神楽公演(第弐回如月の舞 続き)

如月の舞の続きです。



さて、「神楽の絵日記」の

コメント欄でかなり盛り上がる(笑)
中川戸神楽団さん
 
ですが、


実はツナ缶自身は2演目しか拝見したことないんですね^^;
「土蜘蛛」と「茨木」

奇しくも今回もこの2演目でございました(笑)

でもいいのだっ!
私は真柴さんのファンなのだからっ!!
あのお着物にきれいな白髪(はくはつ)、そして…そして…
あの(発)声~~(^◇^)
何回でも観たい演目でございます 



まずは渡辺綱さん登場から~~

「ちょっとそこまで鬼退治に行ってきます」


中川戸神楽団 茨木1

おきれいですなあ^^



中川戸神楽団 茨木2

ここで綱は鬼を逃がしてしまいますが、左腕を斬り取り、
持ち帰ります。

で、茨木の化身、真柴登場!
斬られた腕を取り返すべく 綱の屋敷へ…


中川戸神楽団 茨木5


 中川戸神楽団  茨木4


いやああああああ~~!
おしゃれな真柴伯母さん、たまりません~~(´∀`)






鬼が腕を取り返しに来るのを警戒し、綱は七日七晩の物忌み中
だったんですが 真柴は綱の伯母に当たるので 追い返すのも忍びない。

子供の頃から面倒見てあげたのに(>_<)…とか、
自分もう六十のおばあちゃんだから もう明日は死んじゃうかも
しれない(>_<)(>_<)…とか、真柴は綱を追い込みます(笑)

やさしい綱さん、とうとう真柴を家に入れちゃうんですなあ。


そして真柴はまんまと腕を取り戻し、正体を現します!


中川戸神楽団 茨木6


↑ この、片袖抜くのがまた カッコいい!!
   どやぁ!!




中川戸神楽団 茨木7


激しい戦いの後、茨木は大江山へと飛び去って行きます。

そして物語は「大江山」へと続くのであります!




はいっ どんどん行くよっ\(^◇^)/

二演目目は「土蜘蛛」だぁ!!


中川戸神楽団 土蜘蛛1

ポーズがキマってカッコよろしいなあぁ~~(´∀`)

でも、今回ちょっと気が付いた

↓ 角度によってはこちらのお面の方は…


中川戸神楽団 土蜘蛛3

かわいく見えませんか(・∀・)


あ、でも本体は…

中川戸神楽団 土蜘蛛4

これなんですけどね Σ(゜Д゜;)



そして四天王との戦いの後、胡蝶(土蜘蛛)は討たれてしまいます。

神の喜びの舞^^


中川戸神楽団 土蜘蛛5



石見神楽の「鏡山」(後野神楽社中さん)は強烈だったです(゜∀゜;)

江戸時代の浜田藩の実話が元になっていて歌舞伎にもなってるそうですね。
詳しくは社中さんのHPに。
初めは静かに展開していくのですが、後半でお初と岩藤怨霊との激しい戦いが
観られます!

何はさておき、


岩藤怨霊のキャラクターが物凄い!秀逸だわー!

くそ~っこれは事前情報入れてから観るべきだったかな~(>_<)


「天神」(細谷社中さん)の立合いもよかったなあ。

実は細谷さんの演目は結構YouTubeで観てました。
っていうか、仕事のBGMとして楽メインで聴いてましたぁ~。
すんませんww今回キッチリ拝見しました~~^^;


トリは「大江山」(都治神楽社中さん)

鬼が、

ツナ缶の勘違いでなければ7匹出ました!!

すごいですw舞台が賑やか賑やかwww
んでもってクライマックスでは天蓋から蜘蛛がバーッと
落ちてきて、大きな蜘蛛が出てきて んで、やっつけて…
何言ってんでしょうか(笑)説明できてねえ(笑)

とにかく派手だった~~\(^o^)/ウヒョー

あ、細かいところですが、四天王の錫杖さばきが何気に美しかったですね^^



以上、駆け足で第弐回「如月の舞」の報告でございました!



今週末はRCC早春で、中川戸さんは「板蓋宮」です。

ビックリする準備は出来ている(笑)



スポンサーサイト

神楽公演(第弐回如月の舞)

こらアカン…十羅トラップにハマる(笑)


  第弐回浜田「如月の舞」 2014/02/09

       「十羅刹女」 松原神楽社中
       「鏡山」   後野神楽社中
       「土蜘蛛」  中川戸神楽団
       「天神」   石見神楽 細谷社中 
       「茨木」   中川戸神楽団
       「大江山」  都治神楽社中  
        
          
浜田には初めて行きました!
全国的に雪がしこたま降った翌日ですが、初めて走る浜田道、
全然OKでございました^^
あ、走ったのはツナ缶じゃないよ。広電バスwwだよ(´∀`) 

さて、



今回はとにかく「十羅刹女」と「茨木」が観たかったんです!!


十羅刹女は3回目。
去年9月、加計の大会が初見でしたが 後方から小さくしか観れなかったんで、
翌10月の久保山神社でリベンジを計るも、あいにくの雨でゆっくり堪能できず…。
(舞は素晴らしかった!!)
で、今回カンペキに、じっくりと、心ゆくまで観るぞ!と決意して、浜田まで
行ったワケです。


ストーリーはいたってシンプル。
日本に攻め来る悪鬼彦羽根と、それを退治すべく駆けつけた、
須佐之男命の末娘である十羅刹女との戦いです。

十羅刹女


松原神楽社中 十羅刹女1

手に持つ鈴はたぶん霊力を表してると思います。

現在 巫女さんが舞う時に持つ鈴は 神様をお呼びする物らしいんですが
もともとは 鈴が魔除けの力を持っているからとかなんとか…
昔聞いたことがあるんだけど…うろ覚え…(゜‐゜;)


なので悪鬼彦羽根は…



鈴がキライだああああ!!!


\鈴やめろやぁ!/\いやいや…まあまあ(笑)/ 松原神楽社中 十羅刹女11
               ↑ ここw
     十羅の鈴を必死で鬼棒で押さえる彦羽根^^;



怒った?彦羽根、変化しました!! (゜∀゜;)

松原神楽社中 十羅刹女2



ここからは後半戦!二人の激しい戦いです!
息を呑むような舞です。



どぞっ!!!

松原神楽社中 十羅刹女5

松原神楽社中 十羅刹女6

松原神楽社中 十羅刹女7

そしてついにトドメを刺される彦羽根・・・

松原神楽社中 柔羅刹女9

面を取り、十羅刹女、ラストの舞です。

松原神楽社中 十羅刹女8

しかし この舞は呑み込まれるなあ…。

前半はゆっくりと、けれど観る側に緊張を強いながら舞われます。
その緊張の中で観客はいつの間にか この鬼神の世界に取り込まれているんですね^^;

後半は激しい真剣勝負!
舞台上で 二人の演者の気迫がぶつかり合います。
阿吽の呼吸…
一瞬も集中を切らすことなく一気にクライマックスまで持って行くんですねぇ~(゜А゜;)フィ~


渾身の舞と楽でした!!
(楽もすごいんだよお!!もっとじっくり書きてぇえ~~)


それと…


あの十羅刹女の面について いつか神楽茶話で
ゆっくり書きたいです(´∀`)
ああだこうだと書き始めたら絶対長くなっちゃうと!
断言するよ(笑)!!




さて、去年の久保山神社でのこと。
この演目がどんだけ人気があるのかを思い知りました(笑)
ハンパない~~ww


松原神楽社中 マンガ


あと、田尾組神楽団さんの「十羅刹女」をyoutubeで観たことがありますが
これも生で観てみたいです。
いろんな団の十羅…あるんだろうなあ^^




         <予告> 次回は中川戸さんの「茨木」でございます~~^^


神楽公演(ふれあい鑑賞会)

空鞘神社以来の羽佐竹さんです \(^o^)/


     神楽ふれあい鑑賞会  2014/02/02

       羽佐竹神楽団 「神迎え」
                 「鈴鹿山」
                 「塵倫」(少女少年神楽団ヒロシマ) 
                 「滝夜叉姫」
                 「八岐大蛇」 



え、演目が豪華~~~www

羽佐竹さんは神楽を観始めたころに立て続けに観ました。
なのでとても印象が強いんですね^^
当時は素人丸出しで(今もだけどw)神楽のかの字も知らなかったんですが
とにかく舞がきれいだなぁ、と。
扇子や太刀の扱いも美しくて…ずっと見入っちゃうんですねえ^^;

しかし去年後半はあちこちの神楽団さんとカブりまくりで、秋の奉納シーズンに
本川の空鞘神社で観たのが精一杯~~(´Д`;)

今回は久しぶりにゆっくりと羽佐竹さんです。

しかも羽佐竹さんの「鈴鹿山」と「滝夜叉姫」はお初だし、こちらの大蛇は
大好きだし…
たまりませんwww(≧∀≦)



まずは鈴鹿山だぁっ!!!


羽佐竹神楽団 鈴鹿山1


あでやかですなあ~~(´∀`)ホレボレ~ 

そして田村麻呂の家来となった夜叉丸と 犬神丸との戦いです

                          ↓ こちらの鬼さんが犬神丸、だったよね(・ω・;)?
羽佐竹神楽団 鈴鹿山2

羽佐竹神楽団 鈴鹿山5


この夜叉丸さん・・・ カッコいいですww!!

羽佐竹神楽団 鈴鹿山3

うりゃっ!!  もう一個!!!

羽佐竹神楽団 鈴鹿山4


あ、多分今回、お写真多めです 
みなさんめっちゃカッコいいんで選びきれんかったぁ~~~\(^o^;)/オテアゲ



お次は滝夜叉姫だ!!   

羽佐竹神楽団 滝夜叉姫1

五月さん、キメますなぁ。 迫力あります!! \(゜∀゜)ドヤッ


羽佐竹神楽団 滝夜叉姫5

↑ すごいww なにげに後ろの幕とコーディネートされております。
紫の幕は 神のカタキリと。
木の絵の幕は 賊のカタキリと。
心憎い演出です!

「鈴鹿山」の鬼も付けてたけど、こちらの賊も きれいな前掛けを付けてますね。
(スマン、前掛けって言葉しか思い浮かばなかったw名称分かりませんww)
あまり見たことがないですが、コレいいな^^


五月ちゃん変化!!!


羽佐竹神楽団  滝夜叉姫4




そしていよいよツナ缶の好きな…

羽佐竹大蛇でございます~~(´∀`)エエワァ~


前半見どころの足名椎、手名椎さんの夫婦漫才シーン
ツナ缶はココが結構好きなんですねえ^^

二人の超絶妙な すっとぼけな“間”がなんともいえん味わいを醸し出します。
実際、こんな夫婦がいそうな気がしてw
場数を踏んでらっしゃる演者さんの演技力、でしょうね。


羽佐竹神楽団 マンガ

そして後半は!
正味8頭の 値切り無しの大蛇さんの迫力ある舞です!!!


三連発 いっくぞぉおおおお!!!!

酒飲み大蛇 \(^o^)/


羽佐竹神楽団 八岐大蛇2

素戔嗚さん ぶった切り!!!

羽佐竹神楽団 八岐大蛇4

天叢雲剣いただきました!

羽佐竹神楽団 八岐大蛇7


・・・カッコいいですねぇ (´∀`)ハァ~

こちらの素戔嗚さん、バッサバッサと大蛇をやっつけていきます。
気持ちがいいくらいです(笑)
大蛇と睨み合うシーンも、気迫があって 観てるこちらも
手に汗 握っちゃいました Σ∩(゜-゜;)グッ

いや~~満足満足^^

子供さんの神楽もあったのですが、写真掲載は控えますね。
みんなすごく一生懸命でしたよ~~!
神も鬼も奏楽もっ!
これからもがんばれみんな~~(´∀`)



じゃあ最後は お茶目な手名椎さんで・・・^^ 



     \またね~~/
羽佐竹神楽団 八岐大蛇1








プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR