湯来町神楽共演大会

先日、道の駅舞ロードで栗を購入しました!

ついにウチでも今シーズン初の栗ごはんとなるか、どうか!!



結果は報告しない(・∀・)!!


さて、1ヶ月遅れが常態化しつつある「神楽の絵日記」です。


第39回 湯来町神楽共演大会  2015/08/29


湯来町で活動する3つの神楽団(と、子供神楽1団体)と、
特出ゲストの高井さんと大都さんの出演でした。

今回ほぼお写真で、ダァーーーーっとイキオイよく参りますので
どちら様もシートベルトをご確認の上ご準備ください。




1 「神降し」  下五原神楽団


下五原神楽団 神降ろし3


2 「塵倫」   大森子供神楽団

大森子供神楽団 塵倫1

大森子供神楽団 塵倫2

旧舞となっ?ビックリうれしい!
動きカッコよかった!
 もっかい観たい(゜∀゜)!!


3 「紅葉狩」   水内神楽団

水内神楽団 紅葉狩5


豪華!妖艶!ド迫力!

水内神楽団 紅葉狩6

水内神楽団 紅葉狩7

んでもってツナ缶お気に入りの、水内さんの立ち合いステップ~~
なぜかいつも、サッカーのドリブルイメージしちゃうんだわ(^_^;)



4 「滝夜叉姫」   高井神楽団


高井神楽団 滝夜叉姫1


高井神楽団 滝夜叉姫2


高井神楽団 滝夜叉姫3


おおお!めっちゃお久しぶりに観れた高井さん~~(´∀`)
滝夜叉さん迫力でしたわ


5 「子持山姥」   下五原神楽団



下五原神楽団 子持山姥12

下五原神楽団 子持山姥13

婆さま…その薙刀さばきはカッコよすぎ(笑)


下五原神楽団 子持山姥15


そしていまだに顔を撮りきれない怪童丸くん…狙ってるんだがなあ…(´∀`;)
(一度ポニーテールで舞っていただ…いや、なんでもないですw)



6  「頼政」   大都神楽団


大都神楽団 頼政7


大都神楽団 頼政8

やっぱり鵺はカッコよろしい\(^o^)/

大都神楽団 頼政9

大都神楽団 頼政10

頼政さん!何があった(笑)!!


7 「伊吹山」   大森神楽団

大森神楽団 伊吹山1


大森神楽団 伊吹山2


大森神楽団 伊吹山3

大森神楽団 伊吹山4


鬼いっぱい!
狐に大蛇が大騒ぎでわや(笑)
日本武尊とその家来がおおいに笑かしてくれました!






この日はどちらの団体さんも、十八番と言われている演目を持ってこられたようです。
(あ、大森さんの伊吹山は私は初めてだったんですが^^)

お疲れ様でした~~<(_ _)>


えーと、この日はけっこういろんな人に会えました。
うれしいですねぇ~~^^

前の方のいい席に呼んでくれた(笑)、いつもお世話になってるお友達と…

半年ぶりに再会した山口の神楽友達(勝手に友達呼ばわり~~笑)

初めてお会いした、益田にお住いの某有名ご夫婦 
(この日FB友達になっていただきました うへへっ)

前日、飲んだ勢いで湯来行きを決めちゃったという北広島の神楽団(の数名)御一行様
(湯来で会うとメチャクチャ違和感のある方々でしたw)



うーん、少しずつ面が割れて顔見知りが増えていくってことは
会場でボーッとしてると誰に見られてるかわからん…ってことですよね…(゜-゜)




とりあえず 間抜けな顔で舞台に見とれてるのは
やめようかね(笑)



スポンサーサイト

広島神楽定期公演 溝口さん

シルバーウィークが終わり、大いに楽しんだ人、関係なかった人、
それぞれさまざまな思い出を作られたことでしょう。

そんな世間の流れや季節感を、「神楽の絵日記」は



いっさい無視していくのです(笑)

では時計を一ヶ月(以上)巻き戻してみましょう~(≧∇≦)


広島神楽定期公演   2015/08/19

「稲村ヶ崎」「滝夜叉姫」   溝口神楽団



7月の芸北発表大会で「滝夜叉姫」の方は拝見してたんですが、同じ7月末の
芸北共演大会で舞われた「稲村ヶ崎」は時間の都合で観れず(T_T)

新しく創作された演目、



そして観れなかった演目(´Д`)!!

ということでとても興味津々でした(笑)


溝口神楽団 稲村ヶ崎1

↑ 新田義貞(右)と足利義詮(左)

時は鎌倉末期。執権北条氏の横暴に対し、新田義貞を総大将とした討幕軍が 
後醍醐天皇の勅により編成されます。




溝口神楽団 稲村ヶ崎2

こちらは迎え討つ敵方、幕府側ですね~~

左から…北条時行 北条高時 長崎高重



しかし鎌倉は山と海に囲まれた天然の要害。
攻めあぐねていた新田は、「稲村ヶ崎へ向かえ」という井の頭弁財天の神託のままに軍を進めますが
案の定、荒れる海に行く手を阻まれてしまいます。


そこで新田は伝家の宝刀を龍神に捧げ、祈ります。
するとなんと!海がみるみる沖へ引いていくじゃあありませんか!



その時の龍神さんの模様


溝口神楽団 稲村ヶ崎3


溝口神楽団 稲村ヶ崎4

ここは前半の見どころの一つでしょう^^

現れた龍神に宝剣を差し出す新田。
龍神はそれをゆっくりとくわえて退場する…
龍「神」なので神様じゃああるんですが、舞台上の姿かたちは
鬼パターンのキャラクターではなく蛇胴、八岐大蛇そのまんまで舞われました。
(私は知らないんですが、龍神が登場する演目で蛇胴で舞われるところってあるのかな?
ちょっと興味ある…

で、そこ、ちょっと不思議な感覚で見てました。
「八岐大蛇」では素戔嗚という神様に成敗されるのに、
その姿で今度は願いを聞き届ける「神様」を舞う…

舞い方も、大蛇の「ガルルル…」じゃなくゆったりと威厳のある動き。
キッチリ舞い分けていたので、ソコさすがだなぁ、と
一人感心しておりました(←なんか私、こだわるところが細かくねーかw?)
視覚的インパクト大でした


それに・・・新田が宝剣を出すのを待ってる間・・・



小首かしげてワンコみたいでかわいかったんだわ(・∀・)


まあとにかく、波は引いたぜ\(^o^)/

討幕軍は一気に鎌倉へ攻め入り、高時らと戦うことになります。


溝口神楽団 稲村ヶ崎5

ここでの、新田側(いわゆる神)と北条側(いわゆる賊)との攻防が良かった!!

溝口神楽団 稲村ヶ崎10


↑の賊、長崎高重はこのシーンの前に、北条家の嫡子である時行を逃がし
自分は新田らと戦い、討たれてしまいます。


横暴の限りを尽くした北条が悪で、それを討つのは正義・・・

…と思うのは楽チンでいい。

新田も討幕をかけて必死。
しかし同じように、北条もまた幕府を守るために必死なのです。
どちら側が話の舞台になるかによって、脚本はきっと180度違ってくるのでしょう。


神話の世界ならまだしも、こうやって時代が下ってリアルに歴史上の人物が
モデルになったりすると、その人物の胸中を推し量ってしまいますね。
(物語というのはそうやって生まれてくるんだろうなあ…)


いかん、脱線

そして!ツナ缶が釘付けだったのは敵の大将 北条高時!!!



溝口神楽団 稲村ヶ崎6


この存在感、なんだよぉお~~!!

新田らにめった刺しにされてもなおも暴れ、剣を手でガッシと受け…
必死で抵抗するもついには力尽きます。



溝口神楽団 稲村ヶ崎8


溝口神楽団 稲村ヶ崎9

最後には敵に討たれることを良しとせず、自ら命を絶ってしまうという…
観る者を圧倒する、強烈なキャラクターに作られていました。

すごかった~~~(゜Д゜;)フエー


さて幕間。
ここで予想外のサプライズが!



「折敷舞」の短縮版が披露されました~~っ!!


トイレ行かなくてよかった
トイレ行かなくてよかった
トイレ行かなくてよかったーー(笑)



溝口神楽団 折敷舞(幕間)1


溝口神楽団 折敷舞(幕間)2

むちゃくちゃ 得した気分だったわぁあ(∩∀`)



そんな素敵な折敷舞の後は「滝夜叉姫」

なのですが、また一話目の解説で根性尽きますた・・・(笑)

ストーリー省略するし、画像が滝夜叉さんに偏ってしまいましたが・・・どぞ^^;



溝口神楽団 滝夜叉姫8

溝口神楽団 滝夜叉姫9

溝口神楽団 滝夜叉姫10


溝口神楽団 滝夜叉姫11

血がブシャー! 今度は撮れた(≧∇≦)!?

そしてついに・・・


溝口神楽団 滝夜叉姫13


溝口神楽団 滝夜叉姫14

滝夜叉姫は最期を迎えるのです。


やっぱり力いっぱいの滝夜叉さんでした!
迫る演技力!
お疲れ様でした~~(-人-)



あ、最後にひとつ哀しい情報があります。
私が苦労(←ではないがw)して貯めた定期公演のスタンプカード。
やっとの思いで10個貯めて、次回の神楽に使おうと思っていたのに・・・



失くしました・・・(゜-゜)

家探ししたけど出てきません・・・(゜-゜)



最終公演までに出てきてくれたらうれしいな・・・
落としてたらもうアウトだな・・・ははは


お盆神楽共演大会 後編 

お盆神楽の後編です^^


続いては吉田神楽団の「滝夜叉姫」




吉田さんと言えば滝夜叉姫!


…と言うと語弊がありますかね^^;?
でも、お得意中のお得意演目であります。

滝夜叉さんの迫力の演技と、神、賊のあの安定感のある舞!



吉田神楽団 滝夜叉姫7

しかしツナ缶、冒頭、滝夜叉姫の表情を狙いすぎまして…(>_<)
さらに立ち合いではスピードが追いつかず半身切れてるとか…背中ばっかしとか…
今回は神と賊で失礼しますっっ<(_ _;)>



吉田神楽団 滝夜叉姫8

やっぱりエエですね^^

この頃、大会も中盤を迎え会場内は盛り上がってきました。
そして去年ほどではなかったけど、やっぱり暑くなるんですね、この会場(笑)
その会場の温度を下げてくれるという某神楽団の伝説の珍斉さん、今年は現れず、でした(≧∇≦)



吉田神楽団 滝夜叉姫9

吉田神楽団 滝夜叉姫10

吉田神楽団 滝夜叉姫11


ああやっぱりいいですわ!立合いでの、楽とピッタリ合った足の運び(´∀`)

クライマックス、神2人と滝夜叉のシーンなんかは特にたまらんです!
この音でこう足が上がって…腰が沈んで…滝夜叉が正面に向いて…。
ピタッと来る感じ、好きなんですよね^^

まあ・・・写真撮れんかったけどね(^_^;)



しかしですよ、そろそろアレですよ!
吉田さんの「元就公」とですな、




「六条」がそろそろ観たぁーーい(゜∀゜)!!!

きっと去年から引き続いて、「紅葉狩」に力を入れてらっしゃるとこだと思いますが。


でも、六条好きなんだよなあ
初めて観た時の、冒頭の六条の登場シーン、ちょっと血の気が引いた気がしたんだわ。
ホールのグッと落とした照明で、まるで地の底から聞こえるような六条の口上…ゾクゾクです。

よろしく…よろしく…よろしく…(観たいアピール 笑)





続きまして筏津神楽団の「鈴鹿山」



筏津神楽団 鈴鹿山1


鈴鹿山って、ツナ缶自身は観る機会が比較的少ないかな?
その少ない鑑賞の中で 団によって人物が微妙に違ってたり、とかがあって。
ストーリーこそシンプルで解りやすいんですが、演出に関してはまだよく
掴めていない演目かもしれません(それは鈴鹿山だけじゃないか 笑)

筏津さんちは姫が出ません。

田村麻呂は鬼神征伐に鈴鹿山に赴き、そこで郷人の爺から山の様子を聞き、
そして宝剣を授かります。



筏津神楽団 鈴鹿山2

鬼神登場!


筏津神楽団 鈴鹿山3


幕を使って神と鬼の駆け引き~
こういうのを見ると 旧舞だわぁ~って思いますねぇ(´∀`)



筏津神楽団 鈴鹿山5


筏津神楽団 鈴鹿山6

ううっ 鬼も神もかっこええ!!


↑ここで弓を持って登場の田村麻呂さん、このあとの戦いで弓を鬼に奪われちゃいます。
 なにクソっと次なる武器、薙刀を出すんですが、それも奪われ…Σ(゜∀゜;)エエエ
まあ、最後には宝剣を出して鬼神を成敗するんですがね~



筏津神楽団 鈴鹿山7


めでたしめでたし



ラストは今田神楽団 「大江山」です

ストーリーは言うまでもありませんね~~^^

名シーンをトントンっと参ります



今田神楽団 大江山1

今田さんちの衣裳ってホント豪華(゜o゜)!


今田神楽団 大江山3


今田神楽団 大江山4


今田神楽団 大江山6

今田さんちの大江山は初めて観たんですが、 蜘蛛がハンパない!!

石見の大江山風の演出なんですね^^
天蓋からダーッと蜘蛛が落ちてきて、頼光さんが蜘蛛まみれになるという。


作るのたいへんだったろうなぁあ~~(゜-゜;)オツカレ


石見では蜘蛛(スパイダー)そのものも出ますよね?
さすがに今田さんちには出ませんでしたが(笑)



今田神楽団 大江山7

最後の立ち合いでは高速回転で蜘蛛がスゴイことに…!!

コケずに回れるっちゅうのが、やっぱり神楽人でした(´∀`;)


以上、今年のお盆神楽共演大会でした<(_ _)>

いや、もう奉納シーズン突入したっちゅうの(笑)


お盆神楽共演大会 前編

涼しくなってきましたね^^

秋の物がスーパーに出てきました。
もう一回くらいスイカを食べておきたかったんですが逃したようです。
サヨナラ…夏。サヨナラ…スイカ。
 


そしてこんにちは! 梨!ブドウ!(・∀・)


あ、書きながらちょっと思い出した。

毎年秋に広島サンプラザである競演大会、私は3年前に行ったんですが
その時ロビーで売ってた栗ごはんのおむすびがね、めっちゃおいしかったんですわ


記憶が定かじゃないんだけど、神楽どころのご当地から持ってきて売っておられた
ような…(ほら、よくRCC主催の大会とかで、ホールのロビーで売ってるヤツ ^^)

栗ごはん目当てでまた行ってみようかな~、とか思う不届き者(笑)

うう、脱線はなはだしい(゜-゜;)


では、1ヶ月遅れの記事です。


お盆神楽共演大会   2015/08/15

「神降し」   今田神楽団
「葛城山」   今田神楽団
「神武」     波佐常盤倶楽部
「滝夜叉姫」  吉田神楽団
「鈴鹿山」    筏津神楽団
「大江山」    今田神楽団


まずは厳かに神降しで始まります!




今田神楽団 神降ろし1


そのまま今田さんによる「葛城山」
たしか今年2月の月一以来、かな?



今田神楽団 葛城山6

ご存じ、頼光さんと卜部さん金時さんです。


今田神楽団 葛城山7

胡蝶さんの相変わらずのこの眼つき!健在でしたっ(゜-゜;)ビシッ

画像がちょっと暗かったか(>_<)



今田神楽団 葛城山8

今田神楽団 葛城山9

今田神楽団 葛城山10


神の衣裳やっぱりいいなぁ。
黒、金、白、そして絶妙な分量の青…ゴージャスです^^
舞人さんの動きをさらに引き立てます




続いては、初めましての波佐常盤倶楽部さんの「神武」です。

常盤倶楽部さんは、名前はよく目にしてたんですがこの日まで予備知識
入れてませんでした(ええ いつものことです…)



波佐常盤倶楽部 神武1

神倭磐彦命と道臣命

波佐常盤倶楽部 神武2

か…カッコいい…Σ(゜Д゜;)


最近 島根の団体さんもいいなぁとフラフラしております(笑)

でもまだほとんど知らないんで 観るたびにビックリしちゃうんだな、これが
うわー、とか、スゲー、とか、ストーリーがわからんよ~(⊃Д`) とか…(笑)
結構オリジナル創作もあるみたい。

刺激ある日々です・・・ハイ(笑)

神倭磐彦命は、日向から大和の地に入ったところで土地の長髄彦たちに苦しめられますが
これを討ち破り、橿原の地に都を定めるというお話です。

戦いの場面、神側はオレンジの肩きりを落とすと…



波佐常盤倶楽部 神武3


うわもう、綺麗すぎる・・・


波佐常盤倶楽部 神武4


波佐常盤倶楽部 神武5

お疲れ様でした。


このあと 神武をもう一度観るためにツナ缶は、そう間を空けず敵地…じゃない(笑)、
浜田へ行くことになるのだった…

なんつってな(笑)

お盆神楽の後編につづく。



ダメだ、栗ごはん食べたくなってきたぁあ(´Д`;)

益田の神楽のこと…

いろんな神楽をガツガツと観ております。
神楽まで食いしん坊です・・・

その中で…
「益田の神楽」を初めて見たのは、多分去年の年頭、島根フェアでの上吉田保存会さんでした。
なんちゅうか、鬼が迫力ありまして目を奪われましたね~
石見神楽のことをまだまだ知らなかったツナ缶はこの頃やっと…



おいおい!
なんか、石見神楽っていろいろあんぞΣ(゜Д゜;)



と知った次第です。

その後廿日市の泥落としで観た三谷社中さんの「塵輪」にヤラれ(笑)


そして極めつけはその夏にあった24時間神楽!



24時間神楽



正式名称は

24時間古典石見神楽堪能鑑賞会 in 益田


面倒なので24時間神楽ね(笑)

いやもう、体力とスケジュールがOKだったら24時間入り浸っていたかった~!!
くらいのラインナップだったんですわ(笑)

それを契機に益田の神楽にかなりの興味が湧いたツナ缶、
本拠地で観てみたいな~もっと足しげく観に行けたらな~

とは思うものの、
なにしろ遠い・・・



が、二の足を踏んでいた私も今年になって浜田へ行くことが増え、
「お?慣れれば行ける距離じゃないか?」 と、この辺で調子づく(笑)

んで、先月のお盆に益田の中心街まで行ってみたですよ。


ちょうど益田市内のキヌヤというショッピングセンターで神楽があるっちゅうんで
それを目指して^^ ←行動を起こす動機付けって大事(笑)


時間があれば、ゆっくり益田市内の神社の場所とか確認したかったんですが
この日は神楽、夜の予定があり、メインの通りを走るだけにしました。


では、キヌヤでありました公演、岡見神遊座さんと岡見てんつくてんさん(子供神楽)の
お写真を少しですがご紹介します。

演目は「天神」「塵輪」「恵比寿」「日本武尊」「三隅兼連」「大蛇」 
↑ …何気に演目数すげえ…((゜Д゜;))ガクガク

が、ツナ缶、こちらの社中さん 初見な上に予備知識を持っておらず、
解説はほぼできません。
なので神楽の「か」の字も知らない
 ド観光客 の体(てい)で
お写真紹介だけさせていただきます~^^;
(「天神」「恵比寿」は途中で会場を離れたりして撮影できませんでした)


塵輪


岡見神遊座 塵輪1

ああ、この仲哀天皇の烏帽子を見ると“益田的”だなぁ~(´∀`)

と、思うのですが、岡見神遊座さんは正確には浜田市の社中さんなのですねー^^
でも位置的には益田市と接してますから、もうほぼ同じ文化圏なんでしょう。



岡見神遊座 塵輪2

日本武尊

岡見神遊座 日本武尊1

岡見神遊座 日本武尊2


岡見神遊座 日本武尊3


三隅兼連

この人物は私は知りませんでした。
ちょっとググってみたら、三隅氏は石見の豪族益田氏の分家で、兼連はその四代目当主。
元寇(弘安の役)でがんばって元軍を撃退したのになーんの褒美もなく、本家の益田氏や幕府に不満を重ねていったり
隠岐を脱出した後醍醐天皇についたり。なかなか面白そうな人物ですが
掘り下げていくと脱線しそうなのでここまで^^;

神楽の方は、足利尊氏?と戦う顛末を舞われました。が、
何しろ初見の上に、こういう会場では配役表が無いのでツナ缶はお手上げでございます\(゜-゜;)/

いずれゆっくり拝見できる時にまた、キッチリ掲載させていただきます^^



岡見神遊座(てんつくてん) 三隅兼連1


岡見神遊座(てんつくてん) 三隅兼連2


岡見神遊座(てんつくてん) 三隅兼連3

子供神楽でもめっちゃカッコよかった!
ポーズもキメまくります^^
末恐ろ…じゃない(笑)、末頼もしい(≧∇≦)



大蛇


岡見神遊座 大蛇1


岡見神遊座 大蛇2

お疲れ様でした~^^



以上、初、益田市でございました。




その後、つい先週ですが浜田の三宮神社に神楽を観に行きまして。
(この報告はまた後日)



三宮神社


その日は浜田に泊り、翌日は日本海見ながら益田まで9号線走るっかな~~

と思ってたんですが、あいにくのどんより雨模様…(-_-;)
回復することも無く、どんより日本海を見ながら再び益田市へ(笑)


ゆうひパーク三隅

途中のゆうひパーク三隅

…どんよりです(笑)

益田に入り、そこからR191で広島へ。


道の駅匹見峡

道の駅匹見峡あたりでロードレースが行われてました^^

さらに広島へ入ると八幡でマラソンも!

この日はイベントが各地であった模様です。



いつか近いうちに益田の夜神楽定期公演も行ってみたいですねぇ(^_^)

広島神楽定期公演 安野さん

7月の公演って…おい(゜Д゜;)…


ツナ缶ババァの記憶力は大丈夫なのか(笑)?


広島神楽定期公演  2015/07/29

「大江山」「八岐大蛇」    安野神楽団



一昨年の太刀納めにお邪魔して、細かい部分の演出に安野さんの個性を感じた「大江山」
前にも書きましたが、その時の写真データをダメにしてしまって凹みました(T_T)

なのであらためて安野大江山を\(^o^)/!!



安野神楽団 大江山1

頼光さんと金時さんです

安野さんの神コンビは 姿勢や舞がきれいで好きなんですよね^^
塵倫の時もいつも感じます。



安野神楽団 大江山2

途中で出会った紅葉姫に導かれ、酒呑童子の住処へと進み
一夜の宿を…


↑ あ!安野さんちの鬼も金棒やった~(・∀・)!!



ちなみに、三つの鬼の役名は酒呑童子、茨木童子、そしてもう一つは「門番」というそうです。

\はいはい、酒盛り酒盛り~~っ/
安野神楽団 大江山3



安野神楽団 大江山4

酒宴ノリノリである(∩∀`)


しかしこのあと酒呑童子によるトラップが…
酒の返礼?として童子は頼光に猪肉を饗するんですが、
頼光さんったらそれ、うっかり受け取っちゃうんですね^^;

そこで童子の鋭い目がキラーン (…と光ったかどうかは知らんが 笑)




「修験者が肉食とはこれいかに!さては偽物か!」
(↑ こんなセリフじゃないです…ツナ缶の完全意訳です ^^;)


安野神楽団 大江山5

酒宴は一気に戦いの現場へと…

ここからの楽のテンポ、盛り上がりが素晴らしい!!
場面や人物の心情と見事にシンクロしてます^^

童子たちは金棒を剣に変え、頼光たちと戦います。



安野神楽団 大江山6

で、ここ。
安野さん独自の演出ですね。

頼光は剣をくわえて暗闇の中、酒呑童子を探します。



安野神楽団 大江山7

この辺りの抑えた?感じの楽がもうね、上手いな~と思うのですよ(≧∇≦)
ドキドキ感がハンパなくて、ここ好きなんですよね^^



そして闇の中で互いの姿を捉えた瞬間、張り詰めた緊張は一気に攻撃へと。




安野神楽団 大江山12



安野神楽団 大江山8

見よ!楽のみなさんの集中力!!


安野神楽団 大江山9

死闘の末、頼光が最後の一刺しを。

しかしここでの酒呑童子が凄い!
角度が悪くてちょっと写ってないんですが、剣で体当たり的に刺し込んでいる
頼光の腕をですね、童子はガシッと掴んで放さないんです!
さらにグッと睨みつけるこの気迫!


両者の気迫がビシビシ伝わりました!



安野神楽団 大江山10

そして倒した後の頼光の口上ですが。

…かなり長い!結構長い!私は初めて聞きました!
(↑ 一昨年の大江山のラストの口上がどうだったかを覚えていない^^;)

しかし見事 その長い口上を述べて幕。

素晴らしかったです!



…そしてまた一演目目で力を入れ過ぎたツナ缶、燃え尽きたです(笑)



八岐大蛇は お写真でどうぞ^^;
スンマセン



安野神楽団 八岐大蛇1


安野神楽団 八岐大蛇2

櫛名田比売の泣く姿、よかったなぁ…


安野神楽団 八岐大蛇3

安野神楽団 八岐大蛇4


お疲れ様でした!



あ、そうだ、今週末ですね!


安野神楽団 幕間

↑西中国選抜神楽競演大会!!


安野さんは最初の「四方祓」と旧舞「東夷征伐」を舞われます。
う~む、これは開演から行かねばなるまいか…(^_^;)




遅刻魔ツナ缶は今から目覚まし掛けるわ・・・

アートアクアリウム

仕事がアップして、それっとばかりに期限付きのものを片づけていっとります。

支払とか支払とか支払とか(笑)

あとですね、もう待ったなしの期限付きのものがありまして・・・




アートアクアリウム展!!!


7月25日~9月6日という、思いっきり夏休み狙いのイベントです(゜∀゜;)
人混みが苦手なワタクシは夏休みが終わった9月狙い!
しかしそれは仕事の納期とも重なっており、スリル満点の月明けでございました(笑)

それなら神楽に行く時間をアートアクアリウムに回せよ…とお思いでしょうが、



それはそれ、これはこれ。


というワケで、行ってまいりました^^


アートアクアリウム


入ってすぐにプロジェクションマッピング!


1441287798231.jpg




1441287809826.jpg


う~ん、写真を撮る気はなかったんですよ、 最初はね(゜-゜;)

でも、入場時に係員から「写真撮影OKですがフラッシュはご遠慮くださいね~
…と愛想よく言われ、周りが一斉に撮っているのを見て…




やっぱり撮るよね(^_^;)ヘヘヘ

1441287823190.jpg


水中四季絵巻(↑というらしい)を見た後、通路沿いに展開された品種別の金魚の展示。
照明をほとんど落とした会場内で、オサレなキューブ型水槽をオサレに配置して、
その中に一品種ごと、金魚が展示されておりました。
ゆっくりと光の色が変わっていき、そりゃまあファンタスティックでしたねえ。

しかし!

なぜ、こんなにきれいな水、環境で金魚を展示できるのか?
展示の中で「硝化細菌」についての説明がありまして、ちょっと興味が湧きました。
帰ってネットで補足的に調べてみると…    


陸生活をする動物は、体内で発生する毒素の強いアンモニアを尿素に変えて排出しますが
水中の生物はそのまま排泄してしまうそうです。
密閉度の高いこのような水槽内では、すぐに金魚は死んでしまうでしょうね^^;
でも硝化細菌という微生物はそのアンモニアを酸化して亜硝酸、硝酸に変え、毒性を下げてくれるとか!
いろいろ読んでみるとその管理はデリケートで大変そう…(´Д`;)
アクアリウムやる人ってスゲー


あ、写真はこの辺でちょっと飽きてくる(笑)


で、最後の広いスペースに出ますと、CMなどでよく見たこれ!



「大奥」とネーミングされた巨大金魚鉢!!




1441288026110.jpg


申し訳ない、ボケましたかねぇ~(≧∇≦)



↑ ワタシ的にあんまりピンとこなかったためと思われます…^^;
  この展の目玉オブジェだと思うんですが、ツナ缶の興味の無さがアリアリと分りますね(笑) 

どっちかというと後ろの提灯が凄く興味ある。
いいなぁコレ ↓


1441288040407.jpg



1441287978019.jpg

階段形式に ずらしながら置かれた水槽。
これは好き^^



みんなで金魚すくいしようぜぇ~(・∀・)

でもね・・・

でも、私はね・・・



1441288055207.jpg


こういうのが一番好きかなぁ~~~(笑)


1441288117944.jpg

1441288131096.jpg

1441288143998.jpg


きれい^^

なんか夏の和菓子でこういう涼しげなのありますな(笑)
菓子職人さんはこういうのを見て、再現、さらに創作してきたんでしょうね。
感性…なんだろうなぁ、うん。

エアコンも利いてて、BGMも邪魔にならない心地よさ。
しばらくぼんやり眺めて過ごしてました。
すこーし疲れが溜まってたんですが、リフレッシュできましたよ\(^o^)/

夏の疲れを持ち越しているみなさん、あと3日ですが、癒されに行きませんか?
金・土は午後11時まで、日は午後8時と、けっこう遅くまでやってます^^




1441288167716.jpg

クレドホールから北方向

1441288200144.jpg

戦利品




ううっ また水族館行きたくなってきた。


神楽甲子園二日目

ずいぶんと…間が開いてしまいました(゜-゜;)
仕事に追われ、気が付くと9月ではないですかっ(゜-゜;)!!!



7月末の、あっついあっつい会場
の雰囲気がもう遠い思い出となりましたが、甲子園二日目の
様子をお写真メインでご紹介します。
二日目は参加校全部拝見できたんですが、例によって許可を伺えた
団体さんだけの掲載になります<(_ _)>


二日目の③

葛巻高等学校郷土芸能部  「三宝荒神」「権現舞」

去年も出場したチームです。
その時、初めて観た東北の神楽がとっても印象に残ってまして。
今年も出場すると聞いてめっちゃ楽しみでした~~^^

こちらのチームが舞うのはご当地の葛巻神楽。

東北に伝わる山伏神楽のひとつで、舞や祈祷に重点が置かれ、歌が多いのが特徴です(大会パンフより抜粋)



葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞1

↑「三宝荒神」  剣舞ですね~^^
こちらで言うところの「八花」?的な?



葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞2

阿刀神楽団さんの八花を観たことあるけど、あれはたしか4人だっけ。
3人で剣をくぐったり飛んだりも、かなり大変そう(-_-;)



そして「権現舞」に移ります。
たしかこれは去年観た演目で、いろんな種類の舞を次から次へと舞いますよ~

では怒涛の舞をどうぞ!



っていうか、獅子メイン(笑)


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞3


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞4


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞5
葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞6


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞7


客席に降りてお客さんの頭をどんどんかじっていきますぞ(゜□゜)アーン

じいちゃんばあちゃんのお顔がねー、まあうれしそうだったわ~(笑)
孫みたいなもんですかね^^


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞8

スマンが これ好きぃ~~っ(≧∇≦)

ミーアキャットみたいで・・・(・∀・)


葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞9

葛巻高等学校郷土芸能部 三宝荒神・権現舞10

いや、よかった~^^
太鼓さんの歌も調子よくってノリがいい!
舞も、ジャンプや側転が入っててけっこうアクロバティックです。
観てて飽きません!!

来年も来てくれんかな~、さすがにもう無理かな~、遠いもんな~、

でも…



来てくれたらうれしいなぁ~~(゜∀゜)




二日目の⑥

浜田商業高等学校郷土芸能部 「頼政」

※頼政の「頼」の字が違うんですが、変換できないんで…スンマセン^^;
右のおおがいの上部分(一ノ)が刀です。

と思ったら漢字、出ました(笑)

「賴」! です\(^o^)/

Sさんどーもありがと(笑)  



浜商、の愛称で人気なんだそうですね~~^^
あちこちで上演されてるようなんですが、私は初めて拝見でした



浜田商業高等学校郷土芸能部 頼政1

浜田商業高等学校 頼政2

百姓役のトークがまたおもろい(笑)
高校生だけど場数踏んでるんでしょうかねぇ、落ち着いてましたわ^^
それとも天性のキャラか?!
お猿と一緒にお菓子まき~~、そして乱入!

近くに来たお猿さんがこちらに顔を向けてサービスしてくれました(笑)



浜田商業高等学校 頼政3

ありがとーさん(´∀`)ノシ


浜田商業高等学校 頼政4

浜田商業高等学校 頼政5

ラストの立ち合いも迫力でした!


浜田商業高等学校 頼政6


みんなお疲れ様でした^^



二日目の⑦

吉田高等学校神楽部 「滝夜叉姫」

トリを飾るのは地元安芸高田市の吉田高校さんです!

以前たしか日本武尊を観たっけな?
久しぶりの二度目です。

う~ん、冒頭の貴船のシーンを撮れなかった…ちょっと残念(>_<)



吉田高等学校神楽部 滝夜叉姫1

吉田高等学校神楽部 滝夜叉姫2

神と賊が、気持ちがいいくらいピッタリ合ってましたね~^^



吉田高等学校神楽部 滝夜叉姫4


吉田高等学校神楽部 滝夜叉姫5

吉田高等学校神楽部 滝夜叉姫6

こちらもスピード感のある立ち合いを見せてくれました!

あ、滝夜叉さんがよう飛びました!!
写真・・・狙ったんですが間に合わないですねぇ~~(笑)
勢いのある舞は高校生ならでは!観てるこっちもわくわくしますよ^^


地元の大きな声援を受けながら、みごとトリを飾りました。

出場高のみなさん、お疲れ様!
また来年、さらに素敵な舞を観せてくださいね\(^o^)/



プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR