スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島神楽定期公演 (苅屋形神楽団)

年の瀬ですね^^

毎年、いろんなものを諦める時季…
掃除…年賀状…



毎年この時期に悟りを開くのが恒例になってるツナ缶です。


さて、先日ついに広島神楽定期公演が千秋楽を迎えましたね^^
今年も楽しませていただきましたよ~~


その定期公演、11月分から

苅屋形神楽団  2015/11/18

「塵輪」「八岐大蛇」


まずは塵輪です



苅屋形神楽団 塵輪1



苅屋形神楽団 塵輪2


いいっすね!この姿勢と表情。
帯中津彦命の威厳、かくあるべしって感じかな~^^




苅屋形神楽団 塵輪3


そして塵輪登場!


苅屋形神楽団 塵輪4


この塵輪がまた、スゴかった(゜-゜;) 
スピード!動きのキレ!




ちょっとちょっと!

そんなにトップスピードでカマして大丈夫なの!?



って、心配になるくらいの塵輪さんで、観てるこっちが力入っちゃって!
一通り動いた後に、すっごい大きな息を付いちゃいました(・А・;)フェー
↑ 息止めとったんかい…(笑)

圧倒でしたね。



苅屋形神楽団 塵輪5


苅屋形神楽団 塵輪7


いいねぇえ~~~+゚。*(*´∀`*)*。゚+



苅屋形神楽団 塵輪8


いや、素晴らしかったです。

舞の技術もさることながら、こういった演目では、合戦シーンでの双方のギリギリの
ぶつかり合いが観る者を掴んで離しません。



幕間ではそんな興奮を落ち着けてくれる色々なコーナーが(^^)

まずは団員さんから団のご紹介が。

印象に残ったのがなぜか
 雪の話!!


芸北は雪の多い地域ですが、その豪雪っぷりをそりゃあリアルに話していただきました!

斎藤裕子さんが、「(雪の話もいいですが)もうちょっとみなさんが、来たくなるようなことも話してくださいよぉ~(笑)(笑)」
と、水を向けたんですが、話は結局雪の話に~~(≧∀≦) ←ちょっと私、ツボでしたw


団員さんのうち若い方は広島市内に住んでいて、練習に苅屋形に帰っていらっしゃるそうです。
現実として大変ですが、そうやって自分のベースがあるというのは強いなぁ…


その後、篠笛奏者、ことさんの「里の秋」の披露が!

苅屋形神楽団 幕間



これはちょっと…涙腺に来ました(ノω`)
お名前は存じ上げてましたがこの時まで聴いたことがなく。
素晴らしかったです。


「八岐大蛇」


苅屋形神楽団 八岐大蛇1


奏楽の出だし、おっ?と思いました。
石見なんですね~^^

塵輪はどっぷり芸北の楽でしたが、大蛇は石見という…
両方の影響があるんでしょうか。



苅屋形神楽団 八岐大蛇2

やっぱり姿勢



苅屋形神楽団 八岐大蛇3



苅屋形神楽団 八岐大蛇4


苅屋形神楽団 八岐大蛇5


プログラムには4頭記載でしたが、サービス?
6頭登場\(^o^)/



苅屋形神楽団 八岐大蛇6

かっこええですね~~



最後のこの須佐さんの衣裳、益田の方の大蛇でよく見られる衣裳、ですよね?
(↑ 私がまだ他の地域で見ていないだけなので言い切れないですが^^;)

雅楽の蘭陵王がよく着てる貫頭衣、雅楽では裲襠 (りょうとう)と言うそうです。




ranryouou-wc1.gif


いや、この日も盛りだくさんでした!
お疲れ様でした~<(_ _)>

あ!思い出した!!
この日は開演前に、会場のロビーに舞太郎が来てたそうです!!




また会えんかったΣ(゜Д゜;)!!

いやー痛恨(笑)(笑)




さて、この日に写真掲載許可をいただけたので、苅屋形さんの
ちょっとだけ、お蔵出しコーナー


去年(2014年)の芸北神楽研究発表大会から

「磐戸」


苅屋形神楽団 磐戸2

苅屋形神楽団 磐戸3

苅屋形神楽団 磐戸4


苅屋形神楽団 磐戸5


苅屋形神楽団 磐戸6


鏡がピカピカ(´∇`)


スポンサーサイト

波佐常盤八幡宮 二番祭 後半

波佐常盤倶楽部さん、二番祭の後半です

お写真メインかもしれんです(^_^;)



「塵輪」




波佐常盤倶楽部 塵輪6


波佐常盤倶楽部 塵輪7

幕を使ってジワジワと入れ替わり、すれ違い…そして…


↓ 迫真の睨み合い!!


            \やんのか コラ/
波佐常盤倶楽部 塵輪8

↑ アフレコです…よい子の塵輪は本番でマネしちゃいけません(笑)(´∇`) 


波佐常盤倶楽部 塵輪9


またまた太鼓乗り^^ お疲れ様でした~


そして「神武」

お写真ガシガシいくよ~~!
気合いだけは入ってるのに、ちっともきれいに撮れてないのはご愛嬌~~(笑)(笑)



波佐常盤倶楽部 神武12




波佐常盤倶楽部 神武13


波佐常盤倶楽部 神武14


波佐常盤倶楽部 神武15


長髄彦たちの登場!
これから怒涛の立ち合いがスタートします!
息がつけんです(゜Д゜;)




波佐常盤倶楽部 神武16


波佐常盤倶楽部 神武17


波佐常盤倶楽部 神武18



波佐常盤倶楽部 神武19

ここ、なんか好きだー





波佐常盤倶楽部 神武20

もうね、かっこいいわ(笑)(笑)!



刺激されたんで、ちょっと久しぶりにイラスト(まじめvir)にチャレンジ(゜-゜;)ウムム

面の舞手さんは難しいけど、素面ならなんとか…




波佐常盤倶楽部 マンガ2


ちょっと…なんか違う…(T∇T)



ドンマイ(笑)!!

ラスト「大蛇」です(´∇`)



波佐常盤倶楽部 大蛇9


こちらの食われ姫、仕草がきれいでした^^
指先まで表情があって。





波佐常盤倶楽部 大蛇4

はい、仲良く酒を作っております、手名椎さん足名椎さん\(´∇`)




波佐常盤倶楽部 大蛇6

何があったんだ・・・! 手名椎さんっっΣ(゜Д゜;)



波佐常盤倶楽部 大蛇7

大蛇登場!

こっちに迫る迫る(笑)



波佐常盤倶楽部 大蛇10


あっちに迫る迫る(笑)



脅かすの大好きかっっ(≧∇≦)



波佐常盤倶楽部 大蛇8


酒をイッキさせる素戔嗚さんです(笑)


と、ここでメモリー切れましたΣ(゜-゜;)
うっかりですが、もう交換する気力が残っておりませぬ

午前2時過ぎ…あとは最後までひたすら観ておりました^^;


終わったのが2時半くらい、だったかなぁ?

ずっと降ってた雨はほぼ止んで、辺りはもう静かでした。
お祭りは終わり、みなさん三々五々と帰って行きます。
遠征組さんもそれぞれ車を出して帰路につきます。

例年はもっと寒いんですけどね、今年は暖かいですねぇ、
と、今日お世話になった方もおっしゃってました。



来年はどうなってるかなー(笑)

寒いかもしれんなー(゜∇゜;)




↑ ええ、行く気ですよ

波佐常盤八幡宮 二番祭 前半

いやまあ、前回、一気に飛んで12月の記事を書いちゃったんですが
もう一度11月に戻りますよー(・∀・)(笑)


波佐常盤八幡宮 二番祭    2015/11/14

波佐常盤倶楽部  「塩祓」「八幡」「天神」「頼政」「塵輪」「神武」「大蛇」


10月にあった一番祭、朝までの夜明け舞にはちょっと都合がつかなくて行けませんでした。



11月の二番祭には絶対行くぞおおお!!!

と、待っておりました^^

これまた初めて行く神社…天気は雨…夜10時スタート…
幾分不安はあったけど… 



やっぱり神楽観たさが勝つねぇえ~~(≧∇≦)



何回か通ったことのあるルートの道沿いだし、芸北から案外近いところでした。
でも、雨の中、見落として通り越したらヤダな~とドキドキしながら到着^^

186から少し入ったところ、神社の灯りが見えた時はもう、ワクワクですね(笑) ←年いくつだよw


では、さっそく「塩祓」から



波佐常盤倶楽部 塩祓1


塩祓や神降しといった神祇舞には舞いの基本要素が全部入っている、とよく聞きますが
まさしく、舞そのものを見る感じ。



波佐常盤倶楽部 塩祓2


最近は積極的に観るようにしてます^^(神楽観始めのころはけっこう見落としてた~ すんません笑)
綺麗に舞う人の舞は、見入ってしまうこともあるんですよねぇ 
こちらの舞手さんも丁寧に舞っておられました^^


「八幡」



波佐常盤倶楽部 八幡1


波佐常盤倶楽部 八幡2

この幕の使い方。
芸北と同じカンジなんですね^^
刺繍幕と染め幕と、どちらも舞手が登場する時に その姿を隠すように引かれ、
登場し終わると開けて、隅に寄せられていました。

幕の存在が、一つの段落っちゅうか、切り替えになってるんでしょうか。
おもしろい演出だなぁ、と この前の週の長尾組さんの時も興味深く観てました

長尾組さんの宮奉納はずっと前からYoutubeで観ていて、あの幕使いを生で見て感激したとこだったんですよ。
さらに続いて波佐常盤さんもこの使い方! ちょっとお得な2週間(・∀・) ←何がお得なんだか…オイw


しかも奏楽さんが、ほぼその幕の向こう側に位置しているので、幕が開いて初めて



奏楽さん登場~!   みたいなカンジになります。


波佐常盤倶楽部 八幡3


あれ、ヤバいぞ、八幡の神だったかな、八幡麻呂だったかな、誉田別命だったかな・・(゜゜;)
1ヶ月経つとド忘れしてます~^^;

あ、この時期あちこちで八幡さん観るから混乱するんだね~ (←まあその…言い訳やね 笑)


そして、人から「いいよ~~^^」って聞いていた「天神」です



波佐常盤倶楽部 天神1


波佐常盤倶楽部 天神2


波佐常盤倶楽部 天神3


波佐常盤倶楽部 天神4


真剣勝負!
手つなぎ、前転あり、激しい道真と時平の戦いです。



波佐常盤倶楽部 天神5

このやられっぷり!!
斬る方も斬られる方もめっちゃ姿勢がいいっ!!



波佐常盤倶楽部 天神6


いいですね!立合いのキレッキレのカッコよさ!
戦う時の真剣な顔が、客を惹き込みます。



「頼政」

始まる前に常盤倶楽部の方から、「ウチの頼政は地味なんですよ~、猿が出んしねぇ^^」と聞いてましたが。

そう言われて、そういやどうだったかなぁと、ちょっと考えてしまいました(´-`)ウーム

石見の頼政ではお猿は必須アイテム、なんだっけね?
でも広島ってどうだっけ??
改めて考えると、お猿有りのとこもあるし無いとこもあるし。
そもそもお猿って元の話にあるんだっけ??

と、物知らずを晒しております。


波佐常盤さんも、頼政と早太と鵺の3人体制でした^^



波佐常盤倶楽部 頼政1

2人が幕前で鵺の登場を待ち受けます。
早太さん、構えがステキっす(´∇`)




波佐常盤倶楽部 頼政2


はぁあああ~~~っΣ(゚д゚|||)!!

鵺さんのお面がスゴイ!!


ちょっと画像が暗めなので伝わらないかもしれませんが、これ、かなり迫力のある面です!
特に口元とか、生々しい、っていうんかなぁ(゜-゜;)


波佐常盤倶楽部 頼政3



ひとまず前半ここまで~

一回にまとめられるかなと思ったんだけど…
またまた神武の写真を撮りすぎまして(笑)
前半後半に分けますね(*´_ゝ`)

まあすぐにUPするんですが、ひとまずここでQK ( ^^) _旦~~



舞台裏というもの

先日、12月6日に益田で開催された歳末たすけあい石見神楽共演大会に
行ってきました。

12月の声を聞くと、そろそろ中国山地の移動には注意が必要かな~と、
雪道初心者のツナ缶はいつにも増して週間天気コーナーを気にします(笑)
が、なんとかこの週はダイジョーブ(^_^;)


しかし、天気の心配もさることながら、大会スタートが
 9時! ということなので

遅刻常習犯 のツナ缶は前日益田入りすることにしました(笑)

この寒い季節、5時起きとか自信ねーわ(゚∀゚)



では順を追って この週末の報告を。

まず土曜。
スタートはRCC早春のチケ!!

ずっと迷っていたRCC早春、発売がちょうどこの日・・・
筏津さんちの大江山見たさにチケット購入を決意しました~~




※ UPした時に、「筏津さんちのでっかいお面 云々」と書いてしまったんですが
  私の勘違い、思い込みでした~でっかいお面は出ませぬ~~<(_ _)>←平謝り

あれは新舞の大江山で、早春で舞われるのは旧舞の方でした。訂正&お詫びでございます。



<1449449081051.jpg


久しぶりにチケット争奪戦に参加して、みなさんの気合いの入りっぷりに圧倒されました(笑)
ゲットすると、すぐに浜田へGO!
1時からの、熱田保存会さんの神上げに。

初めて拝見したんですが、こちらも迫力の舞!
またいずれ画像を掲載できれば、と思います^^


それが終わると9号線を益田方面へ。



1449449114117_convert_20151213234349.jpg

ゆうひパーク三隅から。

ちょっと荒れております(^_^;)



しかし! 益田に入ってから、この日から浜田の三宮神社の夜神楽が再開することを思い出したツナ缶!
一瞬、引き返そうかとも思ったんですが、すでにホテルでくつろいでしまい、
思い直して、持ってきた仕事を進めることにしました(^_^;)



決して、ホテル内のおっきいお風呂に入ってゆっくりしたいとか、

冷蔵庫にブッコんでるビールをプシューしたいとか思ったわけではありません(´∇`)

 



で、翌日本番、行きました!
初グラントワ!!



1449449520722_convert_20151213235143.jpg


デカいっちゅうねん(笑)(笑)

いや、立派な建物~~(゜Д゜;)
音響・照明も良かったですよ


開場後、浜田の神楽友達と合流して、一日しっかり楽しみました!
どちらの団体さんも、ホント素敵でした



さて、この日は私にとっては初めてのうれしい体験がありました(^^)
チケット手配やら、今回大変お世話になったO氏のご厚意で、楽屋や舞台裏を
見学させていただくことが出来たんです。

写真撮っていいよ~というO氏に甘えて、撮らせていただいたんですが…
さらに!ブログにもどんどん載せていいよ、という信じられんコトバが!!
(もちろん、許可してもらった場所、人物だけ撮ってます^^)



お邪魔したのは上吉田保存会さん。
出番前、衣裳が楽屋に到着し、これから準備に入ります。
衣裳箱を開けると、色鮮やかな衣裳がギッシリ…重そう^^;



1449449278451_convert_20151213234537.jpg

上吉田さんのこの日の演目は「国受」
5人の舞手さん分の衣裳だけでもかなりの量です。
これが大蛇や大江山あたりになると、搬送も大変なんだろうなーと想像できますね(^_^;)



1449449308424_convert_20151213234805.jpg

出るわ出るわ! 衣裳!小物!

左の、一瞬カミツキガメの甲羅に見えるのは力比べの石です
(紛らわしいトリミングするなwツナ缶 ^^;)

セットする間に、O氏に誘われて行ったのがなんと!舞台袖!

(ええんですか?ホンマにええんですか??)
と、内心ビビり倒している小心ツナ缶をヨソに、「写真、いいですよ^^」の一言!



マジですか!!ありがとうございます(T∇T)



1449449400565.jpg

一枚だけ・・・(≧∇≦)ウヒャー

両側の舞台袖からは、舞台スタッフや他の社中員さんが見守っていました。
↑おそらく、舞台スタッフの大方も各社中員さんだと思うんですが…

見えにくいと思いますが、向こう側でもかなりの人が、舞台を見ております。



1449449370178.jpg


その舞台がハネたばかりの、酒呑童子さんです(久城社中さん)

お疲れ様でした!

このあと、頼光、綱、金時のお三人のスリーショットも撮らせていただいたっていうのに!



ツナ缶、焦ってブレてしまいました・・・痛恨です・゚・(つД`)・゚・


ご協力ありがとうございました<(_ _)>

また奉納観に行きますね!!



楽屋に戻ると着々と着付けが始まっておりました。



1449449432705.jpg

白衣裳は建御雷(たけみかづち)さん


1449449484629.jpg

ガッソを入念に。建御名方(たけみなかた)さん
大国主の次男坊、力持ちの負けず嫌いさんです^^




1449449497006_convert_20151213235028.jpg

みなさんがあちこち手伝いながら着付けを。


1449449505817.jpg

完成~~~\(^o^)/

カッコいいですわぁあ~~!!!




いよいよ舞台袖へ移動。
着付けが進むにつれて気持ちが出来上がっていくんでしょうか、
支度し終わるころにはグッと空気が変わっているような…

楽屋を出る前に、チーム上吉田、全員で気合いを入れます。


このあとまた舞台袖から観させていただきまして。
こういうホールの神楽の空気をすぐそばで感じることが出来ました。
幕が上がる前にフッと緊張をほぐす笑いのエピソードがあったりして、
それもリアルですね(^^)



一発勝負の舞台直前の、
「いっちょ やってやるか!」っていう感じ。いいな



Oさん、ホントにありがとうございました^^

上吉田のみなさん、お疲れ様でした^^

出演されたみなさん、素敵でした^^


ああ、これでまた…来年も移動範囲が広がってしまったようです(笑)


大歳神社新嘗祭 後半

ええ、間髪入れません。大歳神社、続きますよ~~\(^o^)/



続いては客舞です。
田尾組さんによる「八幡」




田尾組神楽団 八幡1

(奥の演目が塵倫になっているのは単なるめくり忘れでございます^^;)


田尾組神楽団 八幡2

第六天大魔王 登場!

なんかライブハウスのパフォーマンスのようでカッコいいですな~




田尾組神楽団 八幡5


田尾組神楽団 八幡4

田尾組さんは以前十羅を何回か拝見してまして。
彦羽根の暴れっぷり、やられっぷりにガツンとやられた記憶があるんですが…(笑)
来年の小祭り(順番で行けば田尾組さん担当)で、



ぜひとも観たいなぁ~~~(∩・∀・)∩


と思っております(笑)


さて、この客舞が終わった時点で夜中3時過ぎ。
そろそろ睡魔が忍び寄る頃です。
「次は恵比須かあ、ちょっとトイレへ行っておこう」と席を立ったツナ缶。
トイレは控室の奥にあるので、団員さん達が支度をしてる中を通っていくカタチになります。


途中で大量のお菓子と、
 大量のみかん を目撃!!


実は事前に地元の方から、恵比須ではみかんがまかれるという情報を掴んでいた私…
直前まで半信半疑、どんなものか予想できていなかったのですが。



おおお~~!これかぁあ~~~~(゜∀゜)

と、思わず身の引き締まる思い(゜-゜;)ゴクリ



しかし本番のそれは、その予想をも上回るモノだったのです…






長尾組神楽団 マンガ


まさに、撒く、というより 


降ってくると言った方が近い(笑)



よし…来年の課題は、みかんをいかに無傷でキャッチするか、だな。
あ、もちろんマナーを守っていくぜっっ\(^o^)/オウッ


※ と、ツナ缶がイキオイで書いちまいましたが…。
このみかん撒きって、毎年必ずやってるのか、本祭り小祭りどっちでやってるのか、長尾組さん専売なのか、
このへん一切確認しておりませんです(^_^;)
要確認事項です(笑)




この、午前3時の予想外の恵比須で目が覚めると 次は「天神」です。




長尾組神楽団 天神1


長尾組神楽団 天神2


長尾組神楽団 天神3


長尾組神楽団 天神4




「鬼返し」


長尾組神楽団 鬼返し7



長尾組神楽団 鬼返し8


長尾組神楽団 鬼返し9


戦いののち、鬼は負けて、魔力のある鬼棒を差し出しますが、
武御雷命はそれを受け取らず、「鬼を返す」のでした^^

この時、冒頭鬼の口上で、ヨーロッパ、とか、アジア?とかの単語が出てきました。
少しボーッとした頭で、「え?えっ?」と思わず鬼を見てしまいましたが(笑)

そういえば、益田方面(匹見だったかな?)の鬼返しの中でもなぜかヨーロッパとかいう
単語があるらしいと、誰かに聞いたような、何かで読んだような??

後日、この鬼さんご本人とお話した時に聞いてみたんですが



「そうそう、なんでだか、あるんですよね~~笑」


ということでした。


不思議ですね~っ!昔、最初に台本書いた方に聞いてみたい気がします^^;
もしわざと入れたとしたら…



私と気が合うかもしれない(笑)


あれ?でも、夏の芸北神楽発表大会で長尾組さんの「鬼返し」見たはずなのに。
なんか引っかかってないなぁ(聞き飛ばしたかな??)



さて、そろそろ大詰めです  「鍾馗」  この辺で午前5時


長尾組神楽団 鍾馗1


長尾組神楽団 鍾馗4


長尾組神楽団 鍾馗5



長尾組神楽団 鍾馗6


長尾組神楽団 鍾馗7


ラスト 「八岐大蛇」


長尾組神楽団 八岐大蛇1


長尾組神楽団 八岐大蛇2


長尾組神楽団 八岐大蛇3

大蛇だって太鼓乗りたいっ\(^o^)/


長尾組神楽団 八岐大蛇4


お疲れ様でした~!

結局大蛇の舞終わりが午前6時を過ぎておりました。

いやいや、この達成感(笑)

もちろん団員さんはやりあげた感でいっぱいでしょう^^



明るくなった道をひたすら広島市内に向けて。
途中仮眠をとりつつ帰宅。

実はこの日午後から湯来ロッジで下河内さんの公演があり、神楽友達と

「じゃあ一眠りしてまた午後に会おうね~~」などと言ってたんですが…



お見事に寝坊しました。


しかし初の八幡の大歳神社は楽しかったです^^
いい舞を次から次へと見せていただきました 


また来年、キャッチしに行きます!



大歳神社新嘗祭 前半

はい、秋の奉納続きます~~^^

11月に入ると奉納の後半戦ですね。

まずは八幡の大歳神社の新嘗祭に行ってきました。
こちらでは、長尾組さんと田尾組さんが毎年、10月の本祭りと11月の小祭りを交代で担当
されているそうで、今年の小祭り担当は長尾組さん。客演で田尾組さんが1演目舞われました^^

大歳神社新嘗祭  2015/11/07

長尾組神楽団     「奉幣」「塩祓」「尊神」「四神」「八幡」「岩戸」「塵倫」「八幡」(客舞 田尾組神楽団)
              「恵比須」「天神」「鬼返し」「鍾馗」「八岐大蛇」



夜明け舞、ってことで、夜10時から明けのだいたい5時くらいまで 




体力勝負です・・・


全部で13演目、当然前後編に分けてお写真載っけますね・・・^^;




まずはこの日、昼間から開催されていた大朝競演にも行き、お目当ての演目を観た
その足で八幡へGO!

しかしここで不運に見舞われたツナ缶…!!
ずっと愛用していた猫風神の手ぬぐいを紛失・゚・(つД`)・゚・
かなり凹んだまま、大荒れの浜田道から戸河内、そして芸北へ。

191は強風で落ち葉の嵐~~凹む~~(笑)(泣)




1449539916660.jpg

↑ その後アマゾンで取り寄せた二代目猫風神です。
   もう離さないぜ!!

八幡に着く頃には風雨は落ち着き、神楽モード復活です 
 ←切り替え早いっす


到着するとすでに中では神事が行われていて、ちょっと入りづらい雰囲気…(^_^;)
地元の方数人とタイミングを計りつつ、「奉幣」「潮祓」は戸の外から(笑)

ここで神楽友達さんとも合流し、頃合いを見て中へ。



では「尊神」から



長尾組神楽団 尊神1


長尾組神楽団 尊神2


長尾組神楽団 尊神3

この演目はほとんど知りません(^_^;)
以前加計で、津浪さんの尊神を1度だけ拝見したことがありますが…
その時もたしか最初は鬼棒、後半は扇子と御幣を持って舞われてました。
面とガッソは団によっていろいろなんですね^^




「四神」



長尾組神楽団 四神1


長尾組神楽団 四神2

う~~ん!これはきれいだった!!

観てると目が離せない、いつまでもずっと観ていられる舞ですね~゚+.(・∀・)゚+.



いやいや、舞ってる側は大変だから (笑)


「八幡」


長尾組神楽団 八幡1

重厚な衣裳です。

長尾組神楽団 八幡2


長尾組神楽団 八幡3

第六天大魔王


長尾組神楽団 八幡4

分りづらいけど、太鼓に乗ってんだよ~(^_^;)
鬼棒振り回したり、天蓋揺らしたり…



長尾組神楽団 八幡5


神だって太鼓に乗っちゃう
これを見ると、あー、ここは芸北~~って思っちゃう今日この頃です(笑)



「岩戸」



長尾組神楽団 岩戸1


天照大御神さんが、飾り烏帽子をされてました 
私は多分初めて見たなぁ…^^


長尾組神楽団 岩戸3


長尾組神楽団 岩戸4


長尾組神楽団 岩戸5

手力男さんをちゃんと撮れんかった…orz



そ!そしてっ!!

ツナ缶的に今日の最大の楽しみの塵倫~!!


(オマエはいつだってどこだって塵倫おっかけだろうが!)

いや、そんなことはないサ(´-`)フフッ
新旧 創作、好き嫌いなくいっぱい見るのが私の主義…

といいつつ やっぱり塵倫に帰ってくるのかな^^;?




長尾組神楽団 塵倫1


はぁ~~、いいねえ~~ 


長尾組神楽団 塵倫2


長尾組神楽団 塵倫3


長尾組神楽団 塵倫4


長尾組神楽団 塵倫5


ぃよぉ~~っし!!満足したぁ~~~っ(≧∇≦)


この時点で、「猫風神てぬぐい落としちゃった事件」 はすっかり忘れてます(・∀・)ハイ




すっかりご機嫌で 後半に続く

<予告> 後半では大変なことが起こるかもしれない・・・!?


ヒント 


1449544867418.jpg


 「み~か~ん~」 (´∇`)


上川戸神楽団 地祭

あ、もう12月ですねっ(笑)

今年もあと1ヶ月ですが、秋の奉納記事はまだまだ続きます(*´_ゝ`)


遡ること1ヶ月、と、ちょっと  


千代田の地祭といえば!神楽ファンを 
 毎年悩ませる 1日ではないでしょうか^^

なんせ、同じ日に同じ時刻に一斉にスタートという、なんかもう地区挙げての文字通りお祭り騒ぎ。
私も仕事に追われる傍ら、どこに行こうか!ハシゴはするかしないか!!



ソワソワしっぱなしでした(゚∀゚≡゚∀゚)


初めは芸北方面に行こうと、駐車場の問い合わせなんかをしてたんですが
その週の水曜神楽、地祭の3日前という見事なタイミングで上川戸さんの塵輪を1年ぶりくらいに観てしまい(笑)
しかも幕間で団長さんから地祭の案内もあり(笑)(笑)

で、終演後団員さんに時間と場所を確認して…




行~き~ま~し~た~ (・∀・)



上川戸神楽団  2015/10/24
「岩戸」「戻り橋」「悪狐伝」「塵輪」「八岐大蛇」

※岩戸の前に儀式舞があったんですが途中参戦でした~^^;
あと、演目名は、細かいところが正確でないかもしれません


上川戸神楽団 幕

集会所に入って目に飛び込んだのが、この染め幕です
これはすごいなあ。


帳場で御花を渡し住所を書いてると、お世話係の方が
「今日は誰か知り合いの団員を見に?」と、笑顔で聞いてこられたので
「定期公演を見て…また見たいと思いまして(^_^;)エヘヘ」と正直に答えときました(笑)

すると、また来年も虫送りの時に神楽観にいらっしゃい、とか、
いい写真撮れましたか?とか、何くれとなく声をかけてくださり、うれしかったですね^^
ヒョイっと寄っても受け入れてくれる感じがホンマに温かいなぁ、と。

まずは岩戸




上川戸神楽団 岩戸8

こちらの照明が素敵です


上川戸神楽団 岩戸9


上川戸神楽団 岩戸10

天鈿女命の、あの特徴ある舞もしっかり見れた~


上川戸神楽団 岩戸11



「戻り橋」


上川戸神楽団 戻り橋1



上川戸神楽団 戻り橋2

この善兵衛さんのトークがまたおもしろいww



上川戸神楽団 戻り橋3

善兵衛さん固まる(゜∇゜)!!


上川戸神楽団 戻り橋4





「悪狐伝」



上川戸神楽団 悪孤伝1

息の合った珍斉さんと玉藻前さんのコント(・∀・)


上川戸神楽団 悪孤伝2

上川戸さんの悪孤では、珍斉、玉藻前、狐あたりのじゃれ合いは比較的短いようです。
どちらかというと三浦之介上総之介の舞がけっこうな割合を占めてました。

そしてその神を舞われたのが、2人とも高校生の女の子!
なんと!この日がデビューという. ゚+.(・∀・)゚+.




上川戸神楽団 悪孤伝3

↑ キツネが! なんか可愛いかったぁ~(≧∇≦)


そして…「塵輪」!!


イッキ載せだぜ!!

上川戸神楽団 塵倫8

上川戸神楽団 塵倫9


上川戸神楽団 塵倫11


上川戸神楽団 塵倫12


上川戸神楽団 塵倫13


上川戸神楽団 塵倫14


やっぱり鬼かっこええ!!
ズッシリした迫力っていうのかなぁ^^

そして神の足の運び。
ひらっと跳んで、猫のように着地する感じなんです♪
↑ もちろん主観イメージです(笑)



ああ満足したわぁー(´∀`*)



そしてラストの「八岐大蛇」


上川戸神楽団 八岐大蛇1

この2頭、かわいくないですか?
特に右の子の顔がマンガみたいで好きなんですよねー(笑)



上川戸神楽団 八岐大蛇2

会場狭しと逃げ回るじいとばあ!追いかける大蛇!
ギリギリまで迫って お客さんも巻き込む舞手さん達!
お祭りの醍醐味ですね^^



上川戸神楽団 八岐大蛇3

上川戸さんの大蛇のフォーメーションは素早い感じです。
サッササッサと形を決めていって、移動の動きが早かったなぁ。
合間合間に客席にいる友達を威嚇(笑)してました(≧∇≦)



上川戸神楽団 八岐大蛇4


上川戸神楽団 八岐大蛇5


いや、楽しかったです^^
お疲れ様でした。


しかし上川戸さんのこの日の天蓋はとてもきれいでしたね。
五色の天蓋と白熱灯、それを明るい青の幕で覆うと、なんとも言えない
あたたかい青が生まれていました。

一定の狭い空間で、舞う側も観る側もひとつの世界を共有できる
不思議な場所だなぁ、と しみじみ(´-`)





上川戸神楽団 塵輪15
                                                


  「塵輪」




プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。