島山八幡宮 祇園祭

8月後半はやたら予定を詰め込みまして…

昨日は愛媛に戻って友人たち(愛媛、東京)と年に一度の宴会でした

最終週には伊勢神宮を予定してて、これも楽しみ!





ただ、残暑と台風接近?がコワいところ…(゜-゜;)


もし台風が発生したら…級長津彦命さま、扇で煽いで戻してクダサイ…


さて この絵日記はおかまい無しに1ヶ月ほどさかのぼってまいります。



島山八幡宮 祇園祭    2016/07/21

丸茂神楽社中


丸茂さんとの出会いは実は24時間神楽での恵比須。
その後、昨年暮れの歳末たすけあい共演で「拾羅節女」を拝見したのが2度目になります。

なかなか観に行くタイミングが無かったところ、なつかしの国石見っちゅう、上演予定探しに重宝している
サイトで奉納予定をハッケン!!




丸茂さんではないですか(゜∇゜)!!!


最初の出会いが恵比須一本という微妙な出会いだったので(笑)
まとめて見れる奉納とはありがたいっ!

島山八幡宮があるのはR191沿いの都茂地区。
美都支所に車を停めて、歩くことホンの2、3分?で到着です。

道すがら、地元のおじ様と世間話(神楽話か 笑)していると前方に石見方面で見慣れた人が…
今日はここに出没する、という噂通り(笑)、丸茂さん常連のカメラさんを発見し合流しました^^




島山八幡宮1

子供たちの提灯行列や神輿行列の後、いよいよ神楽奉納。



まずは「塩祓」で舞殿を清め。


丸茂神楽社中 塩祓




「八幡」


丸茂神楽社中 八幡1


最初の潮祓いの方も思ったんだけど、結構足を大きく交差する感じ?
しかもキッチリ外向きに出すんだよねえ。
バレエで言うところの4番のポジションってとこか?

そして八幡さんのポーズがエライきれいなんだ!
肩から腕、手首の角度とか。首の角度も。
美術で「黄金比」ってのがあるんだったら「黄金角度」ってのもあっていいと思うのね(笑)

例①

下の図の八幡氏の左のかいな。




丸茂神楽社中 八幡2

良いですなぁ(´∇`)



丸茂神楽社中 八幡3





続いて「鐘馗」


丸茂神楽社中 鍾馗1


イケ面である 



丸茂神楽社中 鍾馗2



丸茂神楽社中 鍾馗3

コチラの疫神さんはもっさり系ですねー
羨ましいほどの毛の生え方…




ちょっと分けてくれや~~(TДT)

ツナ缶、心の叫び(笑)


丸茂神楽社中 鍾馗4

ヒゲだけじゃなく、衣裳も立派ですなぁ



戦いのシーンはちょっと上手く撮れんかったので割愛させていただきます^^;





丸茂神楽社中 鍾馗5




「東大和」

このタイトルとしては初めて観ましたね。


内容はまあ、日本武尊の東征です。
これに対して「西大和」が「熊襲」に当たるわけですが…

神楽観始めた初期はトーゼン石見を知らず、広島神楽から入ったから
「日本武尊」=カワカミタケルを征伐する物語!
からスタートしたワケですよ。
その後「熊襲」「東夷征伐」と知るうちに、混乱しましたね~(笑)




丸茂神楽社中 東大和1

幕から、静に力強く出てきますよ~



丸茂神楽社中 東大和2

倭姫から剣を授かる日本武尊

のちの草薙の剣である(^_^)v



丸茂神楽社中 東大和3


その頃、賊の兄ぎし弟ぎしは賊首から入れ知恵を授かっておりました(笑)

コチラの兄弟さん、あんまりコテコテのトークは無いようでした。
団体さんによってここはいろいろなんですな^^
もしかしてまだまだ隠し玉持ってたりすんのかな??




丸茂神楽社中 東大和4


夏はやっぱり花火がいいなぁ~~(´∇`)


…じゃなくて…


よーし!草原に火を放て!! 


何とこの後、武尊さん側も火を持って登場してちょっとビックリ!


みんなで花火…


いえ、なんでもないです^^;



丸茂神楽社中 東大和5


これな!!

この2対2の様式美だよ!! 





ラスト「八岐大蛇」

石見でも「大蛇」でなく「八岐大蛇」っていうところもあるんですね。
でも「大蛇」の方が多数派?なのよね? 



丸茂神楽社中 八岐大蛇1


丸茂神楽社中 八岐大蛇2


丸茂神楽社中 八岐大蛇3


ちょっとね、素戔嗚もさることながらこの白大蛇、かなりカッコいい動きでした!

このシーンとか、




須佐の後ろから幕越しにスゥッと忍び寄る感じ 

が怖くてよかった!


大蛇って、結構演技力がモノを言う役なのよねー
セリフ無いのに、人を食って酒飲んで酔っぱらって寝て戦って討たれて。

あ、その前に組体操もしなきゃだし(笑)



大蛇って大変だなあ・・・




丸茂神楽社中 八岐大蛇4

組体操いろいろ…


丸茂神楽社中 八岐大蛇5


丸茂神楽社中 八岐大蛇6


お疲れ様でした~(´∇`)

以上、駆け足ではありますが島山八幡宮、祇園祭でございました<(_ _)>





島山八幡宮2



島山八幡宮3
スポンサーサイト

芸北神楽研究発表大会2016 後半

続いて後半です


その前に、前半でお写真を保留しておりました雄鹿原下組さんですが
なんとつい最近、Facebook友達がリレーしてくださり、つながりました(゜∇゜)オオオ!
(↑ 間で中継してくださったのは神楽にまったく?関係のない方らしく、
ホントにありがたいことです)
お名前もお顔も存じ上げませんが、この場でお礼させていただきます<(_ _)><(_ _)>

なので少し遡って…

「八幡」  雄鹿原下組神楽団




雄鹿原下組神楽団 八幡1


雄鹿原下組神楽団 八幡2


雄鹿原下組神楽団 八幡3

芸北の神、特に高麻呂さんとかこの八幡さんとかの武将系は
ものっすごくかがんで腰を落とすんですなー
太ももプルプルしそうです…(´Д`;)



雄鹿原下組神楽団 八幡4

↑ この目でございますよ~~(´∇`)ノ



下組さんはこの発表大会以降、芸北共演大会、くわの木夏祭りと撮影のご縁が
ガンガン掲載させていただきます^^

…きっとまた先になりますが…(゜ω゜;)





「風宮」  移原神楽団

2年前のこの大会で初めて観た演目です^^




移原神楽団 風宮9

級長津彦命(しながつひこのみこと)
伊勢神宮に祀られている風の神様ですね




移原神楽団 風宮10

時は弘安、異国より攻め来る大悪魔王と賊徒が幕から登場!!
この登場シーン好きなのよね^^



が! 賊の面が替わってる~~Σ(゜Д゜)




ちなみに2年前はコチラ ↓


移原神楽団 風宮1



ツナ缶、風宮については賊の衣裳と面、つまりビジュアルでガッツリ掴まれてたとこもありまして。
あの白い面が出てくるのを待ち構えていたところ、もっと悪げな面になっとりました~(≧∇≦)



移原神楽団 風宮11


このデザインの衣裳はそのまま
火車、って言うんですかね?デザイン




移原神楽団 風宮12

級長津彦命、風を起こして賊を撃退します!


移原神楽団 風宮13



この後、月末のくわの木夏祭りでも「風宮」舞われました




「安達ケ原」    大暮神楽団

多分初見になると思います



大暮神楽団 安達ケ原1

法印さんと剛力さん



大暮神楽団 安達ケ原2

宿を貸してくれた優しい…女主人…のはずがΣ(´Д`*)


大暮神楽団 安達ケ原3


現れたのは「安達ケ原の大魔王」とか「大王」とか、自分で言ったんですが…


かわいいワンコのようです~~(´∇`)



               \えーと、乗っていい?/
大暮神楽団 安達ケ原4

あんまりかわいいんでアフレコさせていただきました<(_ _)>


三浦と上総はカッコよかったです!
動きがピタッとそろう感じかな^^



「塵倫」     才乙旭神楽団


才乙さんは初見、かもしれない!



才乙旭神楽団 塵倫1

帯中津日子さんも高麻呂さんもピシッと舞われます。
芸北の神は見てても気持ちええです^^





才乙旭神楽団 塵倫2

やはりこの瞬間がね、



 ゾクゾクもんですよ((((;´・ω・`)))


才乙旭神楽団 塵倫3


はい、出たーーー!!




才乙旭神楽団 塵倫4


才乙旭神楽団 塵倫5


芸北さんではしばしば、神のお立ち台が出現します。
立つのは太鼓だけではないんですねえ。

この高麻呂さんがまた見せてくれるんですわー



才乙旭神楽団 塵倫6

塵輪もやられっぷりでは負けていない!(´∇`)




「神武」   苅屋形神楽団




苅屋形神楽団 神武1

神倭伊波礼毘古命と道臣命


苅屋形神楽団 神武2

那賀須泥毘古を待ち構えます

(配役表には賊は二人とも那賀須泥毘古とありました。
たまーにそういう表記ありますよね^^)





苅屋形神楽団 神武3



苅屋形神楽団 神武4


立ち合いが激しくって追いかけるのに必死(笑)


苅屋形神楽団 神武5


よう跳びますし!






「八岐大蛇」   加計高校芸北分校神楽部





加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇9


加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇10


加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇11

別れのシーン
丁寧でなかなか上手いんだな~、これが^^




加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇12

大蛇は好きなだけ暴れて…



加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇13


酒飲んで寝ます(ステキ)




加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇14


加計高校芸北分校神楽部 八岐大蛇15

場外乱闘の末に8頭すべてを倒しまくった男前の須佐さんでした!!



これですべての演目は終わり。

しかし芸北オヤジさんお勧めの2階の写真展も終了時間!
保頼さんと大慌てで見に行きまして(笑)

実にバタバタ…いや、充実した1日でした!

来年も来るからね~~~\(^o^)/



芸北神楽研究発表大会2016 前半

7月はツナ缶の  芸北強化月間 であります\(^o^)/


初旬のこの研究発表大会と月末の共演大会で、
この芸北の空気をうんとこさ感じておいて。

秋の奉納に向けてのココロの準備をしておくわけです



芸北神楽研究発表大会   2016/07/03

この大会を知ってからは連続で来ています。
今年もウキウキと来てみれば…
ロビーででいきなり保頼さんハッケン(゜∇゜)!!
最近ご一緒率高し~

そして久城でお会いしたM子さんも!

保頼さんが最前列をゲットしておられたんで、ちゃっかり横に(´ε`)ヘヘヘ~

席確保してから飲み物でも、とロビーに出ると、
去年もここでお会いした仲良しカップル(男同士w)に遭遇しました!


神楽団員さんと神楽のディープなファンの組み合わせで、
ずっと宴をされとったんですが、保頼さんとのおしゃべりに夢中で気づかんかった(笑)

約一名は嬉しそうに何杯目かのお酒を買ってきたところで…(笑)




芸北神楽発表大会 マンガ


うらやましいんですが~~(´∇`♯)



では、神楽です

「序の舞」 加計高校芸北分校神楽部


加計高校芸北分校神楽部 序の舞1

この演目は、儀式舞を芸北分校用にアレンジした創作神楽になるそうです(解説より)
四神ベースでしょうね^^




加計高校芸北分校神楽部 序の舞2

加計高校芸北分校神楽部 序の舞3


加計高校芸北分校神楽部 序の舞4

袖を振って4人が交差するところなどは華やかです!



「八幡」 雄鹿原下組神楽団

うう~~ん、下組さんは今まで結構撮ってるんですが、許可伺うチャンスが無くって
ずっとPCにキープしております^^;
いつか現場で突撃…ちゃう(笑)、お願いに伺いますね^^



「胴の口開け」  雲月女性神楽同好会


雲月女性神楽同好会 胴の口開け7


雲月女性神楽同好会 胴の口開け8


雲月女性神楽同好会 胴の口開け9


今年もカッコいい姿を拝見できました .゚+.(・∀・)゚+.

引きの全体写真を撮れなかったんですが、一糸乱れぬ感じがいいんですよ~



「八幡」  田尾組神楽団




田尾組神楽団 八幡6



田尾組神楽団 八幡7


八幡さん^^


田尾組神楽団 八幡8


大魔王が登場です

この幕、いつも見惚れますなあ~

明治からの古い染幕を、修繕しながらずっと使われています。

幕や面や衣裳を、何度も修繕しながら大事に使われているのを見るのはいいですね。
そして新調した面や衣裳をお披露目で見るのも嬉しい。
そこからまた歴史を刻んで行くんだろうな、と想像します^^




田尾組神楽団 八幡9


幕を使っての追いかけっこ

大魔王は幕に隠れたかと思うと、ブワッと現れ八幡さんを驚かし…
八幡さんは大魔王の首根っこを摑まえて引っぱり、「ちょっと来い」状態になったり(笑)
そういう仕草を見るのも個人的に楽しい(´∇`)




田尾組神楽団 八幡10



芸北の「八幡」は、この重い水干を最後まで着たまま舞うんですよねぇ
凄い…

と思ったけど、鬼はさらに重い鬼着を着たまま
 暴れまくる んだよね(^_^;)
太鼓乗ったり飛び降りたり。




体力勝負ですわ・・・^^;




「塵倫」  細見神楽団

細見神楽団 塵倫1

やる気満々の高麻呂さん



細見神楽団 塵倫2

シブいぜ!仲哀天皇



細見神楽団 塵倫3

存在感あり過ぎだろう! の塵倫さん^^


細見神楽団 塵倫4

この迫るような脅し方とか(笑)



こえーーってば(笑)!!!




細見神楽団 塵倫5

仲哀天皇がついにロックオン!!



へへへっ このポーズがツナ缶のツボなのです。
太鼓に片足かけて矢を咥え、
全神経を標的に集中する!

たまりまへんなぁ~~.゚+.(・∀・)゚+.




細見神楽団 塵倫6

撃たれたあとの悶絶っぷりもたまりません




細見神楽団 塵倫7


高麻呂がトドメを差さんとする時も、天皇は狙いを決して逸らしません。
敵を確実に倒す時の定石です。
この辺の緊張感ったらね、ええんですよ~~
(大太鼓さんが マジです!!)

あ、最終的にトドメは天皇の一矢なんですがね^^;


いや、よかったです



盛りだくさんの芸北発表大会、後半へ続く!




プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR