丸茂八幡神社 例大祭(三谷神楽社中)

1447607118007.jpg


はい、イカです(笑)



正確にはイカの天ぷら画像
お造りももちろんあります!
柔らかくって美味かったぁ~~

上吉田さんを観て益田に泊まった翌日は、ゆっくり出発して須佐へ。
日本海を見てイカを食って帰る!今日のミッションです( ̄^ ̄)ゞ
目指すお店は「梅乃葉」さん。
須佐駅近く、と場所は大体把握してたんですがうっかり見落として
駅の人に聞いたらホントに目の前だったよ(笑)



んで、近くのホルンフェルス断層という景勝地まで。



1447607173075.jpg




天気も良く、ホントにゆっくり海を見た、そんな1日でした。


夜は 益田の奉納第3弾!
丸茂八幡神社で三谷神楽社中さんです!!

夕べ出会ったPさんも途中合流の予定^^

前日、確認のため立ち寄った際に氏子さんから、「神楽奉納の前にも神事の時に舞が見れるよ~」と
おススメが.゚+.(・∀・)゚+.
聞いていた時間(夕方頃)に行って境内からボ~ッと拝見してたら(←うわもう、絶対あやしいオバサン^^;)
拝殿で舞が始まりました。たしか「ごてん舞」、っておっしゃってたかな?漢字は分らない(゜-゜;)御殿、かなぁ?
距離があったんでちょっと見づらかったですが、厳粛な雰囲気です。

その舞の後、どうやら玉串が奉納されるようです。
すると 拝殿内から昨日のオジサマが手招きされるので近づいてみると、
「よかったら玉串奉納していってください^^」と笑顔でおっしゃるΣ(゚д゚|||)エエエ

この地になんのゆかりもなく、広島から神楽観に来ただけのオバサンですが
及ばずながら私なりに気持ちを込めて奉納させていただきました<(_ _)>
一瞬あたま真っ白で手順なんか忘れたです(笑)
けど教えていただいてなんとか、地元の方に続いて奉納…^^; ありがとうございました。


夜に入り神楽奉納。今度は向かい側の舞殿で舞われます。

「塩祓」



三谷神楽社中 塩祓1

三谷神楽社中 塩祓2


「八幡」


三谷神楽社中 八幡1

いきなりカッコいいな^^

しかしちょっと電話とメールでほとんど写真撮れず(笑)
鬼を撮りたかったんだが…また次回^^;


そして「岩戸」

去年廿日市の泥落とし(塵倫大会)で、初めて三谷社中さんを観たのが塵輪とこの岩戸でした。



三谷神楽社中 岩戸5

天照大御神


三谷神楽社中 岩戸6

宇津女命


三谷神楽社中 岩戸7

そして手力男!


三谷神楽社中 岩戸8

あくまでイメージなんですが  …とお断りした上で(笑)

今まで見慣れていた広島の?天岩戸は、どちらかというと落ち着いた演目という印象でした。
新舞のスピード感ある舞の中で天岩戸を見てきたからかなぁ?
(モチロンしみじみと児屋根さんたちの口上を味わうのも好きです^^)
今回益田の岩戸を2団体続けて観た限りの感想では、手力男さんの舞がかなり激しいですね~^^;

岩戸の演目ってこんなに激しかったっけ?
こんなにドキドキするっけ? と、そんな印象を持ったですよ。

あ!たぶん楽の盛り上げもいいんだろうな。




三谷神楽社中 岩戸9



ここで「恵比須」

三谷神楽社中 恵比須1


「天神」

三谷神楽社中 天神1


くっそ!コレだよ! 随身キタよ~(´∇`)  



三谷神楽社中 天神2


三谷神楽社中 天神3


道真と随身 VS 時平の戦いです。


三谷神楽社中 天神4



「鈴鹿山」

これはショーゲキ!っていうか、初めて観たパターンの鈴鹿山でした!!



三谷神楽社中 鈴鹿山1

まずは坂上田村麻呂、鈴鹿山へ鬼退治



三谷神楽社中 鈴鹿山3


↑ コレです!!衝撃的な鈴鹿山の鬼(≧∇≦)


大口開けた男の鬼面じゃあないんだぁあ~~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

4人の鬼がわらわらわらと出てきて、鬼棒ブン回して威嚇するったらない(笑)
途中で客席乱入して、ちょうど大学のゼミかなんかで学生さんのグループが来てたんですが
脅して回ってました~(^_^;)
楽しそうで何より!神楽はそうでなくっちゃ(笑)

あーなんか、4人体制の鬼とか、シバキ上げそうな勢いで鬼棒振ってるとことか、
「三上山」(佐野社中さん)のムカデさんを彷彿とさせますな(笑)



ボス・・・ 
  \私もいますよっっ!!/
三谷神楽社中 鈴鹿山4


三谷神楽社中 鈴鹿山5

そして田村麻呂は鬼をバッサバッサとやっつけて行きます。

残るはボスひとり!!



三谷神楽社中 鈴鹿山6

ここからが不意打ちの、衝撃第二波!!


田村麻呂、全力で鬼退治をするんですが、全力過ぎて…



三谷神楽社中 鈴鹿山7



リアルに息の根を止めに行きます((((;゚Д゚)))))))!!

三谷神楽社中 鈴鹿山8

もうね、息をのむったらないよ(゜-゜;)!
手に汗握る鬼退治だよ(゜-゜;;)!!

これはぜひライブおすすめ~~(´∇`)




「鍾馗」


三谷神楽社中 鍾馗1

…ちょっと暗めになっちまいました^^;


三谷神楽社中 鍾馗2


三谷神楽社中 鍾馗3


三谷神楽社中 鍾馗4


ラスト「大蛇」


三谷神楽社中 大蛇1

なんか、冒頭神様に向かって祈願?するシーンがありました。
これもツナ缶初めて見ましたね~




三谷神楽社中 大蛇2

三谷神楽社中 大蛇3

ツナ缶の持久力の問題で、クライマックスのシーンがあまり撮れていない(´・_・`)
長時間の鑑賞では 集中力のペース配分(←集中力のペース配分ってのもヘンな言葉w)が
難しいのう・・・^^;



三谷神楽社中 大蛇4

みなさんお疲れ様でした!
カッコよかったです^^



さて、3回連続の益田の奉納シリーズにお付き合いいただいてありがとうございました。

ブログ書いてる現時点(11月20日)はすでに奉納シーズンを終えてイベントに移行
してるところでしょうが、まあブログは1ヶ月近くのタイムラグなんで 笑


広島で衝撃の出逢い、浜田でキリキリ舞いをして(笑)、益田でまたまた発見をして…。
この3年でこれだけ見たんだから、そこそこ落ち着こうや、と




そんな思いはいっさい無く!


興味は深く静かに広がるばかりです。
神楽って終着点がないんだな、と今さら思います。
終着点が無いから、伝統文化なんだろうな、と思ったり。




恐るべし、中国地方!


そんな結論(笑)


スポンサーサイト

水分神社例大祭 (上吉田保存会) 

2015秋!
益田の奉納神楽、ガンガン見るぞ!お一人ツアー 第2弾


水分神社 例大祭  2015/10/02

上吉田保存会  「潮祓」「岩戸」「八幡」「国受け」「恵比須」「大蛇」





この週末は益田にどっぷり浸かってやる!!


という意気込みのもと、2日(金)の上吉田さん、3日(土)の三谷社中さんを予定してたんですが、
三谷社中さん予定の丸茂八幡神社がどうにも見つからない…
(後に私の、神社名の勘違いだと判明したです 益田初心者・・・笑)

2日午後、益田へ行く191の道中に神社を確認して、間違ってたり見つからなかったら
水分奉納のあと、スゴスゴ帰ろうかな~と思ってましたが…



思いっきりR191沿いに 立派な神社がありましたわww

氏子の方々が明日の準備をされてたので、お忙しい中、明日の確認を。
いろいろ教えて下さり、一安心。

これで金土と神楽を観れることになり、運転しながら2日間の予定を 
 うへへ 
考えとりました^^

飛び込みで益田駅横のホテルに宿を取りました。
今夜の神楽を観た後はもう泊まり、明日夜の美都の丸茂八幡さんの神楽開始まで、須佐にでも行ってみようかと。

まだ明るかったんでホテルの自転車で水分さんの場所を確認に。
またまた準備中の氏子さんに遭遇(・∀・)!
時間を確認すると、「神楽の前に芋煮もあるからね~」というオコトバが!!



絶 対 う か が い ま す !!


さて、日も暮れて水分神社

拝殿では神事が行われてましたので、いつものようにしずか~~~に参拝

神楽を待っていると地元の方から芋煮の振る舞いが!
冷えてくる時間だったのでありがたかったですね^^
ほんとに美味しかったです。ご馳走様でした(´∇`)ウマ~

そしていよいよ神楽です
まずは「潮祓」から



上吉田保存会 塩祓1


上吉田保存会 塩祓2


上吉田保存会 塩祓3



「岩戸」

上吉田保存会 岩戸1

天照大御神が岩戸に隠れて世は常闇…


上吉田保存会 岩戸2

児屋根命と太玉命が登場し、この事態をどうしようかと…


上吉田保存会 岩戸3

宇津女命も舞いますよ


上吉田保存会 岩戸4


そして手力男

こちらの手力男さん!エライ舞っぷりですΣ(゜Д゜)
キレッキレで目を奪われちまいました!

…はい、カメラ追いつけずー。
静止したとこのお写真を(笑)



上吉田保存会 岩戸5

スピードのある舞い、ピタッと止まって印象付け。観客を惹きつける要素を持った手力男さんでした。
う~む、思わずうなりましたね~(゜-゜;)スゲーナ


「八幡」


上吉田保存会 八幡1


上吉田保存会 八幡2 


上吉田保存会 八幡3

八幡麻呂 対 第六天魔王のタイマン勝負!
(今どきタイマンなんて言うんかな…書いてちょっと照れる 笑)

たしか舞手さんは学生さんで、遠くから練習に通って来てるとか。
この夜お披露目だったそうです^^
広島でも、学生さんに限らず団の拠点まで時間かけて練習に通ってる方がけっこういらっしゃって。
でも好きなことのためには、きっと通っちゃうんだろうな~^^
全っ然 苦にならずにね(笑)




よし!折り返しです!「国受け」

初めて拝見する演目ですが、「鹿島」「国譲り」と同じ内容なんですね。
よしっ 西村さんの「鹿島」を一度拝見してるんで、ストーリーはなんとか頭に入ってるぞ…(^.^;)


上吉田保存会 国受け1

武甕槌命に続いて経津主命登場!

あ、この辺で役名(漢字)とかドキドキしてきました(゜∩゜;)
間違ってたらビシッと言っちゃってください(笑)


この二人が、国つ神の大国主命に対して国を譲れと談判

大国主命は二人の息子の判断にゆだね、長男 事代主命は承諾し、次男 建御名方命は突っぱねる、と。
一般家庭にもありがちか(゜-゜;)?



上吉田保存会 国受け2

このヒトが負けん気の次男坊、建御名方命!


↑ 見るからに負けず嫌いです!



いちおう神様ですが、面とガッソと照明の妙で賊のような迫力Σ(゜∇゜)
神様がいっぱい出てくるんで、その差別化を図ると力持ちの神様は相対的にこうなるのでしょうかね。
脚本の基本、人物の性格(キャラクター)付けと演出、神楽も参考になるです




上吉田保存会 国受け3

稲佐の浜で力比べして決着つけよーぜ!
ってことで。



上吉田保存会 国受け4

上吉田保存会 国受け5

上吉田保存会 国受け6

ううっ いちいちポーズがカッコいい(´Д`;)!


結局 建御名方命は負けちゃって、降参して国を譲リます。

このエピソード、現実的に考えると大国主さんファミリーには理不尽な事件ではありますねぇ^^;
強大国に脅される弱小国の様相を呈しておりますが、しかし穏健派で交渉上手?な大国主は
交換条件としてでっかい別荘(出雲大社)を建てさせたのでした(笑)

日本神話、一度しっかり読んでみたいなぁ
いつもつまみ食い読みなんで(途中でくじけるんだよ…)、意外に知らないことって多い。


「恵比須」はなんかずっと見てました~^^;
撮るの忘れてた~(笑)



上吉田保存会 恵比須

最後のにこやかな恵比須さんを一枚!!
面を取った後ですが…恵比須さんですよぉ~~~ヽ(´∀`)ノ

ラスト「大蛇」!



上吉田保存会 大蛇1


上吉田保存会 大蛇2


上吉田保存会 大蛇3


お疲れ様でした!!
舞台後ご挨拶に伺うと片付けのさ中 丁寧に対応してくださいまして。
ありがとうございました。


あ!奉納途中でまたまたPさんに遭遇!!

どんだけ神楽好きやねーん (´∇`)つパシッ

今日は益田泊で須佐に足を延ばそうかと思ってる、という話をすると、美味いイカの店の話に(笑)
別の神楽友達KちゃんもFBにその店らしき画像をUPしてたし。
ええ、私の心は決まったですよ。



<予告>次回はイカ画像から始まります


櫛代賀姫神社 例大祭 (久城社中) 後半

さっそく久城社中さんの後半です。
トントンと行きますよ~^^


鍾馗に続くは天神!



石見神楽保存会久城社中 天神1


随身が迎えるように、道真が登場します。


石見神楽保存会久城社中 天神2

いいですねぇ(´∇`)ハァ~


お面の大きさが、遠近法を上回っているような錯覚を起こしています^^;
さすがはちりとり面です(笑)

私が座っていたのがけっこう舞台に近い場所で、さらに方向もドンピシャで。
高麻呂(塵輪)や随身(天神)が膝をついてグッとこちらを見据えるシーンが多かったのですが…。
面が大きい分メチャクチャ迫力があったですよ~~



石見神楽保存会 久城社中 天神6


こんなカンジ!!

コワいけどカッコいいよぅ~っ(≧∇≦)



石見神楽保存会久城社中 天神3

道真を陥れたライバル、時平登場!

戦いが始まります。



石見神楽保存会久城社中 天神4

※ 時平さんの面が途中で変わってたΣ(゜Д゜)
  でもやっぱりデカかった^^;


道真が幕から現れ、ここで加勢。




石見神楽保存会久城社中 天神5

戦いに挑む主従!(肩ナメのバックショット)


…いや、その、何となくこういうショットが好きだったので撮ってみました^^;


次は大江山



石見神楽保存会久城社中 大江山1

大天狗から例のブツ(人便鬼毒酒)を受け取って、頼光たちはこれから大江山に鬼退治です。


石見神楽保存会久城社中 大江山2


酒呑童子登場!

コレって!画像でしか観たことのなかった、特徴のあるお面!!


「ナマで見れたよ~~」(゜∀゜;)ウワー


そーか、このお面って久城さんだったのね、と一人で納得するツナ缶でした。


石見神楽保存会久城社中 大江山3

酒盛りを前に、毒見をする頼光。

石見を見る時、かなりの頻度で感じることがあります。


酒を飲む仕草がクッソ上手い(゜-゜;)!!!

最初に気づいたのは佐野さんの「三上山」の神だったかなあ??
(初期に石見を見たのが佐野さんだった)
盃を持つ手の形やら、姿勢。
ゆったりと音楽のように酒を飲み下すさまが、上手いなあ~と。

その点、広島の神は割とあっさり飲んじゃいますね^^
ガバガバ飲んで見せるのはもっぱら鬼でしょうか(笑)?
いろいろ違いが発見できておもしろいです。

あ、あと、金時さんの待機してるポーズもなんかカッコいい!
画像切れてますけどね(笑)^^;


う~ん、脱線気味だな(´-`;)スンマセン




さて、安心した鬼はまんまと酒を飲み… 
 ぶっ倒れます!!



石見神楽保存会久城社中 大江山4


↑ 火サスじゃないよ(´∇`)

一緒に観ていたPさんは ここがことのほか好きなシーンだそうです^^




石見神楽保存会久城社中 大江山5


ついには酒呑童子は退治されてしまいます。



ラスト!大蛇!

一気に!


石見神楽保存会久城社中 大蛇1


石見神楽保存会久城社中 大蛇2


石見神楽保存会久城社中 大蛇3

石見神楽保存会久城社中 大蛇4



石見神楽保存会久城社中 大蛇5


お疲れ様でした~\(^o^)/



時間は夜中の3時過ぎ。星が降るような晴天でした

「お疲れ様でした」と、Pさんと別れ帰路につこうとしたんですが。
ここでちょい眠気(笑)
某コンビニの駐車場に車を止めて、少し仮眠です。
9月末ですが明け方はちょっと冷え込む季節…敷物用に持ち歩いている
フェルトの掛物を羽織ってウトウトしました。
まあ、別にしっかり眠れなくても 脳が少しばかり休めればスッキリするかなーと。


白々と明けてきた頃、益田を出発



益田 夜明け



美都辺り

益田 夜明け2



東へ東へと、登ってくる太陽を追いながら広島へ帰る道すがら。

夜通しの神社の奉納って、きっと、ハマる人はどっぷりハマるんだろうな~と、



すでにハマったオバサンが思うのでした。


櫛代賀姫神社 例大祭 (久城社中) 前半

さて、今回から数回に分けて益田の奉納が続きます。

ちょっと戻って9月19日の奉納から。




「ちょっと戻って」ってなんだよ、

いま何月だと思ってんだよ⊂(゜Д゜;)
ヲイッ



というベタツッコミ、ありがたく頂戴いたします(笑)<(_ _)>


夏頃から本格的に(←自分比で)島根県に通い始めたツナ缶、特に益田に行き始めたのが大きな収穫でありました!

いやまあ、大げさかもしれんけどね、昨年の24時間神楽が自分でもビックリの
 影響大!だったんですわ(笑)

(観てえな~観てえな~~)と、ずっとくすぶってたんでしょうね~執念深いですね~(≧∇≦)アヒャ


その第一弾は…


櫛代賀姫神社 例大祭  2015/09/19

久城社中  途中から観始めて…「塵輪」「鞨鼓・切目」「鍾馗」「天神」「大江山」「大蛇」




この日は、浜田の三宮神社で亀山社中さんの「貴船」を観る!という第一目的がありました。
しかし!なつかしの国石見の公式サイトを見ながらずっと迷っていた奉納がいっこある・・・


益田でさ、久城さんの奉納があるよね…?


誰に問うでもなく、つぶやいたツナ缶です(笑)

三宮神社が終わった後、益田に流れていらっしゃいよ~(´∇`)ノシ
って言ってる…?(幻聴だな)
待て待て、夜は浜田市内でさえおぼつかないのに ましてや益田市内の初めて行く神社て…。

そんなツナ缶の背中を、3人の神楽友達が 
 波状攻撃的に 押してくれまして(笑)


櫛代賀姫神社

無事たどり着けました!!

現地からメールで、「駐車場まだ空いてますよ~」と、最後の一押しをくれた石見神楽の生き字引、
Pさん(としておこう 笑)を探してたら、他にも神楽友達さんが!またまた心強い~~(´∀`)
ゆっくりお話しできなくてすみませんでした^^;

岩戸が終わりかけの頃でした。
次は塵輪です!やったぜ!!




石見神楽保存会久城社中 塵輪1

これ・・・これなんだよね!


高麻呂に代表される、随身ていうかナンバー2ていうか。
この役どころの出で立ちと、膝をついて低い体勢で演じる感じがカッコいい!!
これは益田独特??


あ、ブログ書いててハタと気が付いた。
益田の神楽ってそういくつも観てないので知識が無ぇえ~~~(笑)

とりあえず、石見神楽の最大公約数的な 



石見ガイド

↑ に沿って進めるけど…役名その他、間違えたらごめんなさい。指摘ください。

ええ、配役表が無いと弱いんです(笑)



石見神楽保存会久城社中 塵輪2

鬼でたー!!

衣裳がたまらんですなぁ~~(∩∀`)ウットリ
衣裳もたまらんですが、舞人さんのこの姿勢なんだよなー

一通り舞台上で威張ったら、客席へ飛び降りて今度はお客さんを脅して回りました。
鬼は人間を脅してナンボですね~(≧∇≦)



石見神楽保存会久城社中 塵輪3

「じゃあそろそろシメますか!」


石見神楽保存会久城社中 塵輪4

激しい戦いの後、帯中津日子、高麻呂ともに面を取り、勝利の舞で終わります^^


次は「鞨鼓・切目」



石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目1


うう~~ん、コレはまずい!
コレ、ほとんど見たことないのよね(笑)
大会で鞨鼓は一度観たけど、切目なんて初めてだよ(´ω`;)
鞨鼓は広島ではほとんど見なくて、たしか雄鹿原上組さんが持ってたかな??
加計神楽?で見たような~~(うろw)



石見神楽公式サイトさんの助けも借りちゃう^^;

切目王子に仕える神禰宜(かんねぎ)さんが、高天原から降りてきた太鼓の置き場所を
散々やり直してやっとこさ決まる、っちゅうお話です。
「どちらに置こうかな、神様の言うとおり」ですな。

あ、この辺で日付変わります^^;


以前石州祭で見た時は舞に注目しちゃって、口上なんてもう耳から入って通り抜けちまいましたよ

でも今回は一箇所だけしっかり聞き取れたかも!?

「高き、低き」 「明き、暗き」 
   ←多分(笑)

神禰宜さんの苦悩が推し量られますね^^


石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目2

演目については詳しくないんですが、神禰宜さんの舞はきれいだったな~~

石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目3

何気ない所作が無理なく形になっている、というか。

石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目4

こちらは切目王子
王子らしい、高貴な雰囲気のシュッとしたお面です^^


石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目5

この太鼓のばち(ですよね?)で、見事太鼓を叩いてめでたしめでたし、というお話でした。


石見神楽保存会久城社中 鞨鼓・切目6



「鍾馗」

石見神楽保存会久城社中 鍾馗1


石見神楽保存会久城社中 鍾馗2

こちら疫神

出だしは広島の疫神と同じカンジで、幕の下からズリズリと出てきます。

広島だとその後も幕を使って姿を隠したり現したり…
神楽団によってはかわいい雰囲気もある疫神ですが



石見神楽保存会久城社中 鍾馗3

こちらの疫神はなかなかのハードっぷりでした!

鍾馗、疫神がハードなら、舞台演出もハード!っていうか、派手!
2人の戦いをあおるように仕掛け花火が発火(゜∀゜;)スゲー
お客大喜びでした!!特にお初のワタクシ(笑)



石見神楽保存会久城社中 鍾馗4

見応え十分の鍾馗さんでした~^^

あとの3演目は後半へ続く


備北丘陵公園(郷之崎神楽団)

私にとっては今年初めての郷之崎さん!!

待~ち~ま~し~た~(笑)



備北丘陵公園    2015/09/27  

郷之崎神楽団   「潮祓」「三浦」「塵倫」「八幡」「恵比須」「八岐大蛇」



備北丘陵公園(庄原)は初めて行きましたが…

広島市の沿岸部からだと…
 そこそこ遠い

広い敷地にはいろんな施設がありまして。
神楽殿のある付近は昔ながらの日本の山里を再現していて、なかなかいい感じです。


さて神楽


まずは潮祓で舞台を祓い清めます。



郷之崎神楽団 潮祓1


続いて三浦

演目名通り、三浦之介・上総之介による悪狐退治のお話ですね~


郷之崎神楽団 三浦1


去年 県民文化センターでも舞われました。
撮影したのに間に合わずお蔵入りになっとるなー
いつかお蔵出しせにゃ…(^_^;)ゞ



郷之崎神楽団 三浦2

↑ ここんちの狐さん、いい顔してるんだよなぁ~


郷之崎神楽団 三浦3

働き者でもあります!
炎天下(9月末なのにw)、お菓子を配って回るモフさんでした~^^



そして次は塵倫!!
待ってました\(^o^)/!!




郷之崎神楽団 塵倫12

あああ、この日はピーカンのお天気で、(ピーカンって死語かもしれんな 笑)
野外の客席は照り照りなのですが、相対的に舞台は少し暗めになりました。
ご容赦ください(-ω-;)




郷之崎神楽団 塵倫13

いやーーっ たまらん!
塵倫さん!おひさしぶり~~(∩∀`)ノシ 




郷之崎神楽団 塵倫14

はい!背中~~~

ああもう、この背中だけでご飯三杯はイケる(笑)



郷之崎神楽団 塵倫15


この手の付け方とか、ガッソの振り方(頭の切り方)
ザ・郷之崎!でしょうかね^^



郷之崎神楽団 塵倫16

郷之崎神楽団 塵倫17


そして相変わらずの神コンビ!!
動きがキレッキレです^^


ここでお昼を挟みます。
あまりの暑さにノンアルコールを流し込みました^^;
…やれん…




午後イチは八幡!

事前情報で、
 異色の門丸デビュー という情報を掴んでおりまして。

この日、彼のやる気と緊張は 
 MAX を迎えていたとかいないとか…(゜-゜;)


郷之崎神楽団 八幡1


実を言うと、勝手に、オカンの如くドキドキしていたツナ缶でしたが(笑)
奏楽さんのメンバー紹介、をするフリで、いじり倒す余裕の門丸氏でした(^_^;)

↑ 特に念入りにいじられた笛吹きさんです~(´∇`)




郷之崎神楽団 八幡2

第六天魔王、登場!!


郷之崎神楽団 八幡4

どーだ!コワイだろー\(゜ロ\) シャーッ



郷之崎神楽団 八幡3

あおいでくれるオバちゃんには弱い…(´ω`) アリガトウ



このあと八幡さま、門丸、魔王の3人でドタバタと戦いまして、
ついには門丸が勝負を決しました!!




郷之崎神楽団 八幡5


マ ス ク 狩 り (´∇`)

↑ 犯行の瞬間を捉えた写真です^^

八幡さん、素で笑っておられる(笑)!!
ええお顔ですなぁ~私のツボです(≧∇≦)


※ なお、魔王はこの仕返し 返礼を画策しているもよう。




う~ん、塵倫と八幡に盛り上がってしまいましたが、恵比須でも楽しい写真が撮れました!

お目当ての鯛じゃなく人間が釣れて…



郷之崎神楽団 恵比寿1

恵比須 「ちがーう!」 (アフレコ 笑) 

↑ ツナ缶的にはこの日のベストショットです\(^o^)/





そしてシメはご存じ!八岐大蛇です!



郷之崎神楽団 八岐大蛇1


お疲れ様でした~~!



どうしよう、

神楽ってすっげぇ・・・ たのしいよぉ~~・゚・(つД`)・゚・ ウワ~ン  ←おいw


山崎八幡神社奉納(羽佐竹神楽団)


気が付くと11月…ウソでしょ?

今年は本格的に各地の奉納に出かけるようになり、その分 記事の遅れ具合もハンパないです(笑)




でも、書くけどなっ(≧∇≦)!! 


山崎八幡神社   2015/09/22

羽佐竹神楽団  「神降し」「八幡」「悪狐伝」「鈴鹿山」「八岐大蛇」



というワケで前記事のワイナリー(穴笠さん)の夜、湯治村でゆっくり温泉に浸かった後
羽佐竹さんの本拠地の、山崎八幡神社へ向かいました。
高宮方面も もう何度も走ってるけど、昼間と違って夜は心もとない…^^;
神社の大体の位置は分かっていても、やっぱり初めて行くところはドキドキですね~(笑)


羽佐竹さんは広島市内で上演されることが多く、私もかなり早い段階で拝見した団体さんです。
初見は旧日銀だったかなぁ?そして本川小、空鞘神社、榎町(今年は無かったかも?)と
ずっと市内で観まくってたんですが、羽佐竹までお邪魔するのは初めてでした^^




羽佐竹神楽団 神降ろし2

神降し\(^o^)/

…が終わるとさっそく「八幡」です



羽佐竹神楽団 八幡1

チャリ二人体勢で、いきなりトップスピードでかましてくれました(゜∀゜)

↑ 今年至る所で見たランニングマン!



羽佐竹神楽団 八幡2


おなじみ、カッコいい誉田別命とご愛嬌門丸のコンビネーション(笑)


羽佐竹神楽団 八幡3

写真全部のっけられなかったんですが、取っ組み合いなど、いろいろわらかしてくれましたよ^^


続いて「悪狐伝 中編」


羽佐竹神楽団 悪孤伝6

↑ 右手~~(笑) 

もう出来上がってる(笑)??




やはり地元では、より、のびのび舞われるようですね~~(´∇`)


羽佐竹神楽団 悪孤伝7


羽佐竹神楽団 悪孤伝8


羽佐竹神楽団 悪孤伝9

信心深い狐だぁ(・∀・)


羽佐竹神楽団 悪孤伝10

格闘、乱入で楽しい悪狐。
撮りながら大笑いだったんですが、神の舞はじっくり観ました!

羽佐竹さんの舞はホント、毎回目を奪われます。
特に派手な大立ち回りというワケではないのに、目がね、追ってしまうんですよ^^
回転とか足の運びとか…きれいです


「鈴鹿山」



羽佐竹神楽団 鈴鹿山6


羽佐竹神楽団 鈴鹿山7

この「神2 VS 鬼1」 の舞は羽佐竹さんの真骨頂でしょうか。

田村麻呂と夜叉丸の息の合い具合!+ 鬼神!

この辺は何度でも観たいパートですね



羽佐竹神楽団 鈴鹿山8



「八岐大蛇」


羽佐竹神楽団 八岐大蛇20

大蛇のフォーメーションの安定感はハンパないです!

しかしさることながら、私がいつもいつもいつも思うのが…



羽佐竹神楽団 八岐大蛇21


素戔嗚さんの痛快豪快なやっつけっぷり スゲーΣ(゜Д゜)

羽佐竹神楽団 八岐大蛇22


羽佐竹神楽団 八岐大蛇23



ツナ缶は個人的に、 「羽佐竹のランボー」 と心で呼ばせてもらっております



いやもう、気持ちがいいのですよ!
奉納のトリでこれを観たら、夜はぐっすり眠れるぞっ!っていうね(笑)


羽佐竹さんは市内の小学校で神楽を教えておられて、この日はその親子さんも来られてたようでした。
未来の神楽人たちが楽しみ^^


ブログやFacebookでずっと交流のある団員さんとも初顔合わせできて、うれしい1日でした~(´∇`)



プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR