スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽公演(湯来ロッジ)

大江山ショック、実はまだまだ続いていた~~(´∀`;)


   湯来ロッジ公演  2014/04/13

       大森神楽団 「滝夜叉姫」
             「悪狐伝」(子供)
             「大江山」 


いやまあ、さすがは大森さん、というかなんというか(笑) 

立ち合いの激しさは知っていたつもりなのですが…
初見の「大江山」で…



またまたガツンとやられました(゜∀゜;)スゲー


大森さんは結構広島市内で上演されていて
ツナ缶の浅い神楽鑑賞歴でも 割と観ている方です。
「戻り橋」と「安達原」が多いかな?
(特に戻り橋の式神の立合いが好きなんですよね~w) 

しかしここでさらに「大江山」!

えーっと、まず興味をひかれたのは 酒呑童子さんの面!



大森神楽団 大江山マンガ

ドン・コルレオーネ張りの悪っぷりで
ございました(・∀・)
カッケー





大森神楽団 大江山1

こんな童子さん達に囲まれて毒見…
ビビりますなぁ(^_^;)


しかし何が驚いたかって、ラスボスだと思い込んでた酒呑童子が



まず最初に倒されちゃうってこと
ですわΣ(゜Д゜;)!!



大森神楽団 大江山2

 
↑ またこの時の倒されっぷりが堂々たるもので迫力満点(゜‐゜;)

 



そしてここからがツナ缶がガツンとやられちゃったとこです!



大森神楽団 大江山3

酒呑童子が殺されたことに驚き、怒り狂う童子!
(ああもう、ナニ童子か分からん~~ ゴメンナサイ~w)



               \おのれ、よくも!!/
大森神楽団 大江山4

横たわる酒呑童子の前で対峙する二人。
これはたしか綱さんだったか…^^;?



そして死闘が!!


大森神楽団 大江山5


大森神楽団 大江山6


大森神楽団 大江山7


後半はただもう圧倒されっぱなしでした(゜-゜;)

肩に力入っちゃって、終わった後はε-(´□`;) …な顔になってました。




子供神楽団の演目は「悪狐伝」

いやー、芸達者なのにはビックリです(笑)

まだ小学生?でしょうに、舞台度胸は大人以上かw?
アドリブも難なくこなします!

勘介源介というチャリのキャラクターが出てきますが、これがまず上手いw


大森子供神楽団 悪孤伝2 


そして珍斉さん

大森子供神楽団 悪孤伝1  

客席からのツッコミにも見事に応じましたねー(・∀・)
ツッコミは神楽団の方だったのかなw?

とにかくまあ、チャリも舞も上手い!!
将来が頼もしい、かわいい団員さん達です^^



もう一つの演目は「滝夜叉姫」でした。

ちょうど26日にあった吉和神楽競演大会、
新舞の部で、この演目で準優勝されたとのこと!



記念に五月さんの瞬殺目力を^^


大森神楽団 滝夜叉姫



おめでとうございます\(・∀・)/

スポンサーサイト

神楽公演(栗栖神楽団春季公演 その2)

栗栖さんからお写真OKいただけました

本当にいろいろ、感謝感謝です<(_ _)><(_ _)>

では前回の報告に続いて写真で…^^


まずはかわいらしい天照大御神



栗栖神楽団 天の岩戸1

衣裳は全身きれいな赤!!
この面、私好みだなあ…
かわいらしい、って形容がピッタリかも。


そして天照が隠れ、世が常闇となり、神たちが策を講じて
なんとか彼女を岩戸から出そうとします。
岩戸の前で舞う天の鈿女



栗栖神楽団 天の岩戸3


すいません、ちょっと鈿女にホレたので連続(笑)

栗栖神楽団 天の岩戸2


栗栖神楽団 天の岩戸4


天照の居ない闇の中で美しく舞う鈿女


栗栖神楽団 天の岩戸6

そして手力男!
力強く、カッコよく


栗栖神楽団 天の岩戸5

↑ この演者さんの動き、好きだなあ
ビシッとキメます


そして ついに天照大御神が現れて 再び世の中に光が蘇るのです^^



栗栖神楽団 天の岩戸7


うう~~ 天の鈿女さんに偏ってしまったww


しかし、何の演目でもそうだけど面を付けてると不思議ですねー

中の人がどんなゴッツイ人でも、衣裳や面をつけ、
ひとたび舞台に上がるともう、たとえば可憐な鈿女さんに
なってしまう…
観てる側も、舞っているのは配役表のこの人だ、って分かっているのに
ひと時、魅入ってしまうんですね^^;



栗栖神楽団 マンガ2

歌舞伎の役者さんでも、妖しく激しい舞を見せる女形が
舞台を降りると案外小柄なおじいちゃん(失礼^^;)
だったりして、そのギャップが実は面白かったりしますねえ。



天の岩戸

激しい立合いもないし 大きくストーリーを変えることもない。
でも神楽の原点、になるんでしょうね。
最初は新舞でグッと掴まれたツナ缶でしたが、



旧舞は、ジワジワと… きます!!


神楽を観て育った人たちはいいですなあ~(´∀`)
日本の神話をフツーに娯楽の中から身に付けてしまえるという…
こういうのを観て育ちたかったし 子供も育てたかったかも、
と、ちょっと思う私です^^


八岐大蛇は笑いながら観てたんで写真撮るの忘れてて…(笑)

はい、どぞ^^;



栗栖神楽団 八岐大蛇1

栗栖神楽団 八岐大蛇2


さあ!次の「頼政」は逃さんよぉ~~~(笑) 


神楽公演(栗栖神楽団春季公演…ですが 笑)

今年はタイミング悪かったぁ~~(笑)


栗栖神楽団春季公演  2014/03/30

          栗栖神楽団  友情出演 下五原神楽団



この公演日程を知った時、
 やべえーーっ! …と思ったツナ缶。
29、30日と、東京に行く予定が入ってたんです。
ギリギリまで迷ってまして、帰りの機内でも
津田へ行くシミュレーションしてましたww


でもまあ、後半観れたらいいな~~
たしか後半には「頼政」があったもんな~~
と、行くことを決断、帰宅後津田へ飛ばします…が…。



栗栖神楽団 マンガ

ええ、やらかしました(笑)

教訓  直前情報はしっかり確認しよう (゜‐゜;) 
  



   



それでももう一つのお目当て、下五原さんの「葛城山」は見事にいいタイミングで
間に合いました~~(´∀`)ィヨーシ

下五原さんは去年の9月の旧日銀以来かな?



下五原神楽団 葛城山1


胡蝶ねえさんのこのアングル、好きですわぁ~~^^
右肩ナメの、上目遣いの横顔(ホンのちょいアオリで)
これはちょっと描いてみたいシーンですねえ^^




下五原神楽団 葛城山2

正体を現す土蜘蛛の精魂。


下五原神楽団 葛城山3


胡蝶と頼光の絡みって、やっぱり画になるんですね。
なんでだろ、ピタッとポーズを決めるポイントが多いんだろうか。


そして土蜘蛛と神の激しい戦い。



下五原神楽団 葛城山5

下五原神楽団 葛城山6

下五原神楽団 葛城山4




よーっし、満足した~~\(^o^)/



続いて栗栖さんの「天の岩戸」

競演大会等で何回か拝見しましたが
やっぱりきれいだった!
天の鈿女、舞が本当にきれい。
うっとり見とれてしまいましたねぇ。
手力男もカッコいいし…ほんまいいなぁ~~(´∀`)

「八岐大蛇」
これは楽しく拝見^^
最初の足名椎さんの「泣き芸」を見て思い出しました。
ああ!私、去年もこれ見て笑ったっけ、ってww
その後はなんか団の個人的なネタになっていきました(笑)

スサノオさんは凛々しくカッコよかったです。


時間の都合で最後のシーンを残して途中で退席しました。
残念~(´Д`;)




写真も撮ったんですが、まだ栗栖さんに許可頂いてないので
またいずれ。
団の方に話しかけるタイミングを逃してしまいまして…(>_<)
この次はタイミングよく声をかけてお願いしようと思います(← 犯行予告ww)




それでは下五原さんにちなんで…

湯来の桜の風景を。



桜2


↑ 湯来のどこでしょう~~(・∀・)




桜3

これは夜桜…ぶれてるけど^^;




今週末は月一だ~~い!
鼻風邪ひいてっけど、薬飲んでとっとと治したる~\(^o^)/

神楽公演(第七回 三矢の里 不意討のその4)

原田神楽団さんから写真OKのお返事いただいた~~(´∀`)


三矢の里、紅葉狩のお写真で~~す

連続でいっくよ~~!!

うりゃっっ\(^o^)/


原田神楽団 紅葉狩1

とっても凛々しい維茂さんと従者のお二人


しかし…


原田神楽団 紅葉狩2

戸隠山の鬼女にとっ捕まってしまいます。


原田神楽団 紅葉狩4

その鬼女さんっつーのがまた運動神経のいい鬼女さんでww
跳躍力とかがハンパなくすごいΣ(゜∀゜;)

あ、2月のRCC早春神楽では玉藻前さんの客席乱入
楽しませていただきました~ww



そして神と鬼の戦いです。


原田神楽団 紅葉狩6

原田神楽団 紅葉狩5

ありがとうございました\(^o^)/


原田さんは秋の奉納で楽しませてもらってます^^



お祭りならではのはっちゃけぶり 
が楽しくて楽しくて…

今年も今から楽しみにしております!



あ、それと原田さんと言えば、去年の神楽スペシャルで
観た「胴の口」!!
これがまた観たいんだな~~

初めて観た奏楽だけの儀式舞でしたが、ツナ缶の中で
けっこうな衝撃だったりします。
「サンヨー…」っていうあの歌もすっごく胸に残ってまして
この1年、かなり貪欲にあちこちの神楽団さんを観たにもかかわらず
あれからほとんど聞いておりません~~(^_^;)
そもそも「胴の口」をされる神楽団さんがどのくらい
いらっしゃるのか、を知らないんですよね^^;

う~~ん、あの歌聞きたい。

 

原田神楽団 マンガ





おまけ画像


3月末に
 今年は牡蠣をちゃんと食ってないぞ!!!
ということに気づき、シーズンが終わる前に慌てて行きました

かき小屋!!



     ↓ 息子(春休み帰省中)          ↓ 娘

カキ小屋2


スマホが…神楽仕様の発光禁止になっとった…画像暗いw

カキ小屋1


今年も満足^^

神楽公演(第七回 三矢の里 その3)

いやー、ついに大詰め…三矢の里その3!です(笑)




高猿神楽団 「滝夜叉姫」


高猿神楽団 滝夜叉姫1

カッコいいですなあ^^

滝夜叉さん、冒頭は姫着を羽織って登場でした。
貴船明神に願をかけ、妖術を授かって振り向いた時に
バッと姫着を脱ぎ捨てます!おっとこ前でしたわ~~
カッコよかったです~(´∀`)


高猿神楽団 滝夜叉姫2

賊!!

高猿神楽団 滝夜叉姫3

神!!
高猿さんの神の衣装の赤って印象的ですね。
あざやか^^


高猿神楽団 滝夜叉姫4

その4人が美しく舞いますよっ (^o^)/



高猿神楽団 滝夜叉姫6

高猿さんの楽はやっぱりノリがいい!
ちょうどクライマックスで撮ったんですが
激しかったです!
…笛さんが切れてしまった(゜‐゜;) 
すいませ~~ん!リベンジします~~^^;





続いて 後野神楽社中 「大江山」


石見神楽の大江山は 浜田の如月の舞で都治神楽社中さんのを
観たのが初めてでした。
それに続いて今回は後野さんですっ!!


こちらの頼光(よりみつ)さん、貫禄があります!


後野神楽社中 大江山1





後野神楽社中 大江山2

↑ ここ、合同大江山でも同じようなシーンがありましたね。

綱を疑い、太刀を抜こうとする茨木を、頼光が金剛杖で
押しとどめます。

この辺の頼光さんの口上、すっごいカッコよかったです!
迫力があって調子があって…グイグイ惹きつけられました。


あ、ところで…今までツナ缶、これ錫杖って言ってましたがw
金剛杖…でした~~^^;


いやもう、無知っぷりが炸裂しておりますわww

と、思ったら、「錫杖」でOKでした(^_^;)ゞ
詳しくはコメント欄へどうぞ~ 
解説神が二人ほどおわしますので(・∀・)



そして戦いのシーン。

鬼が合計7人もいるので戦いも激しいこと、この上ないです…^^;




後野神楽社中 大江山4

クライマックス、金時のマサカリと綱の太刀が入った瞬間!


ううっ!もうたまらん!!(いろいろと…)


そしてね、酒天童子さんをよぉ~~っく見ててくださいね~…
    
                ↓


後野神楽社中 大江山5




後野神楽社中 大江山6


はい、飛んだ!!


首が…飛ぶんですわ~~(・∀・;)


もうね、すごいエンターテイメントでした
ちょっと前のシーンでは天蓋からの蜘蛛糸、蜘蛛も出てきます。
とにかく石見の大江山ってビックリの連続でした!

広島と島根、いろんな大江山があって楽しすぎる^^;
他の演目もほんと多種多様、すごいことですよね。



後野神楽社中 大江山7



お疲れさまでございました!!


さて、三矢の里は「ひとまず」以上です<(_ _)>

まだ掲載お願いの途中の団体様があるので、そちらはまた次の機会に。


お付き合い、ありがとうございました(^◇^)


神楽公演(第七回 三矢の里 その2)

どーも神楽解説はテンションが上がりすぎる(^_^;)

今回は抑え気味にサクサクいくぞっ(一応言ってみた…笑)



続いて 本地中組神楽団さんの「伊吹山」

はじめましての神楽団さんです^^


本地中組神楽団 伊吹山3


鬼たちのこの面、ちょっとかわいいかもしれないw
目がパッチリしてるせいかな??

しかしこの、ワンコのようなつぶらな瞳に騙されてはいけません





大鬼、荒れ狂います~~Σ(゜∀゜;)!!!


おりゃあああああ~~!!!

本地中組神楽団 伊吹山4


三又鉾?をグルングルン回しちゃいます!!
カッコいい見せ場ですねえ。ツナ缶ここ好きだわ~~


立ち合いも激しいですよ。


本地中組神楽団 伊吹山5


激戦のすえ、日本武尊と従者は鬼たちを退治するのですが
日本武尊は戦いの中で鬼の毒にやられていて、命を落とします。


本地中組神楽団 伊吹山6


ここ、お二人ともいい演技されてました(´‐`)シミジミ




ほい!

続いては 上河内神楽団さんの「戻り橋」です。


上河内神楽団 戻り橋1

こちらの化身さん、滝夜叉姫の方、ですよね?
去年フラワーフェスティバルで観た「滝夜叉姫」がすっごい印象に残ってて。
たぶんその方の声だと思うんですが…(違ってたらすみませ~んww)

所作もきれいです^^



そしてこの方…!!


上河内神楽団 戻り橋2


めっちゃおもしろいです!!

パンフレットには木又権兵衛ってあります。
(=傘売りぜんべえさんってことでOK?役割的には)
団によっていろんな名前があるんですなぁ^^


上河内神楽団 戻り橋3

こけ方も素晴らしい(´∀`)!!


茨木童子にやられそうになりますがそこへ綱さん登場!

…しかし酒呑童子が現れてたちまち形勢不利…



      \食らえッ/  \うっ/
上河内神楽団 戻り橋6

さらに貞光さんが加勢して茨木・酒呑 VS 綱・貞光のタッグマッチ。
激しい戦いです!



荒ぶる酒呑童子親分 \(・∀・)/

上河内神楽団 戻り橋5

鬼たちは妖術で逃げ去って
決着は次回、「大江山」へと続くのであります。







さて、時系列がバラバラなんですが^^;

おとつい4月2日、広島神楽定期公演に行ってまいりました。
いよいよスタートしましたね。

トップバッターは琴庄神楽団さんでした。
「塵倫」と「八岐大蛇」

娘を誘ったら、「鬼畜塵倫だったらいく~~!!」と即OK!

「鬼畜塵倫」とは…一回討たれても、何度も生き返り(返らされ??)
体力の限界を超えてグルングルン舞っちゃう塵倫のこと。
我が家限定の用語である。


定期公演 マンガ

↑ 3コマ目の掛け声はモチロン塵倫にかけております~(´∀`)


広島神楽定期公演 ガイドブック

こちらのガイドブックがすっごくよくできてました!

サイズがまず良い!
文章が簡潔で解りやすく、文字が大きいのもうれしいですね^^
こういうものはまず、読まれてナンボ、ですからね。

あれこれ詰め込み過ぎてなくてちょうどいい塩梅でした。
GJです~~(´∀`)



あまりお目にかかれない神楽団さんも予定に入ってるので
財布と相談しながらまたボチボチ行こうと思ってます。



ではまた、三矢その3で…


神楽公演(第七回 三矢の里 その1)

すべてはここから始まった!!!

(ような気がする…だけ 笑)


  第七回 三矢の里神楽共演大会  2014/03/16


ツナ缶にとっては去年に続いて2度目の三矢です^^
そして遠征始とか、いろいろときっかけになった神楽大会ですねぇ。



まずはお目当ての吉田神楽団さんの
「大江山」から!!

いってみよ~~!!


吉田神楽団 大江山1

↑ ツナ缶的に好きな写真 \(・∀・)
さすがホールですね、照明がステキ


吉田神楽団 大江山3

最近 酒飲み童子さん達が気になって気になって(笑)


楽に合わせて豪快です!!



吉田神楽団 大江山4

↑ 「お酒もっとちょうだいよぉ~~」と唐熊さん(かな?)


\ほ、ほいじゃあ ちょっとだけよ?/
吉田神楽団 大江山5
嬉しそうに盃を差し出すあたりがもうかわいいwww


などと楽しい酒盛りもつかの間、童子たちが酔った隙に四天王たちが
斬りかかり、戦いが始まります。


吉田神楽団 大江山6

ポーズがビシッと決まりますねえ^^



吉田神楽団 大江山2

そして勝利、喜びの舞を奉ります

やっぱり吉田さん、きれいな舞でした!!

さて、去年はいろいろきっかけになった大会、と書きましたが
「魂の躍動」というブログを知ったきっかけも去年の三矢でした!
ツナ缶、吉田さんの「六条」の写真に惹かれまして~~(´∀`)

で、1年後の今大会で、ブログ主のkonishiさんに
お目にかかることができたんです^^


すぐ近くで撮影するところを(勝手に)見させていただいたのですが…
スマート。無駄な動きがないですね^^;

ド初心者のツナ缶はジタバタしながら撮るので無駄な動きが多い多いww
 


三矢の里2014 マンガ

「さすがに疲れますよー^^」とおっしゃってましたが…

見たカンジ余裕でしたやん konishiさんっ(;´∀`)っ

またカッコいい画像見にブログにちょくちょくお邪魔します^^




さて次は…


これまた観たかった八千代神楽団さんの
「天慶の乱」!!



八千代神楽団 天慶の乱1
↑ 藤原秀郷             ↑ 平貞盛


血で血を洗う親戚内の領地争い、でございます^^;
                    

将門のとーちゃん良将が、実の弟国香(将門の叔父)に討たれ、
将門が継ぐはずだった領地を奪われます。
その国香を将門が討って取り返す。
今度は国香の子、貞盛(将門のいとこ)が将門を討つ…。

「天慶の乱」はこの最後のくだりですね。


まあ、昔は世の東西を問わずこういうのはざら、というか
ある意味「普通のこと」でしたからね^^;
中国の皇帝、ヨーロッパの王族、領主などなど。


こちらは将門の息子の良門


八千代神楽団 天慶の乱2


戦いの中、いよいよヤバい!って状況になり、将門は
娘の五月姫を逃がします。
「髪を下ろして尼になれ」と…
この辺 もうタマランですねぇ;;


八千代神楽団 天慶の乱3


ついに我が子良門が討たれ、将門の怒りはマックスに!!!

八千代神楽団 天慶の乱4

くぅうう~~っ!!!
この将門のバックショットがたまらん好きだああ!!


もはや矢尽き刀折れ状態!
しかし背中から彼の震えるほどの怒りが伝わってきます!

それと対照的な貞盛の冷静な構えと目が好きだ!!
おそらくこの演技だけで、最後どちらが勝者になるかを
観客は感じ取っています。
私が監督なら即オッケー出しちゃうよっ!



そして…!

八千代神楽団 天慶の乱5


八千代神楽団 天慶の乱6

ついに討たれてしまうのでした;;

はあああ~~もうね・・・
たまりませんよ八千代さん・・・

ホントこの演目好きだわ~~
ツナ缶 夢中で撮ってしまいましたよ


ありがとうございました~~


さて、今大会、お目当ての演目だけ撮るつもりでしたが
後半戦になってアツくなってしまい、後半を全部撮っちゃいました(゜‐゜;)

なので3回ぐらいに分けて報告します^^;

最初の大森さんを撮ってないのが悔やまれるのですが
湯来ロッジあたりでぜひともリベンジします!


ではでは 報告その1はこの辺で<(_ _)>



プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。