方ない





いや、その呼び出しを待っていた(本音)!!

by ツナ缶.゚+.(・∀・)゚+.





久しぶりに見れた演目も多くって、やっぱり来てよかった~
と満足しつつ、そのまま芸北へ…
途中寄り道してから大歳神社に到着です。
さっき芸石の会場で出会った浜田からの神楽友達、いつもお世話になってる友達もすでに拝殿の中に^^



「清め」から



川小田神楽団 清め1

静かで厳かに始まる儀式舞です。
こういう時の舞手さん、みんないい顔つきだなーって思いますね。




川小田神楽団 清め2



「尊神」


川小田神楽団 尊神1

↑ 奏楽さんの烏帽子^^
  こちらの拝殿では、幕の正面に対面する形で奏楽が並びます。





川小田神楽団 尊神2


川小田神楽団 尊神3



「神武」

川小田神楽団 神武1



川小田神楽団 神武3


えーと、全体的に暗くて申し訳ない~~(^_^;)
実は撮影条件が少しキビシイ環境でございました。

天蓋が低めなので、舞手さんに照明が当たりにくいカンジ…?
神武や天神の激しい動きに、設定オンチのツナ缶はついていけませんでした(笑)



雰囲気を味わってくれぃ(゜∀゜;)ノ アヒャ



「恵比須」


川小田神楽団 恵比須1
 
舞の途中でミカン撒きが始まります!


1475412636343_convert_20161025205329.jpg


コレな~(* ´ ▽ ` *) 




芸北ではミカンを撒くことが多いんだろうか
去年行った八幡大歳神社の小祭でも撒いてたし…
そして美味しかった




で、次は「塵倫」なんですが…

神の舞でフツーに始まったのですが…





川小田神楽団 塵倫1


途中で高麻呂さんが違う人にΣ(゜Д゜)

※ シン・ゴジラじゃあありません(笑)



なんと奉納を見に来ていた他の神楽団の方の飛び入り!
この辺から「塵倫祭り」がスタートします(゜∇゜)

楽しげに見ていた他の団員さんが、次々と幕の向こうに引っぱられていきまして(笑)
幕向こうで衣裳を付けられ…





気付くと仲哀天皇以外、全員が他の団員さんw

いやもう、高麻呂さん(本物)も入り乱れてたっけ(笑)(笑)



川小田神楽団 塵倫2

川小田神楽団 塵倫3

川小田神楽団 塵倫4


いいねぇ~~、こういうノリはホント好き(´∇`)


川小田神楽団 塵倫5

途中でなんとか?本物の塵倫さんに交代です



川小田神楽団 塵倫6


みなさん楽しそう!ええ顔です(≧∇≦)



「天神」


川小田神楽団 天神7



「八岐の大蛇」


川小田神楽団 八岐の大蛇1

この白大蛇と緑の大蛇(前半)、親子共演でした!
神楽団だとこういうこともあるんですね^^



川小田神楽団 八岐の大蛇2




川小田神楽団八岐の大蛇3


途中、大蛇の様子を見る須佐さんがかわいかったので(´∇`) 




川小田神楽団 八岐の大蛇4

畳の上で激しく擦れる、須佐さんの足袋と大蛇の腹…

限られたこの狭い空間で、なんとまぁ死闘が繰り広げられております。

濃密だなぁ・・・



ラスト「鐘馗」


川小田神楽団 鐘馗2


川小田神楽団 鐘馗3

おお!これこれ!
いいねぇ、疫神の顔(〃▽〃)

しかし煙幕の後って撮影難しい^^;




川小田神楽団 鐘馗4




川小田神楽団 鐘馗5


もう、貫禄だよ! 鐘馗大神様(・∀・)



終了は午前4時半過ぎ。

畳の上に、千々に散らばる天蓋の色。
神様は存分に楽しんだことでしょう。





本当に楽しい奉納を見せていただきました^^
お疲れ様でした^^



乙九日炎の祭典

以前から一度は見てみたかった乙九日、今年初めて行ってみました^^

豊平であった豊平競演を途中で抜け、6時半スタートの松明行列に間に合うように急ぐと
芸北分校さんの「弓八幡」の途中に到着。

その後、行列が練り歩く予定の参道へ向かうとカメラマンがめっちゃ
いらっしゃるΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
中高年の方がメインかなぁ?
各々ベストポジションを探してらっしゃる…スゴイ…


参道から亀山八幡神社
いい感じに日が暮れてきました~~^^



乙九日3



そうこうするうちに反対側から


乙九日1


乙九日2


武者姿の方々を先頭に地元のみなさん、観光客のみなさんも一緒に
松明を掲げながら神社へと進みます
綺麗でした。




参 加 し て み れ ば よ か っ た 
(゜-゜)




※ だれでも参加自由!
  開始10分?くらい前までにスタート地点に集合すればOKとのこと(今年のチラシ)
  
行列の後は火牛の舞、セレモニー、今吉田さんの「葛城山」、
花火まで上がって松明練り回し。
なかなかの盛り沢山!お客さんもいっぱいです!

で、最後は雄鹿原下組さんによる神楽で終わるんですが…

ウカツ者の私はなぜか、1、2演目だという思い込みがありまして。
他のスケジュールが1時間弱の刻みだったので、下組さんもそうだろうと思い込んでたかも^^;
8時半スタートで12時近くまであったですよ(笑)

舞は拝殿でした。
舞手さんには少し狭いかな?
でも見る側は臨場感~~



まずは「塩払い」? ←演目確認するの忘れた(>_<)


加筆
「塩」と「潮」、どっちだったかな~という点でしたが、「祓」が「払い」になってました(笑)(笑)
「潮祓」ですよーと教えてもらってそっちの誤字にも気づいて笑ってしまいました(≧∇≦)
記念に置いとこ(笑)

みなさんお間違いなく。「潮祓」が正解~ww



雄鹿原下組神楽団 塩祓1


「八幡」


雄鹿原下組神楽団 八幡5



雄鹿原下組神楽団 八幡6



「神武」

雄鹿原下組神楽団 神武1


雄鹿原下組神楽団 神武2


雄鹿原下組神楽団 神武3


くぅ~~!
近すぎてあんまり撮れないというね(´∇`;)




一度座ってしまうと動くのが難しい、拝殿神楽あるある(笑)



なので撮影は二の次ということで、本来の神楽鑑賞してました
上半身、そしてほぼ同じアングルをお楽しみください(笑)(笑)




雄鹿原下組神楽団 神武4


神も賊もカッコよかった!






「塵倫」


雄鹿原下組神楽団 塵倫7


雄鹿原下組神楽団 塵倫8



雄鹿原下組神楽団 塵倫9


雄鹿原下組神楽団 塵倫10


雄鹿原下組神楽団 塵倫11



雄鹿原下組神楽団 塵倫12


つい多めに撮ってしまう塵倫~~



ラスト「頼政」

この演目はお得意でしょうかね^^
以前県民文化でも持って来られてました!
鵺が個性的でカワイイのです



雄鹿原下組神楽団 頼政1



雄鹿原下組神楽団頼政2



雄鹿原下組神楽団 頼政3


どちらの鵺も、客席乱入でお子を脅かしまくってました(笑)


雄鹿原下組神楽団 頼政4

お客さんが、鵺が持ってた笹を頼政の背中?矢筒?に放り込みました!

頼政さん、笑いながらもそのまま続行~~(≧∇≦)


無事に鵺退治終了!
お疲れ様でした。



松明、花火、そして神楽…
空気の澄んだ雄鹿原で、秋の夜をゆっくり楽しめた一日でした


そしてこのあとしばらくは、芸北通いが続くツナ缶なのであります…^^;



プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR