スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神楽公演(コムズ公演11・3)

コムズ公演5週目~~(ぜぇぜぇ…)

4週目の宮乃木さんのは行けませんでした (>_<)


     コムズ公演 2013/11/03  「塵倫」「滝夜叉姫」

            八千代神楽団


今回ちょっと 神役メインに注目してみようと思います^^
(調子こいて写真撮りすぎた~~ww)

この日観た神コンビは よくお見かけするお二人。
まだ
数回 しか八千代さん見れてないので分かりませんが (^_^;)ゞ



まずは「塵倫」


kagura-yachiyo16_convert_20131125124110.jpg

やっぱり登場シーンは怖い…(゜-゜;)


kagura-yachiyo17_convert_20131125124156.jpg

小鬼さん 追加っっ (゜∀゜;)



途中面白いシーンがありました 


神2人の周りを、塵倫が片足移動で1周する場面があるんです。
初めて観たのでちょっとお写真で紹介。(ブレ毎度っ^^;)


kagura-yachiyo18_convert_20131125124410.jpg

kagura-yachiyo19_convert_20131125124443.jpg

kagura-yachiyo20_convert_20131125124518.jpg

kagura-yachiyo21_convert_20131125124627.jpg

kagura-yachiyo22_convert_20131125124710.jpg


動画じゃないんで伝わらないかもですが…

↑ 1周する間 神の方は少しずつポーズを変えていってます。
それがまたなにげにカッコいいんです~(´∀`) 多分姿勢がきれいなんでしょうね。

で、前に同じようなことを書いたなぁ、と思い出してみると…
6月に「天慶の乱」を見た時に、将門の口上の間、舞台上の人物が少しずつポーズを
変えていくシーンがあったんです。
楽と相まってすごくドキドキ感が高まって、あれはいいなぁと感心したのを思い出しました。

神楽公演(コムズ)



kagura-yachiyo23_convert_20131125124739.jpg


塵倫 討ち取ったり!!


そしてこのクールな顔でございます \(´∀`)/ 

kagura-yachiyo24_convert_20131125124817.jpg




で、次は「滝夜叉姫」

これは八千代さんの十八番…ですかね
(単にたまたまツナ缶が観る機会が多いだけなのか…^^;)

激しい立合いが八千代さんの見どころです!!


このシーン、好きだったりする^^ 「おりゃああーーっ!!」
夜叉丸蜘蛛丸の演技もいいよなぁ(´∀`)ハァー 
          ↓

kagura-yachiyo26_convert_20131125124951.jpg

滝夜叉姫との攻防も手に汗握ります ∩(゜-゜;)ギュー

押され!
  \オラオラ!/    \くそぉっ/kagura-yachiyo28_convert_20131125125115.jpg


押し返し!!
  \ううっ/    \どーだっ!!/kagura-yachiyo29_convert_20131125125147.jpg


また書いちゃうけど 
つば迫り合い、すっげえ盛り上がってカッコいい!!
バックで楽がまた盛り上げる盛り上げる!!



討ち取った後、やっぱりクールなお二人でした(笑)
 
kagura-yachiyo30_convert_20131125125223.jpg


全編通じてこの若い神たちはキリッとした表情を崩しませんが、クライマックスで
ほんの短い間 カッコいい「戦いの顔」を見せるんですね。
その瞬間を逃さず見るのがツナ缶のちょっとした楽しみなんですなぁ(笑)
 
一言で表すと…まっすぐで懸命な神…でしょうか^^

kagura_convert_20131125125333.jpg




またチャンスがあったら観に行くぞ~~
(奉納とかなら演目ももっといっぱい観れるんだろうなぁ ´А`;)






スポンサーサイト

神楽公演(フードフェスティバルと比治山神社)

秋がこんなに忙しいとは・・・
去年は思いもよりませんでした\(^o^;)/


     2013/10/26  フードフェスティバル2013 
                鈴張神楽団・宮乃木神楽団

     2013/10/27  比治山神社奉納  
                原田神楽団


仕事の納期が目の前に迫った10月末。
それまで 追い込まれながらも週末は神楽に通っておりましたが
いよいよシャレにならんタイミングになりまして。

「今日の神楽を観るか観ないか」、いつもはこの判断は結構はやいんですが
なぜかフードフェスティバルの日は判断に苦しみました(笑)

これ以上やっちまうと



久しぶりの徹夜になる恐れが!!

・・・で、

kagura_0002_convert_20131120143202.jpg


・・・でした。

あ、訂正ひとつ。
マンガの1コマ目、21日奉納は20日奉納でした。
つまりアレだ、20日はコムズの吉田さんと近くの土井泉神社の飯室さんを
ハシゴ、その夜 市内本川の空鞘神社行ったんだった。
まったくかぶらなかった奇跡的タイムスケジュールの日でしたわww

鈴張さんは「戻り橋・前編」「滝夜叉姫」
宮乃木さんは「羅城門」「八岐大蛇」

…というおいしすぎる演目を交互に舞われたんですが、
あまりの人の多さとステージの遠さに、写真はほとんど撮れません(笑)

が、なんとか「滝夜叉姫」を撮ってみた


kagura-suzuhari18_convert_20131118175648.jpg

kagura-suzuhari21_convert_20131120151939.jpg


kagura-suzuhari20_convert_20131118175909.jpg

お粗末画像で申し訳ないですが(>_<) とてもよかった!

舞も激しく演技も感情がこもってて やっぱり観るたびに
惹き込まれちゃいますね。

今回、クライマックスで照明とドライアイスがいい効果を出していて
舞台が映えました~~!
こちらの滝夜叉さんのガッソ、すごくよくできてるんですが
動いて髪をふり乱した時に 黒髪に赤の照明が照らされて
めっちゃきれいなんです!!



惚れた!髪に!!(笑)


かといって、舞や演技の邪魔はしない、ホントいいバランスの舞台効果でしたね^^
(あくまでツナ缶の好みですww)

「羅城門」も迫力あってよかったし~~
「八岐大蛇」は残念ですが泣く泣く諦めました。
みんな素晴らしかった・・・




で、徹夜 入りました。。。

ええ、覚悟しておりましたとも。。。



翌、27日(日)は夕方から原田さんです!!

比治山神社はバッチリ生活圏^^
去年はただ、「神楽があるんだ!!」と思って観てただけでした。
演目もほとんど理解してなくてただただきれいな舞や衣装に見とれてた
だけでしたね~~(懐かしいww)


今年の演目は・・・
「塵倫」「日本武尊」「悪狐伝」「紅葉狩」「八岐大蛇」

奉納ならではのお祭り気分が楽しかったです~~(´∀`)


特に悪狐、大蛇あたりがやっぱり盛り上がりますなぁ


kagura_0001_convert_20131120143123.jpg



名物団長さん、やっぱり神楽ファンから人気があるんですね。
最後に盛大な拍手が送られてました!!

ホントに楽しかった~~
来年も待ってま~~す(・∀・)ノシ





徹夜・・・2回目 入りました・・・

だから覚悟の上だってば・・・


神楽公演(コムズ公演10・20)

6週連続神楽公演 inコムズ
これでまだ3週目だよ・・・コムズさん、やってくれる~(笑)

    

    コムズ公演  2013/10/20  「悪狐退治」「鈴鹿山」
 
                     吉田神楽団


吉田さんはゆめタウンのお盆公演以来でした~\(^o^)/


お盆の時と同じく、2演目とも初めてです。
特に「鈴鹿山」は演目自体を観たことがなくて、かなりの興味津々でした 



午前の部は「悪狐退治」

珍斉和尚がまずはトークで掴みます。
おなじみ、珍斉さんが玉藻前にムチャ振りしたりして、イジって困らせるパターンも
観客の楽しみであります(´∀`)

ただ、10月半ば、おりしも神楽シーズン真っ最中。
連日の奉納でお疲れの上、前日は三次で舞ってこられた珍斉さんはじめ団の皆さん、
午前3時に寝て、今朝はまた朝から準備だったそうで…



かなりのハイテンションで ぶっ飛ばして
らっしゃいました~~(゜∀゜;)


kagura-yoshida14_convert_20131112110418.jpg


正体を現した狐と取っ組み合いのプロレスの果て、最後にはおもちゃのハンマーで
ボッコボコにやられちゃいました 
珍斉さんお疲れ様でした~。ちょっと幕裏で仮眠取ってください(笑)
                  
kagura-yoshida15_convert_20131112110547.jpg




そして登場したのはご存じ、弓の名人三浦介と上総介!
狐退治のクライマックスになるわけですが

ここでツナ缶が初めて観たのは・・・


kagura-yoshida16_convert_20131112110626.jpg

二匹体制の狐!

どこの神楽団さんも、この演目はかな~り演出を凝らしてますねえ(^◇^)
客席は一気に沸きます!!

ここからはホラ、アレですよ・・・




三浦介上総介、「狐の生き返りループ地獄」
です!!


kagura_0002_convert_20131113235629.jpg




何度やっつけても・・・


      \ハイ、ごめんなさいよっ/kagura-yoshida17_convert_20131112110723.jpg

・・・と、いろんなとこから生き返っちゃいます(笑)



やる気マンマンの狐(しかも2匹www)

何度も立合いを繰り返し、やっとこさ退治
(最後は半ば強引に幕裏に押しやりましたがwww)


出番の終わった狐と…               ↓ 笑ってる三浦介
                                (「ちょ、張り切りすぎ~w」)

kagura-yoshida18_convert_20131112110751.jpg


お疲れ様でした~~!



2演目目は「鈴鹿山」



ざっとしたストーリーは・・・

鈴鹿山に鬼神征伐に赴く坂上田村麻呂。
その途中、征伐する相手である犬神丸の手下、夜叉丸が
里で娘をさらおうとする場面に出くわします。
戦いの末に夜叉丸を負かして自分の家来とし、そのまま犬神丸の
住処まで案内をさせ、みごと犬神丸を討ち取るのでした。
(細かいとこは違ってるかも^^;?)


ツナ缶、今回犬神丸の面を楽しみにしてました^^


kagura-yoshida20_convert_20131112110859.jpg

カッコいいなあ この面~~!!



そして名前がちょっと分からない(ゴメン^^;)けど、小鬼さん。
この青のカタきりを見ると、あー吉田さんだなぁって思っちゃいますね(´∀`)


kagura-yoshida22_convert_20131112111112.jpg

きれいですねぇ

そして姫や夜叉丸の協力により、田村麻呂は犬神丸を討ち取ります。


kagura-yoshida21_convert_20131112110932.jpg




ツナ缶、ちょっと犬神丸にチャレンジ

kagura_convert_20131113235501.jpg


すいませんでしたああーーww!!(≧∀≦;)ゞヒャー


面・・・むずかしいよ・・・orz


吉田さんは立ち合いがやっぱりいいなぁ。観てていつも気持ちがいいですわ~。



徒然茶話 その3

9日の土曜、2年ぶりに奈良へ行ってまいりました。


正倉院展です。


nara11_convert_20131110230640.jpg

今回の目玉展示は ↑ の写真の、漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)

奈良の町中にコレのポスターが貼られ、今年のミュージアムグッズにはコレが
デザインされたTシャツやらハンカチやらクリアファイルやら…。
(中には明らかにやりすぎだろ!とか、ウケ狙いだろ!と思われる物がwww)

ちょっと…夢に出てきそうかも(笑)



ただ、ツナ缶は一昨年の目玉展示の
 聖武天皇の太刀の方が良かったかなぁ。
めっちゃカッコいいんですよ!
柄部分の細工の技巧!刀身の見事なまでの研磨具合!
とても1200年?前の太刀とは思えないくらいの輝きでした。

他にも、これ、どうやって作ったんだよぉぉ~~っ!!
…って思うものばっかりが展示されております。
日本の技術や美意識ってすごい…(゜Д゜;)


当時の日本の職人の変態っぷりを、
思いっきり堪能してきました~~(´∀`)!!


↑ これはツナ缶の最大級の褒め言葉だからね(笑)


博物館の庭園で一服


nara2_convert_20131110225943.jpg


nara3_convert_20131110230030.jpg


時間が出来たんで ならまちでゴハン。

その後 東大寺へ。



じゃあ いくぞーーっ^^

nara6_convert_20131110230242.jpg

まずは道すがら 興福寺五重塔!
見事に5層とも統一された屋根のカーブをご覧あれ!






nara7_convert_20131110230334.jpg

東大寺南大門! でけえ!


nara9_convert_20131110230508.jpg

広目天!
左腕や袖をご覧いただきたい!なんだこのリアルで力強い彫刻は!!



nara10_convert_20131110230546.jpg

多聞天!
同じくこのすげえ技巧!!




・・・大仏撮るの忘れた・・・(゜Д゜;)


nara4_convert_20131110230124.jpg

nara5_convert_20131110230154.jpg


鹿の親子は撮った (´∀`)


以上、日帰り奈良でした(゜-゜;)


ホントは飛鳥、斑鳩じっくり回りたいんですが…
もう何年行ってないんだろう…




神楽公演(コムズ公演10・13 と土井泉神社)

長いタイトルですまない(笑)


      コムズ公演 2013/10/13  「塵倫」(午後の部)

      土井泉神社 2013/10/20  「塵倫」 「悪狐伝」

                  飯室神楽団


待ち遠しかったです~~!!

ってか、ツナ缶の中では今年は半ばあきらめモードだった飯室さんの塵倫!!!



まさか2週続けて観れるとは~~~!!!   


去年動画で惚れて、ずっとずっと観たかった演目です!
そもそもツナ缶は塵倫の演目自体が まず好きなんですよ^^
そして飯室さんの塵倫はなんというか…

えっとね…


くそぉー うまく説明できねぇーwww


冒頭の神の二人舞

kagura-imuro10_convert_20131106161659.jpg

厳かに優雅に、流れるように舞われます。
素早く手首をひねって御幣や扇子を扱うさまが絵になるんだよなぁ~。




出た。塵倫さんです!

kagura-imuro11_convert_20131106161724.jpg


kagura-imuro12_convert_20131106164403.jpg

飯室の塵倫さんは独特の威圧感があって好きです (゜∀゜;)ギャー
間の取り方が絶妙なんですよ。


あ、でも塵倫さん、登場の後 観客サービスされてました(笑)

                   
kagura_0001_convert_20131106163419.jpg


↑ 日本征服に来たはずじゃあ・・・?? (゜-゜;)
   デレデレですやんwww



しかし戦いはシビアです!

神2人 対 塵倫!
飯室さんの「塵倫」は3人の舞です。小鬼は出ません。

その分ものすごい集中力で舞われるので 美しいんですが気迫があるんですなぁ。



kagura-imuro13_convert_20131106161815.jpg

kagura-imuro14_convert_20131106161902.jpg

kagura-imuro15_convert_20131106162030.jpg


どうすか!!
この3人の息の詰まるような気迫!!

(ツナ缶の撮影テク云々は置いといてねww)

舞自体は優雅で美しいのに、真剣勝負を観ているようなんです。
太刀も持たず、大声を出すわけでもないのになぁ…すげぇ…(・_・;) 


そして物語はクライマックス。
ついに追い詰められ、天の鹿児弓、羽矢でもって塵倫は射止められるのです。


kagura-imuro16_convert_20131106162052.jpg

日本助かった (´∀`)



\ペコリ/   \ペコリ/kagura-imuro8_convert_20131106161347.jpg

ここのお辞儀(?)も好き^^
きれいでしょ。


さて、演目の中で神(仲哀天皇)の名前、「タラシナカツヒコノアマタ」と聞こえるのですが
ツナ缶、いまだに漢字が正確に分からないんですねぇ (^_^;)ゞ
帯中津彦…でいいのかな 「アマタ」は…う~ん ワカランww
神楽団によってそこは様々なんですなぁ。

とにかくその帯中津彦さん、眼の力がすごいですww
獲物を追うハンターみたいなので ツナ缶は勝手にハンターと呼ばせて頂いとります(笑)


kagura_convert_20131106163344.jpg

↑ロックオンされた塵倫


そして ナンバー2の竹麿さん

kagura_0002_convert_20131106163442.jpg

↑また声がいいんですわ~~(´∀`)


この3人の舞人さん、阿吽の呼吸と言いますか、

じりじりと間を詰める、
交差する、
追い詰める、これらがすべて、本当にいい「間」で舞われます!


ええい もう! 心憎いわ(笑)!!




はぁ~~ ごめんなさい。今日は長くなりますww

お茶どうぞ~~ (;^◇^)つ旦



さてこの1週間後。

コムズの目と鼻の先の土井泉神社で またまた飯室さんの奉納神楽を観れました~~!


CIMG2202_convert_20131106162758.jpg

最初ツナ缶、場所を勘違いしてて土地の方に聞いてみると そこは…
いつもコムズに来る時に目に入る、小高い場所にある神社ではありませんか。

境内はとても狭く、どこで舞われるんだろうと思って階段を上って 驚いた!



・・・本殿で舞われまする~~ Σ(゜∀゜;)ギャー

観る方も本殿に上がって観るようです~~

本当に飯室の地元の皆さんの奉納神楽のような感じで、お気楽に立ち見する
つもりでいたツナ缶の焦りっぷりと言ったら…www



CIMG2206_convert_20131106162845.jpg

↑ 奥の格子戸を取り払い、その向こう側が舞台になるんですね。

観る側は手前の広い場所で座って観ます。

(写真は後日撮ったものです^^;)

参拝した後、「地元の者ではないんですが 神楽を観れますか?」とお世話係の方に
伺ったら「どうぞどうぞ。前の方にお座りください」と快く上げて頂きました^^
いや、本当にありがとうございました<(_ _)>


ほぼ?地元の方が、20~30人くらいかなぁ、和やかな雰囲気で神楽は始まります。

演目は「塵倫」と「悪狐伝」


「塵倫」は新しい竹麿さんでした!!

たぶん神役をよくされてる舞人さんだと思うんですが…
もしかして、これが竹麿デビュー戦なのかな???

お宮の本殿の雰囲気、そしてNEW竹麿さんの真剣な舞。
なんか、夢心地で観ちゃったなぁ…
すっごいいい時間でした。


あ、「悪狐伝」の方もすっごい楽しかったです!!!
珍斉さんはトークが最高だし、狐は子供たちにサービスしまくり!!
地元のあったかい声援が飛び交ってましたねえ^^



ああでも もう書けねぇぇ~~
「塵倫」に思い入れが強すぎて息切れしたwww
ツナ缶、余裕無いわぁぁ~!未熟モンです~~(笑)




 じゃあ またね~~ ξ\(´∀`;)/ξ

徒然茶話 その2

今日は 北広島の道と ちょっとだけ食い…食べ物の話です



お仕事のカタがほぼついたので11月の2日3日、久しぶりに 


なんの気がかりもなく 神楽を楽しめました。

2日は大朝神楽競演大会、3日はコムズの公演です。
楽しかったぁ~~(´∀`)

さて、前回の「徒然茶話その1」で、神楽を観にあちこち出掛けるようになったと書きましたが
2日の大朝も初めて行った場所です。
よくよく地図見たら 千代田からさほど遠くなかった^^;



実は10月にも新庄の龍山八幡神社までは行ってみたんですね~~


tatsuyamajinjya_convert_20131103203217.jpg

いいお宮さんでした~(^◇^)


そして3日はアテもなくグルグルと…

コムズで八千代さんの公演があり、午前は「塵倫」、午後は「滝夜叉姫」でどっちも
観たい!
そこでその間の3時間、紅葉のチェックがてら気が向くままに走ってみようかな、と。


おあつらえ向きにいい感じの雨降り~~ww

ツナ缶は結構、悪天候、悪いコンディションも好きなのであります (・∀・)

まずは飯室から鈴張を通過して豊平方面へ。

途中 トイレ休憩で立ち寄ったどんぐり村で衝動買い(笑)


「田舎ずし」!!!

CIMG2201_convert_20131103203342.jpg

お家帰っていただきました
おいしかったぁ~~(´∀`)ウマー

程よい味付けの酢飯、中にはごぼうだの人参だのをこれまた程よく煮たものが入ってました。
このかわいらしいトッピングが何とも言えん
プチケーキみたいですなぁw

ツナ缶の田舎にも「田舎ずし」なるものはありましたが、このように型押しされたものではなく
五目のばら寿司でしたねえ。


そして道の駅と言えば産直野菜!


CIMG2199_convert_20131103203316.jpg


辛み大根!

これは断然そばがいい!!!
薬味は このおろし大根(山盛り)のみで バシバシ いただく!!

あああっ!そばやそばつゆも売ってなかったかなあ Σ(゜o゜;)
あれば買って帰ればよかった…(T_T)
どこか抜けてるよ 自分…(笑)

かぶは大好物です^^

かぶのそぼろあんかけ作るぞ~~
生姜を利かせてもいいし、無くてもまたいい!

春菊も柔らかくておいしそう

柔らかいのでちょっとパスタに試してみようかな
相性どうかな…失敗するかな (^_^;)


ううっ! 食い物で脱線した(笑)



さて、地図もナビもなく(地図忘れたよ…)
ひたすら標識頼みのドライブ
フワッとした位置関係は頭にあるんですけどね。
どんぐり村を出て40号線を上り、433号線を右、蔵迫方面へ。

この辺もロケーションよかったなあ。
雨や霧でけぶる、冬を迎える田んぼの感じ。
これから雪がうっすらと積もるのもまた綺麗だろうなぁ
…と、雪道を運転したことのないお気楽なツナ缶が言ってみました <(_ _;)>

261号線の蔵迫に出た後、右折して千代田方面に戻ればいいものを、
ここでもう一人のツナ缶がハンドルを左に切りましたww


そっち…大朝ですけど…

しばらく行くと標識の右折方向に「川戸」…の文字が。
ああ、そうかあ…「中川戸神楽団」の「川戸」だよ、ねえ…。
で、うっかりウィンカーを右に(笑)

あんまり行き過ぎるとまずいかなあ…と思い引き返し。
(実はどんぐり村の前に313号線に迷い込んで引き返しましたw)
素直に261に戻ればいいのに、川戸大橋?のあたりでフラフラッと311号線に入って新庄へ。
まあ、261と並行してるっぽかったんで、大きくは外れないだろうと。

新庄一歩手前。
しかしここでまたもう一人のツナ缶が「県指定?の大ヒノキ」の標識に
反応しました…(´А`;)
あああ ハンドルが右に!!


気が付くと八栄神社の駐車場にたたずむツナ缶。
で、もちろん石段上がりますわなww


そぼ降る雨の中、そこに立つヒノキの堂々たること


hinoki_convert_20131103203102.jpg

近づきすぎてロングで撮れませんでした (´∀`)ゞ 

「はい、もういいかげん帰ろうね~~」

ツナ缶(理性)が、コムズ午後の部に間に合うように
ツナ缶(衝動)をどつきました^^

今度はまっすぐ千代田、本地と辿り、無事に飯室のコムズで八千代さんの
午後の部 観れました。

以上、横で地図を確認しながらの記事でした(笑)




       広島以外の方が見てたら…スミマセン <(_ _;)>

       まあ、日記なんでね~~^^;  




プロフィール

ツナ缶

Author:ツナ缶
広島に生息してます
広島神楽はじめ、島根の神楽も出来る限りご紹介\(^o^)/
 
記事中の神楽の写真掲載は各神楽団さんの許可を頂いております^^
 

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。